IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

臨床工学技師に転職するには?|仕事内容・必要資格・志望動機例

更新日:2020年08月14日

職種研究

皆さんは「臨床工学技士」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容などであればまだしも、転職事情なんかはあまりイメージが持てないという方が多いのではないでしょうか。臨床工学技士の仕事内容から収入事情、そして転職事情についてご紹介します。

臨床工学技士の仕事内容とは?

医療機器のスペシャリスト

今日の医療では、精密な最新医療機器を用いなければならない治療が欠かせなくなっています。例えば人工透析・人工心肺業務などです。これらの治療を行うに当たり、医療機器の操作や保守管理などを行うのが臨床工学技士です。国立病院など大きな病院だけでなく、民間の透析クリニックなどでも求められています。 まだできて日が浅い資格ですが、次に述べるように非常に重要で、特定の医療業務においては欠かせないスペシャリストです。そのため、今後ニーズがどんどん高まっていくことが予想されています。

現在の医療業界で欠かせない仕事

かつては、医療業務においては医師が花形で、看護師がその補助をし、その他は裏方のような扱いと考えられていた時期もありました。ところが現代では人工透析など高度な医療を必要とする場面が増え、それに伴って医療機器の高度化が進んでいます。また医療事故も増えていますので、臨床工学技士を含めた医療スペシャリストによるチーム医療が必要になっています。 その中でも、臨床工学技士は、多様化する医療機器を正確に扱うスペシャリストとして大事です。患者だけでなく機械とも向き合う仕事ですので、機械が好きでそれを医療に活かしたい人の多くが転職を検討しています。

代表的な3種類の仕事内容

臨床工学技士仕事内容は多岐にわたりますが、転職を考えるに当たって、特にニーズの高い仕事内容について簡単にご紹介します。 1つめは「血液浄化業務」です。特に腎臓の障害で工透析の治療を受ける患者が増えていますので、その治療に必要とされています。人工透析になると血中の老廃物が正常に排出できないため、尿毒症等の予防のために人工透析機器を扱える臨床工学技士の活躍が必要です。 2つめは「人工心肺業務」です。心臓や肺の機能が衰えた患者に対し、人工心臓や人工肺を提供することで延命措置をする大事な仕事です。人工心肺にも体外型・体内型・完全埋め込み型などがあり、ポンプの種類も増えていますので、専門的な知識と技術を持つ臨床工学技士が欠かせません。 3つめは「呼吸治療業務」です。自力での呼吸が困難な患者に使われる人工呼吸器が正常に機能しているかどうかは、患者の生死に直結します。そのため、臨床工学技士による定期的なメンテナンスは大事な仕事です。 その他にも、「高気圧酸素業務」、「ペースメーカー」、その他各種医療機器の保守業務など、臨床工学技士の仕事内容は多岐にわたります。転職を考える時の参考になさってください。

臨床工学技士の収入はどのぐらい?

臨床工学技士の収入事情

臨床工学技士の仕事内容がとても魅力的であることはおわかりいただけたかと思います。しかし、やはり転職を考える上で収入がどのぐらいあるかは気になるでしょう。そこで、臨床工学技士の収入がどれぐらいになるかについてご紹介しましょう。 臨床工学技士の平均年収は、400万円台後半です。初任給は300万円弱ですが、30代以降で主任や技士長などにつくことによる役職手当や、透析業務などをすることで手当が付く場合もあります。そのため、透析クリニックへの転職は狙い目かもしれません。

勤務先による収入格差

上記の年収はあくまで目安です、実態としては年齢はもちろん勤務先によって収入は大きく左右されます。まず、国公立の病院に転職する場合には公務員扱いになるため、年収600万円前後と安定しています。 民間の病院や私立大学病院となると、経営事情によって年収は大きく左右されます。800万円ほど稼ぐケースもありますし、200万円台の年収に甘んじている臨床工学技士も少なくないです。 また、臨床工学技士は、仕事の性質から残業や夜勤・休日出勤が発生しやすいことは、転職前に抑えておきましょう。機械に不具合があった場合などは、勤務時間外であっても臨床工学技士が必要とされるからです。当然、残業手当などがつき収入アップにはつながりますが、厳しい仕事環境であることは知っておきましょう。 また、医療メーカーへの就職をするなら、病院などと転職する場合とはちょっと事情が異なります。患者と接触する機会がほとんどない替わりに、営業手腕が年収と大きく関わってきます。また夜勤が少なくなるのは魅力的です。ただし医療機器メーカーはJ&Jなど外資系が多いため、実力主義の環境で英語力が問われるケースもあるでしょう。

臨床工学技士へ転職するならここに気をつけよう

臨床工学技士の資格を取得しよう

他の医療業務と同様、臨床工学技士に転職するには資格試験に合格して免許を取る必要があります。まず、臨床工学科の4年生大学などを卒業している必要があります。働きながら4年生大学に通うのが困難な場合でも、夜間の臨床工学専門科に2年通うことで資格試験の受験に必要な学歴を得ることが可能です。 試験内容は、医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学及び医用機器安全管理学となっています。医学についての総括的な知識と共に、専門的な医療機器を扱うのに必要な知識が問われます。 臨床工学技士は医療資格のなかでは比較的資格取得率が高く、平成27年度実績で72.5%です。ただし、受験者数が年々増加している影響か、合格率は下落の一途をたどっています。

次のページ:臨床工学技士の転職を目指す前に確認すべきこと
初回公開日:2017年09月06日

記載されている内容は2017年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング