IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

警視庁の志望動機の書き方と例文|他県の警視庁の仕事に応募する場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

警視庁の警察官採用試験にスポットをあてながら、警察官試験の具体的な内容と対策とともに、エントリーシートの志望動機蘭の書き方、面接カードの記入方法と例、面接での志望動機や注意点などについてまとめています。スムーズな採用を勝ち取るには、志望動機も大切です。

警視庁の志望動機のポイントは?

先に述べたような理由から、警視庁の採用試験では、最初から「ある程度完成した人間性である事」が求められます。その中で、協調性や積極性を問われる事も多いため、それらを自然な形で志望動機の中に織り込む事は有効でしょう。また、一般企業の志望動機と同様、実体験を盛り込む事でイメージが湧きやすく説得力のあるものが生まれます。 なぜその地域なのか、自分のスキルや経験を通して、どんな社会貢献ができるかも大切です。

警視庁受験時に好まれる志望動機の具体的な例

好まれる志望動機の例として、「日本の首都東京の安全基盤を支える仕事にやりがいを感じる」や「都民のために自分のできる事をやりたい」などが挙げられます。 警視庁を志望する場合は、その規模や特徴、他の警察本部と異なる職種に魅力を感じた、という事をアピールするのも、警視庁の職員の志望動機になり説得力が増します。

警視庁の志望動機例文:エントリーシート

「幼少の頃より、自宅が交番が近かった事もあり、地元地域の警察官の方と挨拶などを交わし、触れ合う機会が多くありました。地元の警察官は、地域の人たちからも愛され身近な存在でした。また、学校への登下校時の見守りなど、いつも守られているという安心感を与えてもらいました。元々、私自身が正義感が強かった事も重なり、警察官という職業に憧れを抱くようになりました。 体力面では、小学校からサッカーを続けており、基礎的な体力をつけることができました。また、高校では部活のキャプテンを務めており、そこで統率力や協調性、何事も率先・垂範する事の大切さを学びました。 高校卒業時に自分自身の進路を考えた際に、自分がこれまでに経験してきた事や体力を活かし、地域の人達の安全基盤の構築に寄与したい、と自然に考えるようになっていました。 また、その中で警視庁は、首都:東京を管轄する警察組織であり、業務も多岐に渡っています。それぞれの専門性の高い職務を経験する事で、自分自身が人間としても警察官としても成長できる環境が、警視庁にしかないと考えて志望しました。」

職種別の警視庁の志望動機の例文

機動隊の場合

「最初は憧れもありましたが、自分の一生の仕事を考えた時に、社会に貢献できる仕事がしたいという強い気持ちがあるのに、気がつきました。父が長年、教師をしている姿に影響を受けたのです。社会貢献できる仕事にはいろいろあると思いますが、その中でも警察官は、国家と国民の安全を守る魅力とやりがいのある仕事であると考え、志望しました。 東京都では、都民が楽しめるイベントや祭りも多いですが、その際のマナーの乱れや事故が少なくありません。それらの安全やスムーズな進行を機動隊としてサポートできれば、人がより社会生活を楽しめるのではないかと考えます。 また、幼少期から続けている剣道で培った精神力や体力でも貢献できると思います。自分の特技を生かしながら、成長した地域に社会貢献できるのは、人間としても大きな喜びになりますし、警察官としてもやりがいがあると思い志望しました。」

事務の場合

「私が警察行政職員の事務を志望する理由は、人々が安全に暮らせるサポートをする警察庁の仕事をしたいと考えたからです。 警察官として現場で職務を遂行することも魅力的ではありますが、部活動で部長として活動したり、アルバイトで培ったコミュニケーションのスキルをより活かすには、警察行政職のほうがあっていると考えます。 困っている方が来署された時や電話の対応において、丁寧かつ迅速に対応したり、問題解決するために各部署と連携す方が、私の能力で社会貢献ができると思います。ですから、育った地域で、安心して暮らせる環境を提供できる、警察行政職員の事務を志望しました。」

警視庁採用試験の面接カードの志望動機の書き方

志望動機の内容は、無難なものが好まれるのが警視庁の特徴ですが、面接時も志望動機は重要です。

面接カード記入時の注意点

次のページ:面接時の志望動機の注意点
初回公開日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング