IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

臨床検査技師の志望動機の書き方・例文|採用状況や研究施設の実態

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

適切な検査と分析力によって医療現場を支える責務を持つ臨床検査技師ですが、検査器具の発展により待遇の良い大病院ほど採用は狭き門となっています。今回はどのような志望動機であれば希望する臨床検査技師の求人に採用されやすいか、志望動機例文を添えてご紹介致します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

臨床検査技師の採用状況

臨床検査技師の求人は検査器具の発展によって頭打ちの状況にあると言われることもありますが、それでも毎年必ず一定数の求人は出ています。一般企業に就職する医療系学部以外の学生のように、数十枚も履歴書を出したのに、内定が一つも取れなかったというようなことはほとんど無いと聞きます。 臨床検査技師の中で多くの人が就職を希望する大病院は、初任給は保育士並みの抑えられたものとなるケースが多いです。しかし、勤務年数に応じた給与のベースアップが見込まれる為に応募が殺到し、かなりの狭き門となっています。病院以外でも治験を行う製薬会社や医療機器メーカーも、大手であれば同様の傾向にあります。また病院から血液検査等を一挙に引き受ける検診センターや検査センターは、病院に比べると比較的就職しやすいと聞きます。 一度就職してからのスキルアップを狙っての転職の場合、細胞検査士や超音波検査士などの資格も新たに取得した上であれば、向上意欲があることもアピールできるのでプラスにに受け取って貰えます。いずれにしても一定数の求人は出回るわけで、条件を狭めずに地道に就職活動に取り組んでいけば、必ず就職につなげていくことができるでしょう。 臨床検査技師への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロが求人の紹介から面接対策までサポートしてくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

新卒の臨床検査技師が就職活動を始めるタイミングは?

新卒の臨床検査技師の就職活動は、学校を通した求人への応募が一般的です。しかし事前の準備は大切で、国家試験対策の学習や授業・実習等をこなしつつ、病院等の施設見学や施設研究などを進めていく必要があります。 臨床検査技師の求人は最終学年の4月から募集が行われ、9月にピークになります。しかしながら10月以降に募集を開始する医療機関も少なくなく、次年度の欠員を見込んで1~3月に求人を出す大学病院もあります。臨床検査技師の就職活動では、最終学年の前にあたる大学3年生や専門学校2年生から情報収集を始め、冬休み以降から長期休みを使って、病院等の施設見学を進めていくことが望ましいです。しかしながら研究機関での就職を考えている場合には、国立大学を卒業したり大学院を修了するなどの高い学歴を獲得しておく必要が出てきます。 また大学や臨床検査技師の養成校によっては、1つの学校から同じ病院等施設に複数就職希望者が出た際には、1人にしか推薦状を出さない学校もあります。その場合、一般的に最も成績が上位の者が推薦されます。そう考えると、在学中の成績を上げておくことも大切です。

臨床検査技師の就職活動の方法

臨床検査技師の養成をしている学校の多くでは就職に向けたガイダンスを行い、最終学年になる前の年の後半から学校が、就職支援のサポートを行っているところも多くあります。学校の就職課にくる求人への応募がメインですが、OB等にも協力を得て就職アドバイスや病院等の見学を実施している学校もあります。けれども地元への就職や志望している病院等から求人等がこない時には、自分から手紙を送ったり、ハローワーク等に出向いてみるといった自分から能動的に動くことが必要です。 臨床検査技師の国家試験は卒業する年の2月に行われる為、学生は試験対策の勉強をこなしつつの就職活動になります。臨床検査技師の採用は国家試験の取得が前提になっています。その為採用を貰えたとしても、国家試験に落ちてしまえば採用自体が無効になるのが一般的です。しっかりとした国家試験対策を行いつつ、早めに就職活動も取り組んでいく必要があります。 ハローワークと同時に転職エージェントに相談するのもです。転職のプロが、二人三脚であなたの将来のキャリアを一緒に考えてくれます。就活は今後の人生を決める重要な選択です。納得の行く就職活動をしましょう。

どうやって固める?臨床検査技師の志望動機

「なぜうちの病院を選んだのですか?」という質問は、面接の場で必ず聞かれます。それは、応募者がその病院等施設のことをきちんと調べた上で応募してきたのかどうかをはかる為です。きちんと調べてあって適切に即答することができれば、高い意欲を持って面接に臨んだものと判断されます。 けれども適切に即答できるためには、自己分析や施設研究が不可欠です。特に新卒で臨床検査技師の就職活動をする方にとって、自己分析や施設研究という言葉は聞きなれないかもしれません。しかしながら、自己分析も施設研究も自分の強みをPRする上ではとても大切です。以下のような手続きを踏んで、時間をかけてじっくりと行いましょう。

自己分析を行う

自分を就職面接の場で上手に売り出すために行うものです。以下のようなことを自問することによって、自分の生きてきた道筋を振り返ります。 ・なぜ臨床検査技師になろうと思ったのか ・臨床検査技師になろうと思ったきっかけは何か ・小さい頃に好きだったことは何か ・座右の銘は何か 本屋の就職関係のコーナーに行くと、自己分析を深めるための書籍が多数置いてあります。臨床検査技師は皆ほとんどの学校でこなすカリキュラムが決まっており、養成校に入ってからの生活リズムも、他の学生とさほど変わらない人も多いでしょう。差が出にくい状況にあるからこそ、自己分析をしっかりやっておくことで、自分の長所を上手に売り出すことが出来るのです。

施設研究をする

志望動機を考える際には、その施設について知っておかなければなりません。多くの病院等施設はホームページを持っているところがほとんどなので、最初に確認することになるのはホームページになることが多いでしょう。 それぞれの病院施設は、他の病院等施設とは違った特色を持っています。ホームページだけでなく出版物や新聞、口コミ等の情報から、情報を得るようにしましょう。ホームページ等を見るとその施設がアピールしている自分たちの長所や、アピールしているわけではないが、知らずのうちに浮き出てくる長所が見えてくるようになります。いくつかの施設を比較検討することで、施設ごとの長所や違いが、より理解できるようになります。

施設研究を志望動機に反映させる

初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング