IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事の仕事内容・志望動機の書き方と例文|未経験/新卒など

書類選考・ES

今回は、電気工事士になるための志望動機の書き方について見ていきます。どのように志望動機を書いていけばよいか、会社側は志望動機や面接で何を見てくるのか、電気工事の志望動機の例文について詳しく紹介をしていきますので、電気工事士を目指す人は参考にしてみて下さい。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

電気工事士の仕事内容

電気工事士は家屋やビル、病院や工場などといった建物の電気設備の工事を行う人です。一般家庭のエアコン取付から送電線の工事まで、電気工事士と一口に言っても業務範囲がとても多いのです。会社によってどの業務内容を専門に行っているのかは異なります。 また、電気設備の工事だけではなく、設計から施工後の保全業務まで、電気設備に関わる全ての業務についても行われる事があります。電気工事は当然電気を取り扱うので、危険が伴う作業となります。そのため、電気工事士法という法律によって、特定の資格を有していなければ電気工事が出来ない事になってます。試験に合格をし、電気工事を行う事が出来る資格を持っている人を「電気工事士」と言います。

電気工事士の志望動機の書き方

電気工事士業界への就職・転職を実行するに当たり、志望動機をどのように書くかを考える必要があります。電気工事士業界の求人募集では実務経験と技能が最も求められる要素となります。そのため、電気工事士としての力量によって志望動機の書き方が必然的に変わってきます。電気工事士業界へ入るための志望動機の書き方について詳しく見ていきましょう。

実務経験があれば電気工事に携わって得たスキルや実績をアピール

電気工事士としての実務経験があれば、今までどのような業務に携わってきたのか、その業務に携わってきた事による実績などをアピールしていけば良いので、志望動機は比較的書きやすいかと思われます。電気工事士としてやってきた事とその結果を思い返し、紙に書き出してわかりやすく文章化してみましょう。 また、電気工事士以外に関連する資格を取得している場合はその資格をアピールし、それが電気工事士として活かせる事が出来たのであれば大きな強みとなります。仕事内容だけではなく、以前に在籍していた電気工事会社で作業責任者や班長といった立場にいた場合は、その経験とどのように現場を指揮したのかをアピールする事が出来ます。実務経験者の場合は、今まで自分が電気工事士として行ってきた事を全面に押し出してアピールをしていけばいいでしょう。

未経験者の場合は電気工事士として働く事の熱意をアピール

今までの説明を見る限り、電気工事士業界は実務経験者にしかチャンスがないように感じる方もいるでしょう。しかし、未経験者を積極的に採用をする電気工事会社も数多く存在しますので未経験者でも十分にチャンスはあります。 未経験者の場合は、電気工事士として働きたいという熱意をいかに志望動機で表れられるかが勝負の鍵となります。実務経験がない部分を「やる気」でカバーし、1日でも早く電気工事士として一人前になれるよう頑張っていきたいという姿勢が見られる志望動機を書いていきましょう。 実務は未経験だけれども第二種電気工事士を持っている場合は、電気に関する勉強を一通り行ったとみなされるため、大きなアピールポイントとなります。電気工事士として働く事を目標とするのならば、面接を受ける前に第二種電気工事士の資格を取得するというのもやる気を見せる1つの手です。

電気工事の志望動機や面接で見られるポイント

志望動機を作成するにあたり、採用する側である電気工事会社は応募者のどのようなポイントを重要視しているのかは気になるところです。会社側は志望動機や面接でどういった所を注意深く見ているのか、それがわかれば洗練された志望動機が書きやすくなるでしょう。会社側の視点に立って応募者のどのような所を気にして見ているのかを詳しく解説していきます。

実務経験の有無

これは先程も説明した通り、電気工事会社としては実務経験の有無やスキルを重視してきます。電気工事の現場は常に動いていますので、出来る事なら即戦力となる人材を欲しがるのは言うまでもありません。第一印象で実務経験がある人間とない人間を天秤にかけた場合、前者の方に目が行ってしまうものです。新しい人材を雇い入れるにあたり、どれだけの経験やスキルがあるのかは会社側が最も気にする要素であると言えます。

業務をこなす体力や根性の有無

これは特に未経験者に該当しますが、電気工事士の仕事は現場の終了時間がまちまちで、時には長時間労働になってしまう事もあります。また、体を使った仕事となるので体力が求められます。作業量や作業効率、作業スピードが求められる業界のため、それについていけるかどうかを志望動機や面接で見極めようとします。 もう1つ、電気工事業界の場合、未経験者は見習いからスタートする事が多いです。この見習い期間がとても厳しいもので、これに耐えられず早期で辞めてしまう人も多いのが現状です。こうした環境でも弱音を吐かず、一人前になれるよう努力できる人材が求められます。会社は未経験者に対しては電気工事の仕事を行うための体力は十分にあるか、厳しい見習い期間を乗り越える根性があるかといった要素を見てきます。

コミュニケーション能力の有無

電気工事の仕事は基本的にチームプレイです。1つの現場に作業責任者を中心に数名で作業に取り掛かる事が一般的です。そのため、電気工事士としての経験やスキルだけではなく仲間とのコミュニケーション能力が重要となります。特に電気工事は危険を伴う作業が多いため、仲間同士での安全確認や意思の疎通が必要不可欠となります。 また仲間同士だけではなく、現場によっては大工などの他の業者と合同で仕事を行う事があります。そのような場合も、他の業者と上手にコミュニケーションを取る事が出来ないと仕事が上手く進まなくなってしまいます。これらの理由から、会社側はコミュニケーション能力の有無についても注意深く見てきます。

電気工事士の志望動機例文

電気工事士の志望動機は実際どのように書けばいいのでしょうか。例文があればイメージをしやすくなりますので、ここでは実務経験者、未経験者、新卒の3パターンに分けて例文を紹介していきます。

実務経験者

私は○年間、○○電気で電気工事士として従事してきました。主に一般住宅やビルなどの新築物件の内線工事を行ってきました。私が行った最も大きな案件は○○ビルの内線新設工事です。内部の構造が複雑で配線するのが大変でしたが、チーム一丸となって無事故で完工しました。前職での経験を活かし、御社でも自分が持っている技能の全てを駆使し、内線配線工事を行っていきたいです。また、御社の技術を取得し、更なるスキルの向上にも努めていきたいと思います。

実務未経験者

私は今まで電気工事業に携わった事がなく、前職までは営業職として業務を行ってきました。元々電気関連のものに興味があり、学生時代は電気工作を作るのが趣味でした。その時にもっと電気の事を知りたいと思い、第二種電気工事士の資格を取得しました。仕事として電気には携わってきませんでしたが、今回の退職を機に第二種電気工事士の資格を活かした仕事がしたいと思い求人を探していたら、御社の募集に目が止まりました。御社の経営理念に共感が出来、さらには未経験者のフォロー体制がしっかりしている事に魅力を感じました。前職では営業職として各地を飛び回り、様々な方々と関わりを持ってきたので、体力とコミュニケーション能力においては絶対の自信があります。最初は先輩方の厳しい指導を受けながら少しずつ仕事を覚えていく形になるかと思いますが、前職で培った粘り強さで乗り越え、早く一人前になれるよう日々精進していきたいです。

新卒

私は平成○○年4月から現在まで○○高校の電気科に所属しています。電気の基礎から勉強をし、平成○○年○○月に第二種電気工事士を取得しました。電気の勉強をするたびに電気の事がどんどん好きになり、高校を卒業したら絶対に電気の仕事に就きたいと考えてました。私は負けん気が強い性格なので、もし貴社に入社できたのならば誰よりも早く仕事を覚え、先輩方を超える事を目標に頑張っていきたいと思います。積極的に体を動かし、技術の取得に努めていきます。

やりがいのある電気工事士を目指してみよう

いかがでしたでしょうか。電気工事士は経験者が有利になるのは当然ですが、未経験者でもやる気と根性があり、それを上手に伝える事が出来れば入社のチャンスがあります。どんな状況でも仕事を覚える貪欲さがあれば電気工事士としての可能性が広がります。 電気工事士は環境的に厳しい職業ですが、行ってきた事が形として目に見えて残るので、とてもやりがいのある仕事です。電気工事の世界に興味があるのならば是非とも挑戦をしてみて下さい。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング