IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会計事務所の志望動機の書き方|未経験・新卒が意識するポイント

書類選考・ES

「会計事務所」は憧れの職場の一つです。しかし志望動機の書き方やポイントなどどのようにすればいいか分からない方も多いでしょう。そんな方に今回は「会計事務所」への志望動機の書き方や、例文などをご紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

更新日時:

会計事務所の志望動機の書き方とは?

会計事務所の転職で成功するため

転職したい会計事務所が見つかった場合、会計事務所へ志望動機、職務経歴書を送付し応募プロセスを始めるという形になります。会計事務所のリクルートプロセスは、書類での志望動機選考の後に面接の順で進んでいくものになります。応募志望動機書類の作成は、会計事務所の就職、転職の第一関門といえる重要なものです。 面接では応募志望動機書類をもとに面接官は質問していきます。面接の質疑応答に備えるという意味でも、一貫した面接対応の準備が必要になってきます。20代の方は就職経験、転職経験が少なく、会計事務所の志望動機、志望動機の書き方がわからない場合が往々にしてあります。書類を作成しても、最終的に希望通りの会計事務所への転職、就職がうまくできなかったというケースも多くあります。 学生の場合は、就活塾などが人気ですが、会計事務所を志望の場合は、新卒、転職組に関わらずそういった就活プロセスを経ない方が多く、本来の力をアピールしきれていません。会計事務所リクルート活動を経験し、出願者、リクルート担当、両方の立場から、会社側の人材要求、どのような志望動機書類を作成すれば、リクルート担当者に「刺さる」のか考えてください。

会計事務所への心構え

どの業界の就活、転職活動をしても書下記のことは当てはまるでしょう。 ○会計事務所の志望動機を研究し、応募書類をカスタマイズする 他にも同じものを送っていると思われる志望動機を会計事務所はチェックします。会計事務所HPには目を通し、志望動機を明記する必要があります。 ○会計事務所への思いをつづった志望動機 熱意ある志望動機は会計事務所転職活動においては志望動機で効果抜群にPRできます。業界に依存しますが、志望動機で明確に書くことは保守的な会計業界で協調性がないと疑問を持つ場合もあります。志望動機で書いてもアピールできてないと誰にも伝わらない志望動機になるので、志望動機を論理的に記載することがポイントです。 ○強みを会計事務所へ志望動機でアピール 志望動機の中で根気のある人間であることを滲ませることは重要です。努力家は業務で成功しやすいということはビジネスパーソンの共通認識なので、ポイントは志望動機の中に努力ができるエピソードを入れることになります。 ○競争相手 競争相手を意識することがポイントになります。競争なので自身にしかない強みを志望動機でアピールし、競争相手との差別化を志望動機で図るべきです。 ○作法死守 志望動機と職務経歴書の送付が必要にもかかわらず、志望動機しか送らないのは、日本社会ではやってはいけないことです。日本の会社に英語の志望動機レジュメを送ってしまい失敗することがあります。日本社会ではルール重視、忠実に従う必要があります。

応募志望動機書類の作成

会計事務所の基本的な心構えができたら、応募志望動機書類の作成方法を考えましょう。 ○会計事務所をパターンでわける 「敵を知れ」ということで、会計事務所ごとに志望動機のポイントを考えます。 ○会計事務所のリクルート志望動機の基本を知る リクルートの基本がわかれば、書くべき戦略や志望動機が立てやすくなります。 ○会計事務所は何を期待し何を表現すべきか 戦略的な希望理由の書き方を考える。 ○志望理由はどうするか 具体的な志望動機記載例を作成する。

会計事務所のパターン

まずは敵を知るということで、会計事務所のパターン分けをしていきます。事業会社の税務、会計をやりたい場合ですが、ファンドの税務ばかりで、中小会社支援がしたくて入社したにも関わらず、書類整理、単純な記帳業務のみでミスマッチすることが多いです。 ミスマッチ回避のためにも、規模、スペシャリティなど様々な会計事務所があることを理解して志望動機を考えることが大切です。

4大税理士法人

いわゆるBig4と呼ばれるPwC、DTT、KPMG、EYといった税理士法人です。クライアントも上場会社や外国資本とする会社がほとんどで、かなりスペシャリティが高い業務を取扱います。英語も卒なくこなす人が多く、基本的に勉強については優秀な人が多いです。それなりに志望動機を準備していないと、門前払いになる可能性がとても高いといえます。

中堅監査法人系税理士法人

中堅監査法人グループの税理士部門として中堅上場会社クライアントに持っています。連結納税や国時税務にも対応でき幅広い業務を行っています。入社後は、スペシャリティを高めていくことになるため、配属される部署でスペシャリティが決まってしまうケースも多々あります。前もってある程度どういった分野を専門に磨いていきたいかを話しておくことが極めて重要です。

金融特化型税理士法人

ファンド、不動産関連の税務に強い税理士法人で、ストラクチャリングなど、かなり税務的にスペシャリティの高い知識を扱います。金融に特化なので、事業会社の税務関与が少なくなっています。スペシャリティの高い業務なので基本的に普段から勉強をして専門性を高める必要があります。

中小企業特化型大規模税理士法人

近年、税理士法人で、100人以上のケースもあります。記帳代行を大捌くビジネスモデルなので、成長性が魅力ですが、入力作業が業務の大半です。ですからそういった定型常務を継続的にこなしていける忍耐力と継続力といったことが重要な項目になります。

個人税理士事務所

10人以下の会計事務所が多いのですが、町の中小会社から飲食店などを、何でも解決するというスタンスの会計事務所です。何でも屋なので、幅広い業務をすることができますが、中小会社以外経験できないというデメリットはあります。独立などを考えた場合に幅広く経験できるので仕事を覚える部分ではメリットがあるともいえます。

外資系企業特化型会計事務所

中小で外国資本とする日本法人の会計税務のアウトソーシング受注している会計事務所です。日本税理士の場合は、英語が苦手なので、海外経験会計士が独立経営しているケースが多いです。顧客も外資などの法人が多く、英語力を必要とされる場面が多くあります。

トランザクション会計事務所、会計コンサルタント系会計事務所

公認会計士出身の方が設立し、M&A、バリュエーション、会計コンサルタントを軸に、税務にも進出している会計事務所です。大きな会社をクライアントとして持つことがあります。業務はルーティン業務ではないため、自由で楽しいのですが、繁忙期はかなり忙しいです。

資産税特化型税理士会計事務所

相続、不動産に特化した会計事務所で、相続案件の増加に伴い、急成長している分野です。つぶしのきかない職種ですが、相対的に少ないなので、将来を見据えて、資産税のスペシャリティを高めるならうってつけの会計事務所です。税務の項目は専門の知識が必要なものが多く普段から勉強が必要になるものです、そういったことも踏まえて総合的に考えて話を進めることが今後のことも踏まえて大切なことになります。

金融特化型税理士法人

ライフプランを熟慮したうえで、どこで働きたいのかを考えます。金融特化型税理士法人であれば、ファンド税務も考えられます、スペシャリティは高くなりますが、通常事業会社への経理への転職などは難しいです。大規模会計事務所は、一見地位は高いですが、数年間は雑務が多く、下積み期間の長さに不安があります。そこで何を学べるか何を盗めるかを考えて仕事を選んでく必要があります。 小規模ブティック系ファームですが、税務会計に加え、英語を使う機会もあります。専門スキル獲得が重要なので、キャリアの幅が広がるメリットもあります。例として、英語に自信がない方でも、将来、外国資本とする経理への転職の道も開けるでしょう。大規模or小規模、業種、専門領域など、どの部分で専門家となりたいのかというライフプランによって会計事務所が決まってきます。本稿では、割愛しますが、一番ポイントな選択は、どの領域でスペシャリティ、経験を積んでいくかを決めることです。

会計事務所のリクルート基本

会計業界の概要をある度合い理解できたら、次は、会計事務所がどのような基本でリクルートしているかを知ることです。具体的な就活、転職戦略に生かしていきましょう。リクルートの基本は業界及び会社のカルチャーに応じて千差万別になります。メンタルの健全性、プレッシャーへの耐性を重視し、メンタルのテストを重視する場合もあります。投資銀行は激務という特殊性がある為に、インターンでの経験でしか測れません。インターンを必須にするなど、リクルートの基本は各社バラエティに富んだものになります。

そのうえ、会計事務所は、大きな場合を除き、所長がリクルートに深くかかわります。所長の主観がリクルート決定に大きな影響を及ぼします。学歴重視の可能性もありますし、会社の文化との相性も大事です。イケイケ会計事務所で業務を真面目にこなす場合は文化的にミスマッチになりかねません。会計事務所や所長の影響、かなりリクルート上重視する点が変わってくるということを理解しなければなりません。税務、会計業界は、士業の業界なので、作法、技術、知識がある人が好まれます。心にとめていただき、次の具体的なリクルートの基本を見ていきましょう。

経験値・スキルと募集人材のマッチ

即戦力がほしいと考える会計事務所は、ここにプライオリティを置きます。また資産税専門の会計事務所に国時業務希望で応募してもミスマッチになります。リクルート側の要求との整合性もポイントです。

潜在能力

育てるカルチャーを持つ会計事務所は潜在能力を評価して採用を行います。

学歴

学歴にかかわらず、計数に強くコミュニケーション能力が重要な業界なので、リクルート上、気にしない会計事務所も多くあります。しかし、大きな税理士法人は、学歴も重視しています。

コミット感

短期離職は一番避けたい事態です、どれ程コミットしているかはリクルート判断上のポイントです。

コミュニケーション能力

クライアントに対するアドバイザリー業務が会計事務所の本来の価値なので、コミュニケーション能力はポイントです。

カルチャーとのフィット感

○希望する会社の持つ独特のカルチャー その会計事務所独特のカルチャーと相性がいいのか ○単純作業や忍耐力 単純作業や地味な作業が多くなるため、そういった業務を卒なくこなせる性格かという点もポイントです。

英語の能力

英語の能力はポイントです、大きな税理士法人に挑戦するケースでは必須です。

税理士等のライセンス

クライアントに対し、○科目の合格者を紹介するといったように、税理士業界は、何科目受かっていることをベースとして、振り分けられることがあります。

職の空白期間、転職履歴

転職回数が多い、職の空白期間が多いケースについては、会計事務所は短期離職として疑問に思うので、転職が多いケースでは合理的志望動機の説明が必要です。

その他

その他いろいろありますが、基本マナー重視の場合が多いです。不器用でもいいので、礼節重視の場合は総合的な評価が高くなります。大きな税理士法人は、上で書かれたように全ての要素を志望動機で総合的に判断し、その中の上位者をリクルートしていると思われます。その時に、学歴で一定のフィルターをかけ足きりになるケースもあります、税理士試験合格条件として、英語の能力も考慮されるので、TOEICも獲得したほうが合格率も高くなります。 リクルートの基本は何ともいえません。全ての条件が揃っている必要はありません、会計事務所所長の重視ポイントなどもインタビューなどから推測するしかありません。また会計事務所で、英語力をアピールしてもリクルート上加点されるかは微妙です。重視しているのは潜在能力です。エピソードがないか志望動機等を見る時に注視しています。一生勉強する必要がある職業なので努力家の方は大成する確立が高いです。公認会計士試験から税理士試験に変更して社会人経験がない場合でも歓迎されます。

何を志望動機でアピールするか

リクルート会社サイドが応募者に聞きたい内容は基本的にフレームワーク化されています。フレームワークに従って、基本回答を用意し、会計事務所ごとに、志望動機、希望理由をカスタマイズすることで効果的志望動機を作成できます。

志望動機作成のため

○キャリアゴールは何か、人生で何をしたいのか ○なぜそれをやりたいのか ○なぜ会計業界か ○なぜこの会計事務所か ○なぜリクルートする必要があるのか

会社が求めている人材は、自身でゴールを設定できて、自身でそのゴールに向かえる人です。会社にとって何がしたいのを明らかに意思表示できる人間が重要です。理由が明確なら、リクルート担当者に伝わります。価値を提供できるのか、提供できるバリューを乗せて、そのポテンシャルを志望動機でリクルート担当者は見ています。大枠記載だけなので、文章が長くても構いません。フレームワークとして活用すれば、志望動機がまとまります。

志望動機:キャリアゴールは何か、人生で何をしたいのか

会計事務所で経験を積み、起業したい。

志望動機:なぜそれをやりたいのか

お客様のためにつくし、感謝される業務にやりがいを感じるため。中小会社のグローバル化も支援し、英語も生かしたい。

志望動機:なぜ会計業界なのか

前職はアパレル業界であったが、簿記2級のライセンスを生かし、将来税理士、公認会計士ライセンスを取得したい などといった自分の経歴と将来の目標が会計事務所を志望する理由を裏付けるものにする必要があります。

志望動機:なぜこの会計事務所か

○経験の無い場合でも基礎から学べ、コーチングが充実している ○業務と税理士、公認会計士イセンス取得の両立への理解 ○英語の能力を生かすことができる ○国時税務の領域や規模の大きな業務にも挑戦できる機会

志望動機:なぜリクルートする必要があるのか

○大学1年次に簿記2級を取得 ○几帳面な性格で、細かい作業ミスが少ないので、計算や書類の整理が得意 ○店長として経験があり、周囲の人を支援する働き方が得意 ○英語を継続的に勉強した場合

志望動機理由

骨格ができたら、志望動機記載欄に応じて、文章を作っていきます。文章が得意な場合、まとめれば十分です。文章が苦手な場合は、項目ごとのような書き方も、論点が明らかでわかりやすいと形になります。基本的にわかりやすい志望動機を明記することが必要なのでインターネットをつかって記入例などを参考にしてみることもおすすめです。

未経験・新卒の場合の志望動機のポイント

時間をかけ、戦略的に志望動機書類を作成

書類での選考は応募志望動機書類で合否が判断されます。中堅以上の会計事務所のケース、リクルートピーク時には、多くの応募書類が会計事務所に届きます。貴方がどれ程優秀でやる気のある方であったとしても、応募書類不備や、潜在的能力が伝わらない場合無駄です。非常に残念なことに、多くの転職、就職希望者は、日々の多忙な日々の生活に追われ、応募書類作成及び面接対応に時間をかけていません。 戦略を練った上で、適切なアクションをとった場合が勝利します。海外大学では、6月頃から準備を始め、面接や英語面接練習だけでなく、業界、会社を理解するために、個別に連絡をとり、情報収集をした上で、それを踏まえた対応する方法などを取り入れています。

会計事務所の志望動機例

総務志望動機

現職で月次、年次決算業務を担当しております、会計事務所で財務、経理部門のプロフェッショナル人材を目指したいと考え今回志望したしました。会計事務所である貴社は海外子会社とやりとりをするといった機会などもあり、連結決算、有価証券報告書作成業務でお力になれると考えております。現在、英語の能力をスキルアップするためスクールに通っております。このような学習を継続することで、経理業務に尽力したいと考えております。

経理志望動機

前職はセールス職ですが、売上管理業務も任されておりました。注文をただとるのみならず、課全体のお金の流れや会社の経営状況を理解する経理処理のポイントを実感し、数字を正確に理解を考えて日商簿記1級のライセンスを取得しました。会計事務所である御社の転職求人で経理職におけるポイントの調整力については、セールス職で身に付けたコミュニケーション能力や交渉力を生かし関係各部署の調整を円滑にし、経理の基盤を強化することで会計事務所である御社の経営面に貢献したいと考えて応募いたしました。

事務志望動機

前職における書類作成やオフィスソフトの実際の業務経験がございますので、即戦力で会計事務所である貴社の業務に活かせると考えております。コミュニケーション力には自信があり、頼まれたことをただ単にこなすのみならず、依頼された業務内容の不明点はしっかりヒアリングし、理解して業務を進めることで依頼された業務を正確に仕上げることができます。職場にいるすべてのスタッフが働きやすい環境づくりに取り組み、縁の下の力持ちとして事務職の域を超えて業務を支援したいと考え希望しました。

総務志望動機

約4年間に渡って、不動産業の総務部で関係省庁との折衝や許認可申請手続きなどの業務に取り組んでまいりましした。行政庁への手続き、申請は資料の前もって準備と関係部署とのコミュニケーションを徹底して、業務にこれまで臨んできました。国内外で躍進を続ける会計事務所である貴社のリクルート募集を拝見いたしまして、興味を持っています。面接の機会を何卒いただけるようお願いいたします。

総務志望動機

新卒以来、総務スタッフの一人として約5年、現在の会社に勤務してきました。社員名簿の管理(パートタイムも含む)、社内規則、就業規則の整備などの業務に取り組んできました。実直さと粘り強さがわたしの取り柄です。意欲重視という会計事務所である貴社のリクルート募集が目に留まり、応募させていただきました。経験に加えて、スキルアップを重ね業績向上に貢献したいと考えています。面接の機会をいただけるようお願いいたします。

秘書志望動機

新卒以来、総務スタッフの一人として約5年、現在の会社に勤務してきました。社員名簿の管理(パートタイムも含む)、社内規則、就業規則の整備などの業務に取り組んできました。実直さと粘り強さがわたしの取り柄です。意欲重視という会計事務所である貴社のリクルート募集が目に留まり、応募させていただきました。秘書経験に加えて、スキルアップを重ね業績向上に貢献したいと考えています。面接の機会をいただけるようお願いいたします。

秘書志望動機

新卒以来、会計事務所の秘書として約6年、現職にて勤務してきました。来客対応、書類作成、裁判書類の提出、電話対応に取り組んできました。この度、転職を検討していましたところ、頑張りや意向次第で公認会計士の道も開かれている会計事務所での秘書リクルート募集が目に留まり、応募させていただきました。経験に加えて、スキルアップを重ね業績向上に貢献したいと考えています。面接の機会をいただけるようお願いいたします。

アシスタント志望動機

学生時代は計算が得意で、大学サークルで会計係を担当しました。卒業後接客スタッフとして就職しました、会計経験であったので、マネージャーの売上管理の作業も手伝っていました。会計を学ぼうと簿記の勉強を始めたところ、会計が経営を支えていることに気が付きました。実時にお金が発生する現場も経験したことで、会計のおもしろさを理解できました。 そして、経理、会計職に対する想いが強くなり、以前より女性を支援する業務に就きたいとい会計事務所の前線を支援する側として、お客様の笑顔を作っていきたいとと考えています。現在公認会計士の資格を取得しようとしています。転職にあたり、独学のエクセルの知識、スキルも役立てることができると思います。アシスタントから精一杯がんばりますので、よろしくお願いいたします。

志望動機例文

履歴書:志望理由の記載例

貴会計事務所のHPを拝見し、経験の無い場合でも指導いただける点、業務と公認会計士ライセンス取得の両立にご配慮いただける点、英語の能力を活用し、国時税務にも挑戦できる点、に大変魅力を感じました。また、わたしの強みは、簿記1級を大学3年で取得、几帳面な性格なので、作業のミスも少ない、前職マネージャーの経験から、周囲を支援し、チームの力を発揮させることが得意、英語は継続的に勉強しているので、貴会計事務所において、スキル、経験を生かせると考えています。キャリアの目標は、中小会社のグローバル化を支援し、国際的な会計税務のプロフェッショナルになることです。会計事務所は、支援業務を正確にこなし、いずれは英語の能力を生かした難しさを表す度合いの高い業務にも挑戦できるように励みます。

面接時:志望理由の記載例

貴会計事務所のHP及び○○先生のインタビューを拝見し、○大会社の経営者に信頼を得ている○○先生の右腕として貢献したいという強い想い、○事業拡大期の貴社で様々な業務に挑戦したいと考え、英語の能力を活用し、国時税務にも挑戦できる点、に大変魅力を感じました。 税理士試験は計画的に受験しており、税理士計4科目合格が確実です。現会計事務所は、月次訪問の担当を20社、記帳補助を50社程受け持ち、月次訪問から申告書の作成まで1人でこなし、クライアントから信頼を獲得しました。決算内容をわかりやすく伝えることが得意です。また、英語については、英会話トレーニングをはじめ、英語業務に挑戦いたします。 貴会計事務所には、スキル、経験を生かせると考えています。キャリアの目標は、中小会社の経営者の本当に価値のあるアドバイスを、会計税務のみならず幅広くいアドバイザーになることが目標です。英語の能力も伸ばしていき、成長できる貴会計事務所で、主要なチームメンバーとして活躍できるよう努力をしてまいります。

会計士・経理転職エージェント

マイナビ会計士

マイナビグループが運営する国内最大級の公認会計士の転職に特化した転職エージェントがマイナビ会計士です。全国の会計事務所・税理士法人・監査法人・事業会社への転職に精通したコンサルタントが転職をサポートしてくれます。業界40年以上圧倒的な企業数と取引実績のために、全国のあらゆる大手上場企業・ベンチャー企業の経理・会計・財務部門などと広い接点があります、また紹介できる非公開求人数は会計士業界では、最大規模を誇っています。他社より、一人ずつ時間をかけて丁寧に転職サポートを行うのがメリットで、志望先企業の選考ポイントも1社ずつ丁寧に説明します。大手の転職エージェントでは唯一、公認会計士やUSCPAの転職に最も強く力を入れているので、会計士転職におすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェント

人材業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントはリクルートエージェントです。大手と比較すると専門職やエグゼクティブに強く、グループのパイプを活かし、様々な大手企業の会計士や経理の求人を大量に保有しています。転職成功実績ランキングでは1位で、30万人以上の転職成功を支援したノウハウが強みです。年収600万円以上の案件が中心で、リクルートグループの独占求人も多く、会計士・経理転職におすすめの転職エージェントです。

doda

大手人材紹介会社のインテリジェンスが運営する転職サイトがdodaです。公認会計士や経理・財務・税務の求人に強く、他社比較でも営業力・交渉力が高いので独占求人が多くを占めています。非公開求人が8〜9割なので、最初に来社面談をし、条件に合う求人を紹介してもらうことになります。

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、公認会計士、税理士特化の転職エージェントです。正社員、紹介予定派遣に対応しています。会計・経理・財務分野に特化した転職支援で20年の実績を持っています、他社比較でも圧倒的な5000社以上の取引先ネットワークを持ちます。会計士・経理の業界を熟知したエージェントが希望条件にマッチする監査法人や事業会社の求人情報のみを厳選して紹介しています。また20代〜30代向けの転職に特化しており、3年以上の経験者が有効です。大手上場企業、外資系企業、優良ベンチャー企業、会計事務所、監査法人、金融機関など非公開求人を保有しており、会計士や経理の転職でかなりおすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメント

外資系やグローバル日系企業、海外求人に特化した転職エージェントはJACリクルートメントです。会計士、経理の求人も多数扱っており、日系の転職エージェントが紹介できない、外資系企業の求人がメインになります。上場企業が大半であり、外資系やグローバル日系企業の会計士や経理で働きたい場合にはおすすめの転職エージェントです。

MS-JAPAN

税理士、経理、公認会計士、会計事務所などの分野に特化した転職求人サイトがMS-JAPANです。オリコン顧客満足度ランキングでは上位に輝く実績を持っており、業界屈指の求人数を保有しています。管理部門特化型の人材紹介会社売上高はランキング1位にもなったことがあり、会計士の転職にはおすすめのWEBサイトということができます。東京・大阪・名古屋で個別転職相談会を実施しています。

ジャスネットスタッフ

ジャスネットコミュニケーションが運営する経理に特化した人材派遣・人材紹介会社がジャスネットスタッフです。関東、関西を中心に、派遣・紹介予定派遣の求人を掲載しています。3年以上の経験者が対象で、経理未経験社から公認会計士・税理士・USCPAなど会計プロフェッショナルまでの求人を紹介可能です。キャリアに応じた派遣先、転職先を紹介してくれます。スタッフの評価も高く基本的に就職後の対応もしてくれます。また給与などの交渉に自信がない場合などコンサルタントにお願いすることで効率的に向上を行ってくれます。ぜひ登録していただきたい人材紹介ケージェントの1つになります。

公認会計士は一生物の資格

いかがでしたでしょうか。基本的に会計事務所への就職は難しいものです。スタッフになりたい場合は公認会計士のライセンスが必要とされることがほとんどになります。どうしても公認会計士事務所で働きたい場合にはそのほかの職務で入り込むという方法があります。 そういったケースでは入社後に公認会計士の先生方の刺激を受けながらスタッフを目指し、公認会計士試験の勉強をしていくこととなると思います。公認会計士は一生ものの資格になりますのでぜひとも挑戦してみてください。

関連タグ

アクセスランキング