IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】ゼネコンの志望動機の書き方と例文|履歴書・面接カード

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

総合建築業として知られている「ゼネコン」は、様々な分野の職に分かれていて、漠然とした理由だけでは採用も難しいかもしれません。では、どのように志望動機を考えればよいのか、今回は、ゼネコンの職種別に、志望動機を紹介したいと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ゼネコンとは総合建設業

「ゼネコン」とは、「ゼネラルコントラクター」の略のことで、土木建築や建築工事を、元請負者として直接請け負う、いわゆる総合建築業のことを言います。その職種は様々で、それぞれ国家資格が必要な職種もあったり、職種によって必要なスキル、知識、求められる人物像などが違って、漠然と、ゼネコンを目指す、という目的ではいけません。 あなたが、ゼネコンの、どの職種を目指すのか、しっかりと、職種別に調べて、希望している業者がどんな工事を請け負っているのかをリサーチすることから始まります。しっかりと、ゼネコンとしてなりたいこと、やりたいことのビジョンを見つけましょう。

ゼネコンの志望動機

大きなゼネコンの志望動機として考えられるのが、「物作り」に対する魅力を感じるところから入ることではないでしょうか。地図に残るような大きな工事に貢献したい、多くの人々と協力して大きな工事をみんなで成し遂げたい、など、ゼネコンとして志望動機を考えるために、必要不可欠な志望動機と言えるでしょう。 そのうえで、希望する企業がどんな工事を請け負っているのかをリサーチし、どんな工事をして、どんな人たちと、どんなものが作れるのかを知ることが、明確な志望動機を考えるコツと言えるのではないでしょうか。それでは、ゼネコンの志望動機を考えるための参考として、どんなものがあるのか、礼文を紹介していきます。

ゼネコンの志望動機例文

ゼネコンを志望する人の志望動機 ゼネコン志望者の志望動機について、いくつか具体例をご紹介しましょう。自身の希望や方向性と照らし合わせることで、ヒントが見つかるはずです。 「私が建設業界に興味を持ったのは、大きなものを作る、オンリーワンであるものを作るという業界のダイナミックさに惹かれたからです。そのために大勢の人を巻き込んで、多くの技術者たちと協力して仕事をすることにも魅力を感じています。」 「インフラや建物という人の生活や経済活動の環境を根幹から支えるものを造るために、設計力や技術力を生かして人々の暮らしに貢献していることの社会的役割の大きさに惹かれました。」 「もともとものづくりが好きだったことから、多くの人と関わって大きなものを作り上げる地図に残る仕事をしたいと思いました。そんな大きな仕事をしていくからには、徹底して取り組み、専門家としてやっていきたいと思っています。」

まずはやはり建築に携わりたいと思った理由から入るのが定石ではないでしょうか。建築に興味がなければ何も始まりませんし、建築は一人では絶対にできないことです。なので、人と協力することに魅力を感じていること、そしてそれをとことん突き詰めることへの魅了などがあるとよいでしょう。あなたが、ゼネコンを志望するのは、どんな志望動機があったのか、今一度、考えてみましょう。

次にスケールを考える

志望する企業の特性にあわせて志望動機をプラス 企業独自ともいえる特性に合った志望理由を加えると、志望動機に具体性が増します。「なぜ自社を選んだのか」が相手にとって明確になり、面接官に対し強いアピール力のある志望動機に仕上がるでしょう。いくつか、具体例を挙げておきます。 「PFI・PPPなどの公共不動産を活用した都市開発事業や市街地再開発事業に関心があり、そのノウハウを持つ御社に強く魅力を感じて志望しました。」 「ゼネコンの中でも、御社が情報システム構築に関するコンサルティングからシステム管理、メンテナンスまでを一貫して手掛けていることに魅力を感じました。システムインテグレーターの認定を経済産業省から受けている御社で、高い技術を身に付けて働いていきたいと考えています。」 また、リクルーター面談や大学のOB会などを体験する中で感じた魅力があれば、より強い気持ちを相手に伝えることができるでしょう。 「大学のリクルーターから話を聞き、御社の自由闊達な社風に惹かれました。」 「御社の現場見学に参加した際、現場にスケールの大きさと面白さを感じました。他のゼネコンと比較して、雰囲気の良さを感じた点も志望理由です。」 「社員の方からお話を伺った際、仕事に対する熱い思いを感じました。それだけ人を惹きつける御社の企業理念に、私自身も強く共感しております。」

出典: https://jobrass.com | 志望する企業の特性にあわせて志望動機をプラス 企業独自ともいえる特性に合った志望理由を加えると、志望動機に具体性が増します。「なぜ自社を選んだのか」が相手にとって明確になり、面接官に対し強いアピール力のある志望動機に仕上がるでしょう。いくつか、具体例を挙げておきます。 「PFI・PPPなどの公共不動産を活用した都市開発事業や市街地再開発事業に関心があり、そのノウハウを持つ御社に強く魅力を感じて志望しました。」 「ゼネコンの中でも、御社が情報システム構築に関するコンサルティングからシステム管理、メンテナンスまでを一貫して手掛けていることに魅力を感じました。システムインテグレーターの認定を経済産業省から受けている御社で、高い技術を身に付けて働いていきたいと考えています。」 また、リクルーター面談や大学のOB会などを体験する中で感じた魅力があれば、より強い気持ちを相手に伝えることができるでしょう。 「大学のリクルーターから話を聞き、御社の自由闊達な社風に惹かれました。」 「御社の現場見学に参加した際、現場にスケールの大きさと面白さを感じました。他のゼネコンと比較して、雰囲気の良さを感じた点も志望理由です。」 「社員の方からお話を伺った際、仕事に対する熱い思いを感じました。それだけ人を惹きつける御社の企業理念に、私自身も強く共感しております。」

どんな興味があって、この業界、つまり、ゼネコンを求めるのかが分かったところで、次の段階へ進みましょう。次は、企業ごとの特性に合わせた志望動機が必要になってきます。いくら大きいスケールの仕事を頭の中で描いていても、志望する企業が、そういった工事を請け負っていなければ、それは企業に対するリサーチが足りていない証拠ではないでしょうか。 現場に携わるゼネコンですから、もし機会があれば、直接企業からお話を聞いて、その企業がどういった理念で、どういった工事を請け負っていくのか、将来的に企業が抱いているビジョンなどを理解し、それにあった志望理由でなければ、仲間入りできる可能性は当然低いのではないでしょうか。 細かくその企業のやろうとしていることに共感した、ということが伝えることができれば、あなたが、ゼネコンで働きたいという志望動機の熱意が、履歴書でも、面接時でも、きっと伝わるのではないでしょうか。

ゼネコンの志望動機を考えるポイント

ゼネコンの志望動機を考えるポイントは大丈夫ですか?ここでいちど志望動機を考えるポイントをまとめましょう。まず、なぜ建築業、設計業に興味を持ったのか、それを自分のきっかけやエピソードを交えて、説得力ある志望動機を考えましょう。 そして、その志望理由に、今度は、企業ごとに分かれた理念や、今後のビジョン、請け負っている工事の種類から、何に共感して、その企業を希望するのか、将来的にその企業でどんなことがしたいのかを明確にしましょう。説得力ある明確な理由なら、ゼネコンという大きな総合建築業の中でも、面接などでブレことなく伝えることができるのではないでしょうか。

ゼネコンの職種一覧

ゼネコンは様々な職種に分かれているのは、先述で少し触れましたが、実際にどんな職種があるのか、理解していますか?建設行や工事の種類によって、必要な資格や、スキルは様々で、さらに明確に、あなたがゼネコンで働きたい、携わりたい工事が明確になるのではないでしょうか。 ここから、さらに強い志望動機を求めるのであれば、やはり、ゼネコンでこの企業の、こんな職種で働きたい、という気持ちをも必要になってくるのではないでしょうか。ゼネコンは、専門知識を持つプロフェッショナルの、集まりが、一丸となって成り立つ、総合建築業なのです。

設計

ゼネコンの職種にどんなものがあるかご存知ですか?設計や設備、施工管理から研究や開発など、実は様々に分かれています。設計の職種は、建築士などの資格を必要とした、職種で、発注者の望みを限りなく叶えて、それを設計図などでデザインしていく職種です。 自分のデザインした建物ができあがっていく様に魅力を感じ、やりがいを感じる方も多いとされる職種です。

次のページ:文系でもゼネコンに入れる
初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング