IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書に活かせる経験の書き方と例文・ポイント

書類選考

職務経歴書を書く時にアピールしたいのがその企業で活かせる経験です。自分がどういったことを経験したのか、何をそこから学んだのかなどを盛り込むことが大切です。職務経歴書に書く際のポイント、活かせる経験の話題、書き方などを気になるポイントをチェック。

更新日時:

職務経歴書に活かせる経験を書く方法

職務経歴書に書けるような活かせる経験を探しているけど、なかなか出てこないで悩んでいませんか。職務経歴書に活かせる経験をできれば書きたいものです。なぜなら、その方が具体的な説明でその人柄が分かり、選考に通りやすいからです。自分の志望する会社や仕事で活かせる経験を書くだけでも、選考での印象は違ってきますし、仕事や会社への貢献をしてくれるかどうかの目安にもなります。

まずは活かせると思う経験をリストアップしてみよう

職務経歴書に書けるような活かせる経験というものはすぐには思いつくものの、その会社や仕事によって活かせる経験というものは違ってきます。たとえば、アパレルの仕事をしていて、接客のスキルがあるとしましょう。

しかし、別の職種に行きたい場合、Webデザイナーになろうとして、活かせる経験を探してみましょう。Webデザイナーの場合、デザインスキルや制作スキルも必要ですが、顧客との打ち合わせが多い為、コミュニケーション力を必要とします。つまり、アパレル職からWebデザイナーに活かせる経験として書けるのは『接客のコミュニケーション力』が経験として書けるのではないでしょうか。

資格は職務経歴書に活かせる経験?

職種によっては職務経歴書に資格を書く人がいますが、果たしてそれは活かせる経験としてみられるのでしょうか。もちろん、仕事で必須の資格が必要なのであれば、その資格は書いておいて構いませんし、むしろ資格待遇などのボーナスを設けているところもあります。

職務経歴書は前職での仕事や業務内容、スキルなどを書く物なので、実際は前職で得たような活かせる経験を職務経歴書に書くといいでしょう。資格だけで得たもので活かせる経験を書くというのは、学校や勉強で得た物だけであって、実際の現場で活かせるような経験として書くものには値しないでしょう。もし、それが活かせる経験として書けるものなら、資格を持っている人はみんな書けるということになってしまいます。

活かせる経験の書き方例とポイント

職務経歴書に活かせる経験をいざ書こうと思ってもなかなかニュアンスが掴めないという人も多いのではないでしょうか。まずは、職務経歴書に活かせる経験の例文とポイントをチェックしてみましょう。

職務経歴書の活かせる経験例文その1

『前職では主にHTMLのコーディング業務を行っておりましたため、DreamweaverやPhotoshopなどの基本ソフトのスキルは持ち合わせております。時にWebデザインの画像作成やデザインなども任されておりましたので、経験としては浅いですが、業務経験を積んで頑張りたいと思っております。』

職務経歴書の活かせる経験例その2

『私は「絶対にあきらめない」という気持ちを常にモットーとしております。どんなこともあきらめない気持ちさえあれば乗り越えられると思っているからです。前職のカスタマーセンターのサポートセンターにて勤務をしていた際は、お客様の困難をあらゆる角度から推測し、絶対にできないとは言わず、可能な限りあきらめずにお客様困難を解決してきました。この対応はお客様からの評価は高く、自信を持って貴社でも活かせる経験であると信じております。』

職務経歴書の活かせる経験例その3

『私は5年間プログラマーとして、C、Java、PHP、Rubyなど、さまざまなソフトウェア開発サイトでの実践的な経験を通じて、多くの開発言語に対応することができます。 特に、Javaは自信を持っており、私の担当したJavaによって開発された特定ソフトウェアが多くのお客様に役立っていることを誇りに思っております。貴社ではさらなるJavaソフトウェアの拡張やその他の業務などに貢献したいと思っております。』

職務経歴書で使える活かせる経験の書き方のポイント

その1:話題は企業が求めているスキルを中心に書こう

どんなに良いエピソードや経験であっても、その大多数は未経験でない限りは前職での経験を志望する企業で企業が求めていそうな活かせる経験は、こんなのがありますよ。という話題を書かなければ話になりません。たとえば、プログラマーであれば自分が経験、担当、制作してきたアプリケーションの話や使用できるプログラミング言語などを書いてみましょう。

また、企業の求めている人物像や求めているスキルなどを事前にピックアップをして、自分の経験やスキルと照らし合わせ、経験談やスキルの話を盛り込むことによって、職務経歴書に書ける業務で活かせる経験として書くことができます。

その2:活かせる経験の話は客観的にする

主観的な話をたくさん盛り込んでしまうと「物事を客観的に見ることができない人なのでは?」と思われてしまいます。なるべく「自分の想い」よりも「客観的、他人からみた自分の経験」として書くと良い印象を持ってくれるはずです。自分の主観的な熱い想いは、一番最後に書くといいでしょう。

その3:具体的なエピソードを盛り込む

ただ「自分はやさしい人です」と書いただけでは、抽象的な言葉となってしまうので、「何をもってどうやさしいのか」という疑問が生まれてしまいます。職務経歴書に書ける経験には、経験としてはこんなことができて、それがどう人の役に立ったのかなどを書くことが大切です。

簡単にいってしまえば、その経験に対しての理由、結果を書くことに近いのです。いつ、どんな時に、誰と、どうしたのかと、起承転結さえしっかりしていれば、最後に「この経験は、貴社で活かしたいです」という締めくくりになります。自分の書きたいエピソード、活かせる経験を語る上では欠かせないことだと思います。

また、あまりにもエピソードが長くても採用担当者が読むのがダルくなってしまいますので、なるべく簡潔な起承転結のある経験エピソードを書いてみましょう。まずは自分の簡単なミニストーリーを書くように考えてみるといいでしょう。

その4:経験から学んだことを書いても良い

職務経歴書の業務に活かせる経験というものは、ただ経験したことを活かせますということだけではありません。未経験のことを経験してきたりして、結果そこで何を学んだのか何を得たのかも重要になってきます。この『経験から学んだこと』を書けるのは、未経験や新卒での部活エピソードでも使えるのが大きなポイントだと思います。

エピソードに盛り込んだ経験から学んだことをどのように企業で活かせるのか、どう社会や企業に貢献していきたいのかも具体的に書いておくと分かりやすいかと思います。

職務経歴書に書ける活かせる経験とは?

コツは何となく理解できましたでしょうか。「分かったけれども、具体的にどんなことを書いたらいいのか分からない!」「書けるエピソードがない」そんなこともあるでしょう。そこで、職務経歴書に書ける活かせる経験のネタをご紹介しましょう。

趣味で得た活かせる経験

趣味で得るものはかなり多く、経験から学ぶことも多いでしょう。特に好きこそものの上手なれというように、趣味で努力を重ね、結果的にその経験やスキルが仕事で活かせる経験として活きてくることもあります。何故か日本ではアニメや漫画から得た知識や経験、価値観などは良くないことになっていますが、よく考えてみれば外国の人は日本のアニメや漫画で学ぶことは多いようです。

しかし、仕事では価値観としての認識になるので、アニメ業界やゲーム業界などでの価値観やモットーなど新年面でのエピソードを書くのであれば多少は問題ないかもしれません。しかし、常識的に考えれば、ほとんどの人はアニメやゲームをすることはなく、仕事とはあまり関係がないので、おすすめは難しいです。

前職で得た活かせる経験

前職で仕事をしていた場合は、ぜひ前職での経験や知識、お客様とのエピソードを書いてみましょう。特にお客様相手の企業の場合は、お客様に喜ばれた、接客やサポート対応が前職で褒められたなど、仕事に対しての経験と結果を書くと良いでしょう。そして、その結果や経験が志望する企業に対してどう活かせるのか、具体的な目標も書きやすいため、前職で仕事をしていた際はおすすめの活かせる経験談だと思います。

グループで得た活かせる経験

グループで行動することが多い人にとっては、仲間との絆が深まったことを書くよりも、仲間との交流や仲間と何を達成したのか、どんな問題点が起きて、自分はそれをどう解決したのかなどを書くといいでしょう。グループと書いていますが、こちらはサークルや部活の大会出場や発表エピソードなどでもかまいません。

会社という場所は個々に仕事をしているわけではありません。部署や会社全体がチームなので、チームで仕事をするということに関しては、グループで協力して得た結果や経験は会社でも活かせると思います。特にチーム重視の企業がチームで仕事をすることを大切にしているのであれば、この経験談は効果的だと思います。

友人との交流で得た活かせる経験

日常生活をしていて友人が1人もいない…という人は難しい経験談ですが、友人との交流で困ったことや解決したこと、さまざまなことを学んだり、得ることはあると思います。その中で自分が印象に残ったこと、友人が喜んでくれたことなど、人の為に何かをしたという話でも良いと思います。この経験談は、グループで得た活かせる経験と似ています。

学生時代に得た活かせる経験

学生時代は、人生の約12年間ほどを学校で過ごしたり、学んだりすることが多いと思います。社会人と違い、時間のある学生時代で得た活かせる経験は多いことでしょう。学生時代の経験としての多いエピソードは、アルバイトの経験談が多いです。

確かに、仕事をしていれば仕事がどういうものか分かりますし、接客業などを経験していれば、活かせる経験として書きやすいからです。そういった意味では、学生時代に活かせる経験は、部活、サークル、大会、文化祭、学園祭などの協力することの多い行事などが、企業での活かせる経験としてのネタとして選ばれやすい理由でもあると思います。

活かせる経験を職務経歴書で作成する時のポイント

いくら活かせる経験から何かを学んだとしても、それがその企業や仕事で活かせなければあまり意味はありません。そのためにも職務経歴書に書く活かせる経験をアピールする時に気をつけたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

■ポイント1【職務経歴書にはただ数字を盛り込めば良いという物でもない】 職務経歴書に書く活かせる経験というものは、ただ数字を盛り込めば良いと思ってはいませんか。確かに数字は人を驚かせる効果としては大きいですが、文章面だけでは人を驚かせても、その数字がウソなのか本当なのか疑わしいということです。

具体的な数字が分かるのは、学生の時の通信簿や成績表で自分の経験から抽出した数字だとあまり信憑性は高いとは思わないでしょう。たとえば、営業職で「月の40%を売り上げた」とだけ書いても「ふーん、すごいね」という印象で終わってしまいます。どういうことをしたらその月の40%を売り上げたのか、その結果と経験から得たことは何なのかを書くことによって、その数字に信憑性を持たせることができます。

■ポイント2【職務経歴書にブランク、退職理由は前向きに書こう】 何らかの事情でブランクから仕事復帰をする人はいます。しかし、職務経歴書でブランクから仕事を復帰しようと思いますということを書いてしまうと「採用してもやめてしまうかもしれない?」「もしかして、仕事にやる気がない?」など悪い印象を与えてしまいがちです。

そのため、「ブランクの間に何をしていたのか」「自分に合う企業がなかなか探し出せず、就職に悩んでいたが、やっと自分の希望する企業に出会えた」「さらなる経験の積み重ねとしてのスキルアップに努めていた」など転職や仕事復帰などに対しての前向きな姿勢をアピールしましょう。

■ポイント3【その知識や技術を実務に活かせる経験になるのか】 どんなに知識や技術を持っていても、その知識や技術が発揮できた事例がなければ、ただの持ち腐れとなってしまいます。たとえば、未経験の場合であれば、現在はこんなソフトウェアの基本操作ができますとか、簿記の取得で仕事に活かせるような勉強をしてきたなど、自分の今の状況を経験として変換して書くことも良いと思います。ただ、その場合は未経験でしか使えない技なので、間違っても現場での経験が活かせる経験である場合は、その経験談を書くことが大切です。

■ポイント4【自分の得意なこと、モットーを活かせるスキルとして書く】 人には一つや二つ得意なことがあるはずです。たとえば「自分は人に気を配ることが得意です」とか「自分は人とコミュニケーションをとるのが好きです」など、自分の性格面での経験をエピソードとともにアピールすることも活かせる経験としては職務経歴書を書く上で使えると思います。

職務経歴書に書くことが何もなくて困っている時は、自己分析をして自分の性格から希望する職種や企業に貢献できそうなことをピックアップしてみましょう。そして、ピックアップした性格やモットーを元にその性格やモットーがどんなふうに企業に対して貢献ができるのか、企業の業務に活かせるのかなど、理由をひも付けしていきましょう。そうすれば、例え業務経験がない場合でも未経験募集の仕事では熱意として受け取ってくれるかもしれません。

■ポイント5【前職から違う職種に転職する場合は接点を】 前職から違う職種に転職する際はただ「興味があったから」「自分に合っていると思ったから」などでは採用者の目には止まりづらいです。確かに興味があったからその職種に応募するのは分かりますが、前職との接点やその職種に興味を持ったきっかけ、なぜ自分に合っていると思ったのかなどを書かなければ、どうして前職から違う職種に転職しようと思ったのか理由が分かりません。

職務経歴書を書いていて、どうしても理由が出てこない場合は「この職種なら家計を支えられると思った」「自分の収入目標に見合う職種でコミュニケーション力が活かせると思ったから」など、少々こじつけとなってしまいますが、職務経歴書に書けるような活かせる経験、無難な理由を少しでも付けておくといいでしょう。 そして、何よりも大切なことは「自分の志望している企業で働きたいんです」「自分のスキルを活かせば御社のお役に立ちますよ」という仕事や企業に対する想いと熱意を最後の文章や志望動機で締めくくりましょう。

採用担当の目に止まりやすい職務経歴書の作り方

どんなに良い職務経歴書を書いたとしても、採用担当の目に止まりやすい職務経歴書を作成しなければ、お祈りメールやお手紙が届きやすくなってしまいます。そんなことにならないためにも、職務経歴書の作り方をおさらいしておきましょう。

見やすさを重視するのなら、パソコンでの作成がおすすめ

誰でも読める美しい字であれば、職務経歴書の作成は手書きでも構いませんが、なるべくパソコンで作成したほうが手書きをする手間や時間も省けますし、印刷したい時や編集をしたい時におすすめです。また、パソコンで職務経歴書を作成すると、文書作成スキルのアピールにもなりますので、パソコンのスキルがあるとみられるので、事務系などは一石二鳥です。

読みやすいレイアウトと文字の大きさの意識も

職務経歴書をパソコンで作成する場合は、極端に文字が大きかったり、小さかったりしても読みやすいものをこころがけましょう。確かに文字が大きい方が読みやすいですが、同時にページ数が多くなってしまうというデメリットがあります。 職務経歴書の一般的なフォーマットとしては、紙の大きさはだいたいA4用紙が一般的なので、A4用紙に合う文字サイズとしては、大体10~12ptほどの大きさがちょうど良いでしょう。行間は60~80%ほどが見やすい行間とされています。レイアウトは一般的な職務経歴書のテンプレートなどを使うと便利でしょう。 文字サイズも設定されている場合がありますので、そのまま職務経歴書の内容を作成すれば、あっという間にできてしまいます。基本的にコレといった形式はなく、自由度が高い書類なのですが、もし自由に書くのは難しいと思う人は、テンプレートを配布しているサイトを探して自分で使いやすい職務経歴書のテンプレートを探してみましょう。

読み手のことを考えた文章を作成しましょう

自分がもし採用担当だったとしましょう。自分の主観のみを書いた主観的な職務経歴書と、客観的に自分のことが書かれたエピソードを盛り込んだ職務経歴書でしたら、どちらを選ぶでしょうか。正解としては後者のほうが選ばれやすく、また採用担当の目にも止まりやすい文章構成ともいえます。 また、読み手のことを考えた職務経歴書には、採用担当者の人が求めていそうな情報を盛り込み、長すぎず短すぎずバランスのとれたレイアウトや構成が必要になってきます。ごちゃごちゃと改行が少ない文字だらけで読みづらい職務経歴書だと「う~ん、この人は微妙だな」とあまり熱心に読まずに不採用となる場合もあります。 なるべく、活かせる経験を書きたいと思うのは良いことなのですが、あまりにもエピソードをたくさん盛り込んでも全部は読み切れないので、何かグっとくるようなエピソードや経験談を書くようにしていきたいものです。

職務経歴書と履歴書の違い

よく職務経歴書と履歴書を混同している人がいますが、それは全くの間違いです。確かに仕事についてのことや履歴を書くことは一緒なのですが、職務経歴書と履歴書の大きな違いは『仕事でこんなことができる自分をプレゼンテーション』しているかどうかです。履歴書の場合は、形式が確定していて、書ける項目の中で自由に書けるところは志望動機や希望することくらいです。 履歴書のみでの情報では採用担当者もどんな人かわざわざ会って話さなければならないので、職務経歴書を付けて下さいという企業は『どんな人なのか分からないので、自分の仕事スキルプレゼンテーションをしてみてください』と質問されているようなものなのです。そういったことを踏まえると、職務経歴書を書くにあたって様々なポイントが見えてくると思います。

職務経歴書は大切な自己PRの一つです

さきほども、お話しましたように職務経歴書は『自分はこういうことができる仕事プレゼンテーション』という物になるということ。つまり、自己PRの一つとなります。企業は仕事ができるかどうか、あなたがどういう人なのか、企業の一員としてやっていけるのかなど、あなたについての情報を知ってみたいのです。そして、企業の方針や業務の即戦力となるのであればあなたに会って話がしたいと思いますし、そうでなければ不採用とするまでです。 仕事をしてくれる人を募集のしているのですから、求める人材が企業の現状にとって優秀であるかどうかが分からなければ企業側も損をしてしまいます。応募が多数あるような企業では、いかに自分がどう企業に役立つのか、社会に貢献できるのかなどをアピールしなければなりません。その中で、採用担当者が「お、この人と会って話してみたいな」と思わせるような職務経歴書を書かなければ、なかなか面接への道は開かないでしょう。

仕事のプロジェクト事例は立場や成果を分かりやすく書きましょう

職務経歴書に各内容として、前職で大きなプロジェクトや大成功をおさめたプロジェクトなどの事例がある場合は、迷わずアピールしていきましょう。その際は、どのようなプロジェクトで仕事をしたのか、責任者であったとか、プログラムチームであったとかなど、自分がどのような立場であったのか、そしてその結果や成果はどうなったのか。 そこから何を得たのか、そのプロジェクト経験で学んだことが、どうだったのかなどを書きます。そして、そのプロジェクトによって得られた経験や学んだことを、志望している企業にどう活かせるのかなどを、分かりやすく書くことが大切です。

職務経歴書で自分を売り込もう

いかがでしたでしょうか。職務経歴書には、自分の情報を多くアピールできる大切な書類です。職務経歴書は分かりやすく、そして企業が知りたい情報を充実させていれば採用者の目には止まるはずです。「自分には仕事の経験が浅いから…」という理由で控えめに書かず、自分に今できることや前の仕事で得てきた物、経験、学んだことをしっかりと書いて、自分を売り込んでいきましょう。

自分のできることをどんどん売り込んでいけば、多少スキルや経験が乏しかったとしても、少なからずやいつかマッチングができる企業があるはずです。まずは「自分にできること」を探し出して、自分のセールスポイントをみつけてみましょう。方法は、自分を客観的にみることもいいですが、難しい場合は家族や友人などいつも自分を見てくれている人たちに聞いてみるのがおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング