IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書に活かせる経験の書き方と例文・ポイント

更新日:2022年05月25日

書類選考

職務経歴書を書く時にアピールしたいのがその企業で活かせる経験です。自分がどういったことを経験したのか、何をそこから学んだのかなどを盛り込むことが大切です。職務経歴書に書く際のポイント、活かせる経験の話題、書き方などを気になるポイントをチェック。

職務経歴書に活かせる経験を書く方法

職務経歴書に書けるような活かせる経験を探しているけど、なかなか出てこないで悩んでいませんか。職務経歴書に活かせる経験をできれば書きたいものです。なぜなら、その方が具体的な説明でその人柄が分かり、選考に通りやすいからです。自分の志望する会社や仕事で活かせる経験を書くだけでも、選考での印象は違ってきますし、仕事や会社への貢献をしてくれるかどうかの目安にもなります。

まずは活かせると思う経験をリストアップしてみよう

職務経歴書に書けるような活かせる経験というものはすぐには思いつくものの、その会社や仕事によって活かせる経験というものは違ってきます。たとえば、アパレルの仕事をしていて、接客のスキルがあるとしましょう。

しかし、別の職種に行きたい場合、Webデザイナーになろうとして、活かせる経験を探してみましょう。Webデザイナーの場合、デザインスキルや制作スキルも必要ですが、顧客との打ち合わせが多い為、コミュニケーション力を必要とします。つまり、アパレル職からWebデザイナーに活かせる経験として書けるのは『接客のコミュニケーション力』が経験として書けるのではないでしょうか。

資格は職務経歴書に活かせる経験?

職種によっては職務経歴書に資格を書く人がいますが、果たしてそれは活かせる経験としてみられるのでしょうか。もちろん、仕事で必須の資格が必要なのであれば、その資格は書いておいて構いませんし、むしろ資格待遇などのボーナスを設けているところもあります。

職務経歴書は前職での仕事や業務内容、スキルなどを書く物なので、実際は前職で得たような活かせる経験を職務経歴書に書くといいでしょう。資格だけで得たもので活かせる経験を書くというのは、学校や勉強で得た物だけであって、実際の現場で活かせるような経験として書くものには値しないでしょう。もし、それが活かせる経験として書けるものなら、資格を持っている人はみんな書けるということになってしまいます。

活かせる経験の書き方例とポイント

職務経歴書に活かせる経験をいざ書こうと思ってもなかなかニュアンスが掴めないという人も多いのではないでしょうか。まずは、職務経歴書に活かせる経験の例文とポイントをチェックしてみましょう。

職務経歴書の活かせる経験例文その1

『前職では主にHTMLのコーディング業務を行っておりましたため、DreamweaverやPhotoshopなどの基本ソフトのスキルは持ち合わせております。時にWebデザインの画像作成やデザインなども任されておりましたので、経験としては浅いですが、業務経験を積んで頑張りたいと思っております。』

職務経歴書の活かせる経験例その2

『私は「絶対にあきらめない」という気持ちを常にモットーとしております。どんなこともあきらめない気持ちさえあれば乗り越えられると思っているからです。前職のカスタマーセンターのサポートセンターにて勤務をしていた際は、お客様の困難をあらゆる角度から推測し、絶対にできないとは言わず、可能な限りあきらめずにお客様困難を解決してきました。この対応はお客様からの評価は高く、自信を持って貴社でも活かせる経験であると信じております。』

職務経歴書の活かせる経験例その3

『私は5年間プログラマーとして、C、Java、PHP、Rubyなど、さまざまなソフトウェア開発サイトでの実践的な経験を通じて、多くの開発言語に対応することができます。 特に、Javaは自信を持っており、私の担当したJavaによって開発された特定ソフトウェアが多くのお客様に役立っていることを誇りに思っております。貴社ではさらなるJavaソフトウェアの拡張やその他の業務などに貢献したいと思っております。』

次のページ:職務経歴書に書ける活かせる経験とは?
初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング