IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】薬局への志望動機の書き方と例文|履歴書/面接カード

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

薬局やドラッグストアで働いてみたいけれども、どんな志望動機を書いたらいいのか悩みますよね。薬局の仕事には職種も受付や医療事務、薬剤師など多岐に渡ります。この記事ではそんな気になる志望動機の書き方や志望動機の例文など、就活に役立つ情報をお届けしております。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

薬局の志望動機の書き方

薬局はドラッグストアとしての勤務と病院などの処方箋を受け付ける個人薬局などがあります。どちらを受けるかによって薬局(またはドラッグストア)の志望動機の書き方が変わってきます。

なぜその薬局がいいのかを理由を考えよう

薬局やドラッグストアの志望動機を書く上で共通していることは『なぜこの薬局(ドラッグストア)を選んだのか』という理由を明確に書くことが大切になってきます。志望動機は動機なので、どうしてその薬局(ドラッグストア)で働きたいと思ったのかということも明確にしておくことが大切です。

職種によっては仕事内容などを意識した志望動機を

薬局やドラッグストアの業務内容にもよりますが、薬剤師や事務、医療事務、管理栄養士、受付、販売員など職種によってもなぜその職種がいいのか、働いてみたい魅力やきっかけなど、薬局やドラッグストアで働きたいと思ったエピソードなどを選んだ理由とともにひも付けをして考えてみましょう。

志望している薬局の求める人物像であるか

応募したい薬局の経営方針、理念などどんな人物像やスキル、応募条件などが含まれているのかをチェックして志望動機に反映していきましょう。たとえば「コミュニケーションが取れる人」という応募条件だったとするならば、それは単に話を聞いたり、人と話すことが好きという理由では簡単には、志望動機としては薄い内容になってしまいます。

多くの薬局やドラッグストアが求めている『コミュニケーションが取れる人』というものは、相手が何を求めているのかを理解して対応する力のことをいいます。薬剤師に関しては特に仕事上で資格も必要なため、相手がどんな症状で悩んでいるのかなどをヒアリングしながら解決できるような薬を提案したりすることが必要です。特にドラッグストアでの薬剤師は、お客さんの悩みを解決する提案力が求められてきます。

薬局の志望動機例文

薬局の志望動機の書き方については、だいたいは掴めてきたでしょうか?実際に上記のコツを踏まえながら書いてみることも大切です。それでも、薬局の志望動機をどう書いたらいいのかイマイチニュアンスが掴めないという人のために志望動機の例文もご用意させていただきました。

薬局の志望動機例文(履歴書)

『今まで医療関係の仕事に興味があり、その中でも人々の身近な医療としてある薬局に興味があります。そのきっかけは私が体調不良の際、貴社の薬局で処方してもらい、優しく丁寧な対応をしていただいたことがきっかけです。私も来店されるお客様に気持ちよく利用していただけるよう、身近な薬局になってもらえるような仕事がしたいと思いました。』

薬局の志望動機例文(面接カード)

次のページ:職種別の志望動機
初回公開日:2017年05月19日

記載されている内容は2017年05月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング