IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

繊維商社への志望動機の書き方と例文・求められるスキル

初回公開日:2017年05月23日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

日常生活には欠かせない原料を扱う繊維商社。原料を扱う分どのような、仕事なのかも少しあいまいな部分が多いですよね。いざ、志望動機を書こうとしてもどう書けばよいのかわからないそして、どう話せばよいのかわからない。今回は、繊維商社の志望動機の書き方などをご紹介します

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

繊維商社の志望動機は興味関心から掘り下げていく

毎日何かの形で関わっている繊維。例えば、あなたの着ている服や靴なども繊維からできていることが多いです。そのため、日常で必ず関わっているといっても過言ではない繊維ですが、実際何故、繊維に興味を持ったかと聞かれると答えるのに窮する場合が多いです。 そこで、まずなぜあなたが繊維業界に携わりたいのかを考えていく必要があります。初めのとっかかりは、どのような些細な事でも構いまいません。そこから、そのきっかけを掘り下げていき、どうして繊維業界で働きたいのかそして、どのように働いていきたいのかを考えていくことが、まず志望動機を考える上での第一歩になります。

過去の経験などからさらに志望動機に結び付けていく

繊維業界への興味や志望動機について、掘り下げていき、あなたがなぜ繊維業界で働きたいのかそして、繊維業界の魅力はどのようなものなのかを考えることができたれば、繊維業界を志望する理由については完成です。 そこからは、あなたが過去に行った部活動やサークル活動、アルバイトなどから、繊維業界でどのように結び付けていくのかを考えます。これらの活動は、例えばアパレル業界でアルバイトをしていて繊維に興味を持ったなどの直接志望動機に結びつくような経験があれば、ベストですが、別に繊維業界に直接結びつかない経験でも構いません。 あなたが、どのような活動に力を注ぎ何を学びそして何を身に着けたかを整理していき、それらの経験がどのように、繊維商社で生かすことができるのかを考えていき、志望動機にリンクをさせていけばよいのです。

繊維商社でどのように貢献できるのかを考える

そして、最後にあなたが、志望している繊維商社でどのような活躍ができるのかそして、どのように繊維商社に対して貢献することができるのかを考えます。会社も慈善活動を行っているわけではないため、あなたが入社をすることによってどのような貢献をしてくれるのかそして、どのように働いてくれるのかを期待して、採用を行います。 そのため、繊維商社の採用担当者も、繊維商社への志望動機についてももちろん興味はありますが、「あなたが会社に入ってどう活躍するか」ということに一番の興味を持っています。そして、どのように今後活躍できるのかそしてどのような部分であなたが繊維商社に対して貢献できるかについては、あなた自身が一番分かっています。 あなたは、繊維商社の採用担当者にその部分をアピールしなければなりません。人柄や経験など些細な事でも構いませんので、あなた自身の等身大の能力や経験を採用担当者にアピールするために、志望動機などを考えた後に、それらについて考えることができれば、繊維商社への志望動機はあらかた完成します。

繊維商社への志望動機例

繊維商社は様々な分野との取引があり、フィールドがかなり広い業界でもあります。ここから、繊維商社への志望動機の例をいくつかご紹介いたします。

繊維商社への志望動機例「なぜ繊維商社に行きたいのか」

繊維業界は、川上川中産業である、繊維の輸入から始まり川下産業であるアパレルメーカーや自動車などに使われる非衣料分野の繊維の卸まで様々な分野に携わることができます。そのため、ビジネスにおけるフィールドも広く、様々なフィールドで活躍をすることができるため、志望しました。 また、繊維商社の仕事内容も、様々な業界のネットワークを駆使して新たなビジネスを創造することができ、活躍できるフィールドは無限大にあり、自ら働きかけることによって、様々な分野で新たなビジネスを作り上げることもできことに魅力を感じて、志望しました。

これは、繊維商社を志望した場合の例文です。繊維業界は、活躍できるフィールドが他の繊維商社に比べると無限大にあるため、様々な業界と関わりをもつことができ、ビジネスの幅も非常に広いです。そのため、限られた範囲内で仕事をするというよりは、新たなあ世界に目を向けて仕事を行うことができる業界でもあるため、それに魅了をされて繊維業界を志望する方も非常に多いです。

繊維商社への志望動機「学生時代の経験をどう生かすのか」

私は、長期間のインターンシップで約一年間着地型観光の旅行商品の開発を行っていました。私の所属していた部門は新規の旅行商品の開発であったため、受け入れ先との調整やマーケティングリサーチなどを行い、どのような商品が顧客の興味を惹くのか日々試行錯誤をしながら、企画を行っていました。 マーケティングの段階でヒットをすると結論に至っても、結局ヒットしない商品なども多くあり、日々何がいけなかったのかを考えながら、試行錯誤をしてどのようにすれば、多くのお客様が興味を引くかを考えて、日々流行などにアンテナを張り巡らしながら業務をしてきました。 その結果、インターンシップの最後では、私が企画した商品がその月の売り上げが一になりました。この経験から、粘り強く日々試行錯誤をしていくことが成功への近道と言うことを学び、また日々新鮮な情報に触れることが大切であることを学びました。繊維業界においても、日々のトレンドなどには注目してどのようなものが売れるのかを考えていかなければなりません。この経験は、繊維商社でも生かせると考えています。

繊維業界においては、新たな良質な生地を研究して新たな商品を売るために日試行錯誤が続きます。これは、繊維商社でも同じことです。また、繊維商社ではデザイナーなどとのコミュニケーションなども大切になってくるため、日々の流行には敏感でなければなりません。そのため、粘り強さや努力をし続けることができるや流行や情報に対してアンテナを張っていることについて、アピールをすることは、繊維商社の志望動機においてはプラスに働く場合が多いです。

繊維商社の面接では業界動向について聞かれることも多い

繊維商社の面接やエントリーシートでは、なぜ繊維業界を志望したかなどの志望動機や学生時代に力を入れた事などだけではなく、繊維業界の動向について聞かれる場合も非常に多いです。 例えば、「今あなたが注目をしている繊維はどのようの繊維がありますか?」や「今後特殊繊維の需要が高まるとしてあなたはどのような分野に進出をすればよいと思いますか?」や「SPAなど今後衣類分野の取引が少なくなる場合はどの分野に力を入れるべきか」など、繊維業界についてかなり突っ込んだ質問をされる場合も多いです。そのため、企業研究だけではなく、業界研究もかなり深く掘り下げておくことが大切になってきます。

繊維商社の場合は特定の業界でなく幅広い業界知識を学んでおく必要がある

繊維商社の場合は、フィールドがかなり広いため、面接時も業界動向についても、広い分野の動向について質問される場合もあ多いです。それらの質問に対処をするためにも、フィールド関係なくかなり広い分野の知識を身に着けておくことで、質問に対処ができるようにしておくと、いざという時に、困ることなく面接でも対応することができます。

繊維商社の場合は英語力も必要

また、繊維商社だけでなく繊維業界は、海外との取引も多いため、英語のスキルは大切になってきます。そのため、繊維業界に入りたいと考えたら、業界知識だけでなく英語の知識なども身に着けておくことで、選考にプラスに働きます。また、繊維商社の場合は海外留学経験者も非常に多いため、英語力をつけておくことで、ライバルに差をつけることができるのは自明です。

繊維商社の魅力は活躍できるフィールドが広い

繊維業界の一番の魅力は活躍できる分野が広いということです。その分広い分野での情報収集が必要になってくるため、情報収集が得意な方には非常に向いている職業です。また、新たな、ビジネスを作りやすい環境でもあるため、今後新しいことがしたいと考える方にもマッチしています。 繊維と言う日常生活では欠かせない商材を扱っている分安定性もあるため、少しニッチな業界ではありますが、人気の業界です。

志望動機や履歴書で損してる?あなたは大丈夫?

「スキルや経歴には自信があるのに、転職活動がうまくいかない」 そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしかして、志望動機や履歴書のせいで落とされているかも! じつは、履歴書や志望動機は採用の大きな材料となっているんです。なぜなら、企業はすべての人とは面接することができないからです。 履歴書や志望動機が微妙だと、そもそも面接にも進めないこともあるうえに、ネガティブなイメージで面接がはじまることもあります。 「志望動機がしっかり書けているか不安…」「なんとなくそれっぽいように書いてる」 そんなあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントでは、履歴書の添削から志望動機の推敲まで、転職活動に必要なことは何でも相談可能です もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング