IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会計事務所の志望動機の書き方|未経験・新卒が意識するポイント

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

「会計事務所」は憧れの職場の一つです。しかし志望動機の書き方やポイントなどどのようにすればいいか分からない方も多いでしょう。そんな方に今回は「会計事務所」への志望動機の書き方や、例文などをご紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

中小企業特化型大規模税理士法人

近年、税理士法人で、100人以上のケースもあります。記帳代行を大捌くビジネスモデルなので、成長性が魅力ですが、入力作業が業務の大半です。ですからそういった定型常務を継続的にこなしていける忍耐力と継続力といったことが重要な項目になります。

個人税理士事務所

10人以下の会計事務所が多いのですが、町の中小会社から飲食店などを、何でも解決するというスタンスの会計事務所です。何でも屋なので、幅広い業務をすることができますが、中小会社以外経験できないというデメリットはあります。独立などを考えた場合に幅広く経験できるので仕事を覚える部分ではメリットがあるともいえます。

外資系企業特化型会計事務所

中小で外国資本とする日本法人の会計税務のアウトソーシング受注している会計事務所です。日本税理士の場合は、英語が苦手なので、海外経験会計士が独立経営しているケースが多いです。顧客も外資などの法人が多く、英語力を必要とされる場面が多くあります。

トランザクション会計事務所、会計コンサルタント系会計事務所

公認会計士出身の方が設立し、M&A、バリュエーション、会計コンサルタントを軸に、税務にも進出している会計事務所です。大きな会社をクライアントとして持つことがあります。業務はルーティン業務ではないため、自由で楽しいのですが、繁忙期はかなり忙しいです。

資産税特化型税理士会計事務所

相続、不動産に特化した会計事務所で、相続案件の増加に伴い、急成長している分野です。つぶしのきかない職種ですが、相対的に少ないなので、将来を見据えて、資産税のスペシャリティを高めるならうってつけの会計事務所です。税務の項目は専門の知識が必要なものが多く普段から勉強が必要になるものです、そういったことも踏まえて総合的に考えて話を進めることが今後のことも踏まえて大切なことになります。

金融特化型税理士法人

ライフプランを熟慮したうえで、どこで働きたいのかを考えます。金融特化型税理士法人であれば、ファンド税務も考えられます、スペシャリティは高くなりますが、通常事業会社への経理への転職などは難しいです。大規模会計事務所は、一見地位は高いですが、数年間は雑務が多く、下積み期間の長さに不安があります。そこで何を学べるか何を盗めるかを考えて仕事を選んでく必要があります。 小規模ブティック系ファームですが、税務会計に加え、英語を使う機会もあります。専門スキル獲得が重要なので、キャリアの幅が広がるメリットもあります。例として、英語に自信がない方でも、将来、外国資本とする経理への転職の道も開けるでしょう。大規模or小規模、業種、専門領域など、どの部分で専門家となりたいのかというライフプランによって会計事務所が決まってきます。本稿では、割愛しますが、一番ポイントな選択は、どの領域でスペシャリティ、経験を積んでいくかを決めることです。

会計事務所のリクルート基本

会計業界の概要をある度合い理解できたら、次は、会計事務所がどのような基本でリクルートしているかを知ることです。具体的な就活、転職戦略に生かしていきましょう。リクルートの基本は業界及び会社のカルチャーに応じて千差万別になります。メンタルの健全性、プレッシャーへの耐性を重視し、メンタルのテストを重視する場合もあります。投資銀行は激務という特殊性がある為に、インターンでの経験でしか測れません。インターンを必須にするなど、リクルートの基本は各社バラエティに富んだものになります。

そのうえ、会計事務所は、大きな場合を除き、所長がリクルートに深くかかわります。所長の主観がリクルート決定に大きな影響を及ぼします。学歴重視の可能性もありますし、会社の文化との相性も大事です。イケイケ会計事務所で業務を真面目にこなす場合は文化的にミスマッチになりかねません。会計事務所や所長の影響、かなりリクルート上重視する点が変わってくるということを理解しなければなりません。税務、会計業界は、士業の業界なので、作法、技術、知識がある人が好まれます。心にとめていただき、次の具体的なリクルートの基本を見ていきましょう。

経験値・スキルと募集人材のマッチ

即戦力がほしいと考える会計事務所は、ここにプライオリティを置きます。また資産税専門の会計事務所に国時業務希望で応募してもミスマッチになります。リクルート側の要求との整合性もポイントです。

潜在能力

育てるカルチャーを持つ会計事務所は潜在能力を評価して採用を行います。

学歴

次のページ:何を志望動機でアピールするか
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング