IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】薬局への志望動機の書き方と例文|履歴書/面接カード

書類選考・ES

薬局やドラッグストアで働いてみたいけれども、どんな志望動機を書いたらいいのか悩みますよね。薬局の仕事には職種も受付や医療事務、薬剤師など多岐に渡ります。この記事ではそんな気になる志望動機の書き方や志望動機の例文など、就活に役立つ情報をお届けしております。

更新日時:

薬局の志望動機の書き方

薬局はドラッグストアとしての勤務と病院などの処方箋を受け付ける個人薬局などがあります。どちらを受けるかによって薬局(またはドラッグストア)の志望動機の書き方が変わってきます。

なぜその薬局がいいのかを理由を考えよう

薬局やドラッグストアの志望動機を書く上で共通していることは『なぜこの薬局(ドラッグストア)を選んだのか』という理由を明確に書くことが大切になってきます。志望動機は動機なので、どうしてその薬局(ドラッグストア)で働きたいと思ったのかということも明確にしておくことが大切です。

職種によっては仕事内容などを意識した志望動機を

薬局やドラッグストアの業務内容にもよりますが、薬剤師や事務、医療事務、管理栄養士、受付、販売員など職種によってもなぜその職種がいいのか、働いてみたい魅力やきっかけなど、薬局やドラッグストアで働きたいと思ったエピソードなどを選んだ理由とともにひも付けをして考えてみましょう。

志望している薬局の求める人物像であるか

応募したい薬局の経営方針、理念などどんな人物像やスキル、応募条件などが含まれているのかをチェックして志望動機に反映していきましょう。たとえば「コミュニケーションが取れる人」という応募条件だったとするならば、それは単に話を聞いたり、人と話すことが好きという理由では簡単には、志望動機としては薄い内容になってしまいます。

多くの薬局やドラッグストアが求めている『コミュニケーションが取れる人』というものは、相手が何を求めているのかを理解して対応する力のことをいいます。薬剤師に関しては特に仕事上で資格も必要なため、相手がどんな症状で悩んでいるのかなどをヒアリングしながら解決できるような薬を提案したりすることが必要です。特にドラッグストアでの薬剤師は、お客さんの悩みを解決する提案力が求められてきます。

薬局の志望動機例文

薬局の志望動機の書き方については、だいたいは掴めてきたでしょうか?実際に上記のコツを踏まえながら書いてみることも大切です。それでも、薬局の志望動機をどう書いたらいいのかイマイチニュアンスが掴めないという人のために志望動機の例文もご用意させていただきました。

薬局の志望動機例文(履歴書)

『今まで医療関係の仕事に興味があり、その中でも人々の身近な医療としてある薬局に興味があります。そのきっかけは私が体調不良の際、貴社の薬局で処方してもらい、優しく丁寧な対応をしていただいたことがきっかけです。私も来店されるお客様に気持ちよく利用していただけるよう、身近な薬局になってもらえるような仕事がしたいと思いました。』

薬局の志望動機例文(面接カード)

『私はこれまで調剤薬局で働いていて、大きなやりがいを感じています。 最近、調剤の仕組み(調剤手数料や点数計算など)も変化しているので、国や消費者からの少子化や高齢化が予想される薬局の強さとも言えます。ジェネリック医薬品を取り入れるなど、患者のことを常に考えている貴社で今まで培ってきた経験や知識を活かした仕事をしたいと思い、志望いたしました。』

薬局での志望動機例文(面接時)

『今までスーパー、カフェなど接客業を中心とした仕事をしていました。接客業のアルバイトを通して、人と接する楽しさ、お客様が喜ばれることの自分へのモチベーションに繋がることを学びました。私は人々の健康の助けとして薬局などの医療は欠かせないものだと考えております。この経験を薬局でも活かし、お客様の目線のサービスを行うことによって、貴社にとお客様への貢献へつなげていきたいと思っております。』

職種別の志望動機

薬局だけの志望動機では物足りない。事務や薬局などの職種別の志望動機の例文がどんなものなのか知りたい、という人向けに各職種向けにも志望動機の例文をご用意しました。ぜひ、薬局やドラッグストアでの志望動機を考える際の参考にしてもらえると幸いです。 ただ、注意して頂きたいのはこの記事やネット上の志望動機を丸々使ってしまうと、面接などで突っ込まれた際にちゃんと応えられるような内容であれば使っても構いません。でも、なるべく自分の言葉で自分らしい素直な志望動機をかいていきましょう。言い回しなどは、ほとんどテンプレートのようなものなので、多少真似をしたとしても大丈夫なはずです。

薬剤師の志望動機例文

『医療病院の薬剤師として、私は麻薬作業や病棟の仕事を3年間していました。 治療方法が決定された患者に対して、長期の患者に対して同じ医療行為が継続されるため、コミュニケーション期間は長くとっておりましたため、患者さんへの対応は自信を持っております。しかし、家族のことも考えたい時期でしたので、貴社の求人を拝見したところ働きやすい職場と患者さんに寄り添う姿勢が魅力的に感じたため、志望いたしました。精一杯頑張らせていただきますので、よろしくお願いします。』

薬局の事務(医療事務)の志望動機例文

『コツコツとした作業が好きなのと医療関係の仕事に興味があったため、将来は医療事務の資格を取ることを考えてもいたため、資格は取得しております。また、以前は病院での勤務でしたので、各事務作業や患者さんへのスムーズなコミュニケーションは取れるように意識しております。貴社には高度な設備も整っており、スタッフ一人一人が働きやすい環境であることから、私の今までを経験を活かしたいと思い、応募させて頂きました。』

薬局の管理栄養士の志望動機例文

『以前から管理栄養士として病院に勤務しておりました。そのため、栄養管理についての知識などは豊富に活かせると思います。また、日頃より健康を考えた食事をしておりますので、お客様への食事療法やレシピなど提案することもできます。貴社では薬関連のことだけではなく、サプリメントや食事療法についての業務にも力をいれているため、私のスキルを活かせるのではないかと思い、応募いたしました。』

薬局の販売員の志望動機例文

『小さい頃から人を助けることが私の唯一の信条です。そのため、人が困っていたら何で困っているのかをヒアリングし、その困っている問題に対しての提案力を活かした仕事がしたいと思っております。数ある仕事の中で薬局を選んだ理由は、生活の身近な存在として日々人々の生活や困っている人の役にたてると思ったからです。接客は経験がありませんが、一日も早くお客様への対応に困らないよう仕事を覚え、貢献していきたいと考えております。』

薬局は、職種と仕事の幅が広い

いかがでしたでしょうか?一口に薬局の仕事といってもたくさんの職種があり、また考えられる志望動機も違ってきます。特に医療事務などは病院、薬局、ドラッグストアと幅広く活躍できる分野なので、医療関係の仕事だったらオールマイティーに働けるので、女性に人気の資格でもあります。未経験でもできるような受付や販売員はやる気と明るいコミュニケーション力があれば、アルバイトとしてもやっていけるので、志望動機としては大して考えることも少ないので、今までのポイントや書き方のコツなどをしっかりとおさえていれば気軽に書けるようになるでしょう。

また、料理が好きな人で健康を考えている人であれば、管理栄養士の資格をとっておいて、家計面などで困ったら薬局やドラッグストアで勤務できるというメリットもあります。料理の幅も広がりますし、家族の健康を考えている人にはぴったりの職種ともいえるでしょう。志望動機も知識や経験を活かすことができるので、主婦にも人気の職種だと思います。 さまざまな面で活躍できる薬局のお仕事は資格以外を除けば気軽に働ける環境ともいえるでしょう。ぜひ気になった人は、薬局のお仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。今までみえてこなかったことや、自分の新たな才能が発見できるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング