IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

病院受付の志望動機の書き方と例文|経験有り/未経験の場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

社会に貢献でき、活躍できる場所としての職種である病院受付。一生涯の仕事に出来る事から長く続ける人が多い職種でもあります。病院受付の面接時に必要な志望動機のポイントや、履歴書や面接カードに記入したい志望動機の例文などをご紹介していきます。

②病院受付になりたい人の志望動機例文〜面接カード編〜

貴院の病院受付を志望した動機として、貴院の地域や患者様に寄り添った経営理念に深く感銘をうけたからです。どんな時代にも必要とされる病院の受付という仕事は、一生やりがいを持って取り組める仕事であると感じております。的確に、丁寧な仕事で貴院の受付として経験を積んでいきたいと思っています。

面接カードのポイントとしては、志望動機に全てを書ききってはいけないという事が重要です。 面接カードに全て自分の志望動機を詳しく書いてしまったら、面接時に病院側も聞く事がなくなってしまいますよね。この部分もう少し詳しく聞きたいと思う位、面接の事も考えた内容にしましょう。

③病院受付になりたい人の志望動機例文〜面接編〜

体調を崩し、貴院で診察して頂いた時に先生やスタッフの皆様の笑顔の多さや丁寧な対応、他の患者様の表情から体調が悪く不安な気持ちの中、安堵感を覚え、私も不安な気持ちの人を和らげながら仕事のできる人材になりたいと思いました。そこから病院受付の仕事を目指し、通信講座で医療事務の資格を取得しました。講座では得る事の出来ない知識も働きながら一刻も早く覚え、経験を積みながら一生の仕事にしたいと思っています。

面接時は、自分の答えた志望動機に更に重ねて質問をされる事が予想されます。自分の伝えようと思っている志望動機に対して、更に自分なりに予想して質問、回答を考えておくと良いでしょう。 また、面接時によく聞かれる事として、「将来の目標」がありますが、採用された後病院受付として自分がどうなりたいかというビジョンを描いておきましょう。 自分の強みをしっかりと相手に伝えられる方法をプロに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

経験ありの人と未経験の人の違い

病院受付という特殊な場所での受付の場合、未経験者と経験者ではやはり経験者が優遇される傾向にあります。病院というミスの許されない現場では、丁寧にテキパキと仕事が出来る人材を求める傾向にあります。1日に沢山の人が訪れる病院受付では、少人数で多くの患者さんの対応を求められるので、即戦力が欲しいというのが病院側の意見でしょう。 その為、経験者と未経験者で比べるとやはり経験者が優遇される事が多いのが実情です。 もちろん、まったく未経験者を採用してくれないという訳ではなく病院によっては未経験者歓迎の場所もありますので求人を見る際、未経験者の人はそういったポイントもチェックして応募する事をします。 また、パソコンのスキルが必要になってくる事が多いので、履歴書の特技などの欄でパソコンが使える事をアピールしておくと良いでしょう。エントリーして面接までたどり着けなかったとしても、病院受付を本気で目指すのであれば、自分がなぜ病院受付になりたいのかという志望動機をはっきりさせ、めげずに沢山の場所にエントリーし、アピールして行きましょう。

一生の仕事にする事の出来る病院受付の仕事。

病院は他の業種と比べ、地域から必要とされている場所という事もあり、仕事が安定している為、やはり一生の仕事に出来るという事が魅力的な点だと思います。 せっかく就職をするのであれば、一生やりがいを持って取り込める仕事を選択した方がいいでしょう。そういう考えをお持ちの人には、病院受付の仕事は向いているでしょう。今回志望動機や志望動機の例文などをご紹介してきましたが、押さえるべきポイントをしっかりと押さえ、志望動機を書く時の参考にしてみて下さい。 社会に貢献でき、やりがいを持って仕事をする事の出来る病院受付、是非、目指してみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング