IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デベロッパーとは?平均年収・仕事内容と職種|不動産への転職方法

職種研究

皆さんは「デベロッパー」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容についてなどならまだしも、転職事情がどうなっているかまで知らないという方が多いと思います。今回はそんな「デベロッパー」の仕事内容から転職事情について見て行きたいと思います。

更新日時:

「デベロッパー」とは?

皆さんは「デベロッパー」と聞いてどんなイメージを持ちますか。おそらく、「デベロッパー」という職業の主な仕事内容についてならある程度イメージが湧くという方は多いかもしれませんが、「デベロッパー」の収入事情や転職事情についてとなると、なかなかイメージが湧きにくいという方がほとんどなのではないでしょうか。 もしくは、そもそもデベロッパーが職業の一つであるということを知らなかったという方も少なくないと思います。今回はそんな「デベロッパー」という職業に注目し、その主な仕事内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見て行きたいと思います。

「デベロッパー」とは開発業者のこと

まずは、デベロッパーという職業の主な仕事内容について見ていきましょう。 そもそも「デベロッパー」とは何なのかというと、簡単に言って「開発業者」のことを指しているんです。大規模な宅地造成やリゾート開発、再開発事業、オフィスビルの建設やマンション分譲といった事業の主体となる団体・企業のことを「デベロッパー」と言います。ちなみに、「ディベロッパー」と言ったり表記されたりもします。

「公的デベロッパー」と「民間デベロッパー」

一概に「デベロッパー」と言っても、デベロッパーには大きく分けて2種類のデベロッパーがあるんです。一つは「公的デベロッパー」で、もう一つは「民間デベロッパー」になります。 公的デベロッパーとは都心開発や基盤整備等に従来の都市再生機構、各種公団各種公社のことを指し、民間デベロッパーとは民間資本での都市等の開発者、宅地造成業者のことを指します。

「デベロッパー」の主な仕事内容

続いて、デベロッパーという職業の主な仕事内容についていくつか見て行きたいと思います。

物件情報の取得

一つ目は、「物件情報の取得」です。デベロッパーの用地取得担当者にとってはより質の良い事業用地を確保することが重要です。まずは情報を入手するためその街を徹底的に調べます。その後、めぼしい土地の所有者へは直接掛け合ったり、不動産仲介会社や信託銀行などからも情報を取得していきます。 事業化が検討できる案件を見つけたら、その場所に何をつくればニーズがあるのか、施設コンセプトはどう設定したらよいか、などおおまかな事業プランを構築します。

取得金額の決定

続いて二つ目は、「取得金額の決定」です。その土地をいくらで購入すれば事業として成り立つのかを検証します。綿密なマーケティングを繰り返し、計画施設から得られる収益を予測し、照らし合わせながら取得金額を検証していきます。つまり、ここでデベロッパーに求められる力は、適正な金額で物件を取得する企画・交渉力になります。

物件の取得

三つ目は、「物件取得」です。事業計画を固め、条件を売主に提示します。同じ物件の情報が競合デベロッパーに流れていることもありますから、やはりここも交渉力が必要になってきます。売主との合意後、条件が整ったら契約を締結し、ようやく開発用地の取得に至ります。開発用地の取得はまさにデベロップメント事業の中で最も重要な業務と言えるでしょう。

基本設計

今度は四つ目、「基本設計」です。開発用地を取得する際には、物理的にどんな建物が建設できるのかを検討する必要があります。例えば、建物に係る建築上の法規制を調べて、どれくらいの規模の建物にするか考えたり、建築内の間取りを考えたり、計画地のプランを描いていきます。計画地周辺のマーケットや立地特性から計画の柱となるコンセプトを確立し、マスタープランから基本設計、グランドデザイン等を練り上げていきます。

実施設計

五つ目は、「実施設計」です。概要を定めた基本設計の段階が終わると、構造や設備を含めたより詳細な建物計画を定める作業に入ります。この段階では完成建物の機能性やデザイン等、細部にいたる部分までを検証し、利用者にとって最適な建物となるよう計画をより具体化します。同時に、実際に工事を請け負うゼネコンの担当者とも工事進行上のリスク管理面などについても話し合いを重ねていきます。 また同時進行で、計画建物について近隣関係者への説明や調整も行い、実施図面を完成させ、許認可を取得し、そして工事着工を迎えることができます。

施工管理

最後六つ目、「施工監理」です。実際にプロジェクトの詳細が確定したら、いよいよ工事着工です。デベロッパーは現場の施行を担当することはありませんが、事業主として品質が確保されるよう、現場担当者と定期的に会議を設けます。このように、事業主として長きに渡り責任が果たせるよう多くの関係者が関わる工事のマネジメント作業に携わるということです。

平均年収は600万円前後

続いて、デベロッパーの平均年収について見ていきましょう。 先に結論から言いますと、デベロッパーの平均年収はだいたい600万円前後程度になります。日本の給与所得者全体の平均年収と比べると、日本の給与所得者全体の平均年収が440万円なので、デベロッパーの平均年収である600万円前後程度というのは、非常に高い賃金設定になっていることがわかります。

「デベロッパー」のほとんどは営業職

ここから、今回のテーマでもあるデベロッパーの転職事情について迫っていきたいと思います。 そもそも「デベロッパー」という職業は人気な職業でもありながら、転職率が高めなんです。それではなんでデベロッパーから不動産などに転職する人が多いのかというと、その理由は「デベロッパーのほとんどは営業職」だからです。 営業職の場合、多くの会社でノルマ制が採用されているところが多く、一日で最低限果たさなければならない契約の数などがあらかじめ決められているケースがほとんどです。そうなると、なかなか契約の取れない社員にとっては、その分労働時間も増やされて、過酷な状況になってしまいます。 つまり、デベロッパーにはそういった労働状態が過酷になりやすい営業職が非常に多い傾向にあるという理由から不動産などの他職業への転職を希望する人が多いということです。

「デベロッパー」から不動産への転職は比較的易しい

では、なぜデベロッパーから転職する際に転職先として不動産が良く選ばれるのでしょうか。その理由は、先ほどご紹介したデベロッパーの主な仕事内容からもわかる通り、両者ともに土地に関わる知識を必要とするという点で同じだからです。 つまり、仕事上扱う知識やこなす業務にデベロッパーと不動産とではそれほど大きくは違わないため、前職のデベロッパーで培った知識が不動産だとそのまま活用できるからということです。 またこういった点から、デベロッパーから不動産へ転職することは比較的易しめになっています。しかし、転職を希望する際で一つ注意するべき点は、不動産業界の中でも会社によっては営業業務を中心とする場所も多いため、前職での営業業務が辛かったという理由で転職をしようと思っている方の場合は、あらかじめその会社の概要について詳しく調べておく必要があります。

「デベロッパー」ヘの転職に強い転職サイトやエージェント一覧

最後に、デベロッパーへの転職に強い転職サイトやエージェントについていくつかご紹介していきたいと思います。 ・「リクルートエージェント」 ・「マイナビエージェント」 ・「ビズリーチ」 ・「doda」 ・「ヒューマンタッチ」

自分にあった転職をしよう

いかがでしたでしょうか。今回は「デベロッパー」に焦点を当てて、その仕事内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見てきました。 確かに、転職というのは自分が希望すればある程度叶えられるものですが、転職前に希望先の会社について事細かに調べたり、話を聞くなど、失敗しないようにじっくり時間をかけて、しっかりと自分に合った会社やタイミングで転職を行えるように心がけることが大切です。

関連タグ

アクセスランキング