IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

保険営業の仕事内容と平均年収|営業を辞めたくなる理由とは?

更新日:2020年08月14日

職種研究

このページでは、保険営業という職業をピックアップして、業務内容や平均年収、特徴や厳しいと感じる一面などについてまとめています。また、保険営業におけるセールスのポイントについても考察しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

保険営業とはどんな仕事なのか

私達の日常生活は、さまざまな仕組みやシステムによって、安全でスムーズに送ることができるよう、守られています。報酬や条件に見合った労働ができるように法律が定められていたり、ケガや病気をした際に安心して治療が受けられる仕組みが整っていたりと、現代の日本社会では、日常生活のさまざまな所に、法律や仕組みなどが働いているのです。 特に、保険の存在は大きいものでしょう。生命保険や医療保険など、保険の種類はさまざま。自分に必要な保険に加入しておくことで、いざと言う時に大変心強い存在となります。 保険は商品の1つとして扱われており、保険を顧客に販売する職業の1つとして、「保険営業」という職業も存在します。今回のテーマは、「保険営業」という仕事です。保険営業とはどのような職業なのか、仕事内容や収入、保険営業として活躍するコツや保険営業という職業のマイナスな面などについて考察・ご紹介していきます。

保険営業とは、保険のスペシャリスト

そもそも、保険営業とはどのような職業なのか、まずは簡単に確認していきましょう。 保険営業とは、一言で表現すると、保険商品の販売に関するスペシャリストです。保険商品に特化しているセールスマンとも言えるでしょう。自社の保険商品をの魅力を伝え、相手の悩みや不安、状況に合った保険商品を紹介することを主な業務としています。 保険会社にとっては、保険営業の売上や業績が、そのまま自社の業績に繋がる可能性もあります。その為、保険会社にとっては、収入源とも言えるポジションとなっており、保険営業の活躍が保険会社の業績に大きな影響を与えると言っても、過言ではないでしょう。

保険営業の仕事内容

それでは早速、今回のテーマの本題でもある、保険営業という職業について、仕事内容や商業の特徴などをご紹介していきます。 保険営業というと、セールスマンのような印象を抱いている方も、多いことでしょう。しかし、実際にどのような業務に従事しているのか、詳細を知らないという方も、少なくないと予想されます。この機会に、保険営業がどのような職業なのか、正しく理解してみることをします。

保険営業の仕事内容【1】:保険の提案・セールス

保険営業は、保険商品に特化しているセールスマンのような存在です。つまり、個人や法人に自社の保険商品を提案し、加入してもらうことが、保険営業の仕事であり、最大の目標ということになります。 とはいえ、保険を販売することは、簡単な仕事ではありません。保険の内容にもよりますが、お金がかかることなので、個人にしろ法人にしろ、加入については慎重に検討するのが一般的です。その為、いかに対象となる相手の保険加入に対する不安を取り除き、自社の保険商品の魅力を伝えることができるかが、保険営業として活躍する為の鍵となっています。 単に保険の販売と言ってしまうと、保険営業という職業は簡単な職業のように思えるかもしれませんが、保険を販売するには、自社の保険の強みと弱み、また対象となる個人や法人の状況などを把握することが大切です。その為、保険営業という職業で活躍するには、自社の保険や相手の状況に関するリサーチや研究、また相手と打ち解けるための話術やコミュニケーションスキルなども必要になります。

保険営業の仕事内容【2】:契約後のフォロー

保険営業の仕事は、自社の保険商品を個人や法人に売り付けたら終了というわけではありません。自分が保険を販売した顧客や支所の管轄となっている地域の顧客に対して、保険加入後の顧客のフォローをすることも、保険営業の重要な仕事の1つです。 保険商品について分からないことや不満を感じている点などを聞いたり、相談に乗ったりして、顧客満足度を高めていき、契約を継続してもらうというわけです。

保険営業の収入事情

保険営業という職業が、どのような業務に従事しているか理解した所で、続いては保険営業の仕事に従事することで、どの程度の報酬を得ることができるのか、収入についてご紹介していきます。 保険会社の給与システムや、取り扱っている保険の種類などによっても、保険営業の収入の相場や平均年収は異なりますが、「セールスレディ」と呼ばれる女性の保険営業の場合は、平均年月収45万円程だと言われています。 年齢別に更に掘り下げて月収を見ていくと、20代のセールスレディの月収は30万円、30代は45万円、40代は60万円くらいだと言われています。 保険営業の平均年収としては、セールスレディの場合で700万円~800万円と言われていますが、個人の業績によって大きく変わります。契約をたくさん取ることができる保険営業マンであれば、年収は1000万円を越えることもあると言われていますが、反対に業績が良くない場合は、平均年収・平均月収以下の収入になってしまうことも、決して珍しいことではありません。

企業の方針によっては、ボーナスやペナルティが発生する場合もある

保険会社の給与システムや方針によっては、契約を取ることでボーナスが発生したり、契約解約の際にペナルティが生じたりすることもあります。 外資系生命保険会社に勤めていた方の体験談によると、保険商品の手数料が、保険営業の収入となっていたそうです。その外資系生命保険会社の場合は、手数料は8~30%だったそうですが、いずれ手数料はなくなってしまうもの。上記のようなシステムの場合は、新規の加入者を獲得し続けながら、これまでの加入者にも継続してもらえなければ、安定した収入の維持は難しいと考えられます。 また、契約を解約されてしまうと、ペナルティも生じたそうです。その保険会社では、ボーナスを支給する際、独自のレートによる評価でボーナスの金額が決定されていたそうですが、契約を解約されたことによるペナルティが発生すると、ボーナスの金額を決定するレートや評価が下がり、結果的にボーナスの支給額が減ってしまうというわけです。 企業の方針やシステムにもよりますが、上記のように、保険営業で高額収入を稼ぎ続けることは、容易なことではありません。保険営業として、安定して高額収入を得るには、新規加入者を獲得し続ける営業力と、これまでの加入者に継続してもらう為のフォローが鍵となると考えられます。

次のページ:保険営業のノルマについて
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング