IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】コールセンターへの職務経歴書の書き方・例文とコツ

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

コールセンターの求人に応募したけど、職務経歴書をどう書いたらいいのか分からない。またオペレーターやSV、リーダーなどコールセンターに関する職種別にも職務経歴書の書き方のコツをご紹介しています。フォーマットがダウンロードできるサイトもチェックしてみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

コールセンター職の職務経歴書の書き方とコツ

コールセンター職はコミュニケーション力と対応力が求められる

コールセンターはショップチャンネルや通販番組などでおなじみのコールセンターのオペレーターのイメージが強い職種です。しかし、コールセンターにはSVやリーダーなど、オペレーター以外の重要な仕事もあります。

コールセンターの職務経歴書を書く際は、ただコールセンター業務をこなしていただけでなく、いつからいつまでどのような業務を担当していたのかを箇条書きで分かりやすく書くことが大切です。また、前職での会社の概要には『オペレーター数』『サポート内容』『対応した件数』などを書くと詳細で分かりやすいでしょう。

コツとしては、自分が何を担当し、ミスなく正確に業務ができること、マニュアル外のクレームや電話応対がきてもお客さんへの対応がしっかりとできることなどを職務経歴書には書くことができるでしょう。

未経験でかつ転職でのコールセンターを志望する場合はコールセンターに活かせるような経験や仕事のスキルを書くといいでしょう。職務経歴書に書くアピールポイントの中には、自分がコールセンターという職種になぜ興味を持ったのかを職務経歴書に書くことによって、職務経歴書に厚みを持たせることができます。未経験でも、コールセンターはオペレーターの教育などがしっかりしているところが多いため、未経験の人でも気軽に始められるのが魅力的です。

職種別の職務経歴書の書き方(オペレーター・SV・リーダーなど)

それでは、職種別に職務経歴書の書き方のコツをみていきましょう。同じコールセンター内の職種それぞれの役割が違うため、志望動機や自己PRでアピールするところなども違ってきますので、注意したいところです。

オペレーターの職務経歴書の書き方

コールセンターのオペレーターは常に募集がある職種です。特に最近では通販で買い物をする人が多くなったため、「オペレーターの数を増やしてお待ちしております」という決まり文句を言って客に買わせようとしていますが、実はオペレーター職は意外にも数が少なく、需要度が高いです。そのため、コールセンターオペレーターになるには、正確性と常識、敬語がきちんと使える、ノルマを達成するために頑張れる人が向いている職種といえるでしょう。

コールセンターのオペレーターから転職で職務経歴書を書く場合は『業務内容』『対応担当していた仕事内容』『お客さんから喜ばれたこと』などを積極的にアピールしていきましょう。コールセンターのオペレーターは一般事務や接客業などに活かせるようなスキルが多いため、人と接することができるコミュニケーションは、人と関わる職種であればどんな職務経歴書でスムーズに書くことができるでしょう。

コールセンターのSV(スーパーバイザー)の職務経歴書の書き方

コールセンターのSVとは、スーパーバイザーといいます。スーパーバイザーの主な仕事は、お客さんからクレームを受けているオペーレーターの指導にあたったり、クレームの状況によっては「私が責任者です」と電話応対をしてみたり、オペレーター不足の場合はボリュームを増やしたり、シフトを調整したりすることをします。

他にも、コールセンターの案件件数の集計や数値管理、報告書などの作成をするため、常に臨機応変な対応が可能なスキルが求められます。また、残業が多いことでも有名なため、職務経歴書には「粘り強く、受けた仕事はしっかりとこなします」「何をするにも責任感があります」などのアピールを強く出さなければ、SVでの採用は難しいでしょう。

コールセンターのリーダーの職務経歴書の書き方

次のページ:コールセンター職への志望動機・自己PR例文
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング