IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

保育士の職務経歴書の書き方・例文|採用担当が見る経歴のポイント

書類選考

職務経歴書は履歴書とは違い特別な決まりが無く、フォーマットからすべて作成者が独自に考えて記入しなければなりません。では、どのように掛けば保育士として採用担当者へアピールできるのでしょうか。失敗しない保育士の職務経歴書の書き方を紹介します。

更新日時:

「職務経歴書」の書き方の基本

職務経歴書と履歴書はそれぞれの役割を持っています。履歴書は氏名・住所・保有資格など、自身の基本的な情報をまとめた書類です。職務経歴書は、今までの就業先の情報や業務内容を詳細にまとめた書類で、「具体的にどのような経験をしてきたのか」「どんな姿勢で仕事に取り組んできたのか」「仕事に意欲・熱意をもっているのか」などを採用担当者の方が見るためのものです。 面接で余すこと無くすべての経歴を話すのはとても難しいので、職務経歴書でしっかりとこれまでの経験をアピールしておくと、万全の状態で望むことができるでしょう。

職務経歴書を書く時に心がける部分

履歴書は主に手書きで記述することが多いですが、職務経歴書は一般的にはパソコンで作成するのが主流です。記載する情報量が履歴書と比べて多くなるのと、パソコンの基本操作ができるということのアピールも兼ねています。 定まった形式はありませんが、基本的にはA4用紙で1、2枚でまとめるようにしましょう。注意点としては誤字脱字、略語を使わず正式名称を使う、長文表記を避けて見やすさを重視するなど、読み手に配慮して書くことを心がけると良いでしょう。また、各項目は見出しをつけるとより見やすくなります。

保育士に応募するための職務経歴書の書き方

過去に保育士の経験がない人は、志望動機や自己のPRを書いたとしても、採用担当者へ伝わるかどうか不安を感じるでしょう。しかし前職の経験や業務内容から保育の仕事に結びつける内容に仕上げれば問題ありません。職務経歴書は自身を持って書くことが大切です。 また他園に転職するかたも初めての職務経歴書を書くのは困難に感じる方も以下のポイントを踏まえておけば大丈夫です。

作成する前に経歴を整理しておく

職務経歴書はあなたの今までの経歴を簡潔にまとめ、アピールするための書類です。整理しないまま書き始めてしまうと長文になってしまい、結果的に必要な部分がアピールできなかったり、自分自身でも気づいていない長所を逃してしまったりと、損してしまうこともあるでしょう。まずはどんなことでも良いので、紙に箇条書きですべて書き出してみることが大切です。

保育士の職務経歴書に書き込むスキルや職務内容

今までの職歴や保有している資格、得意な分野やスキルを記入していきましょう。過去に保育士として勤務したことがある人は、職務内容を記入する際に保育園の形態、園児の定員、雇用形態や職種なども忘れずに記述しておきましょう。

スキル

自身が得意とする分野・スキルを記載していきましょう。箇条書きでも大丈夫です。 【記入例】 得意分野/スキル ・ピアノ ・運営全般 ・リトミック また、保有している資格も取得しておきましょう。こちらも箇条書きで問題ありません。 【記入例】 取得資格等 ・200☓年 保育士免許 ・200☓年 チャイルドマインダー資格

職務内容

職務内容には経験した業務を記載していきましょう。得意分野・スキルの時と同じように箇条書きで大丈夫です。 【記入例】 200☓年4月~201☓年3月 社会福祉法人 ◇◇会 入職 [事業内容] 保育業の運営 [雇用形態] 正社員 [職  種] 保育士 [業務内容]  200☓年4月~201☓年3月 ◎◎保育園に配属 (△△市認証保育園 園児数:○○名 従業員数:□□名) ・0~2歳児のクラスを担当 ・行事の企画・立案 ・200☓年度より主任に昇格

保育士の志望動機や自己PR

志望動機や自己PRはこれまでの経験から業務に活かせる内容をアピールしましょう。また、自己のアピールだけでなく、採用担当者の方へ保育の仕事に対して自分が持っている真剣な気持ちを伝えることを心掛けておくと、より良くなるでしょう。簡潔で見やすくまとまった文章を意識して書く、特に伝えたい部分は括弧などを使って強調するなど、自分なりの工夫も大切です。

志望動機の例

志望動機の例をご紹介します。以下の例はあくまで参考程度にして、実際に自分の言葉で書きましょう。

【例1】 私は保育士として、以前に園児数○○名という規模の園で△年勤務しておりました。仕事には日々情熱を持って取り組んでいましたが、勤務を続ける内に「子どもたち一人ひとりに寄り添った保育がしたい」と考えるようになりました。 貴園では小人数の保育を実践されており、家庭的保育を目指されている旨を募集要項やホームページで拝見いたしました。貴園でならば、希望する保育を実践することができるのではないかと感じ、志望させていただきました。

【例2】 保育士を目指したきっかけとして、幼少期にいとこが生まれたことです。その子に関わり成長を見ていくうちにもっと多くの子供達の成長に関わって見守っていきたいと考えるようになりました。私が貴園を志望したのは、園内で遊ぶ子どもたちと先生をみて、まるで家族のように仲がよく好印象を受けたからです。それは自分の目指す保育士の姿だと感じました。

自己PR例

自己PR例をご紹介します。志望動機の例と同じく参考程度にして、実際に自分の経験や体験を盛り込んで書きましょう。

【例1】 保育士として○年間勤務し、さまざまな月齢の子どもたちと接してきました。日々保育に関わる中で、「相手の気持ちを考えること」を大切にし、子どもたちが何を考えているかを理解することで子どもたちに寄り添うことができ、信頼関係を構築できるからです。子どもたちのケンカは日常的に起こりますが、子どもたちには必ず「相手の気持を考えてもらい」、解決に導いてます。

【例2】 前職では営業職に勤めていたので、さまざまな職種や立場の方々と関わってきた経験から、「どんな場面でも笑顔で明るく」対応できます。また培ってきたコミュニケーション能力を職場の人間関係や保護者対応に活かせると思います。未経験ではございますが、資格取得で学んだ知識を元に、保育士として「子どもたちの成長」、「保護者の子育てに寄り添っていくか」など、日々学んで成長していきたいと考えております。

保育士としての経験年数別のポイント

【新卒・未経験の場合】 保育士としての職務経歴の少なさは一見すると不利に感じることもあるでしょう、逆に経験が深いと新しいやり方に順応できないことがあるため、未経験の方を求める園もあります。新卒や未経験の方は「明るさ」や「素直さ」、「何があっても頑張れる意志の強さや決意」などの人柄をアピールしてイメージアップを心がけましょう。 【経験5年未満】 実務の保育に慣れている、他の園に慣れきってしまう前ということで、保育士として柔軟に動ける人材であり即戦力としても期待できる部分がアピールポイントです。加えて素直さやチームワークが得意などの人柄の良さも十分にアピールしていくと良いでしょう。 【マネジメント経験あり】 長年勤務してきた方は即戦力としてはもちろん、若手の保育士の育成といったマネジメントに関する経験が評価の対象となります。具体的な数値を上げつつ、どのようにして部下の指導などにあたってきたのか、その経験をどう活かしたいかなどをアピールするかが重要です。

採用担当者が見る職務経歴書のポイント

【どんな業務を経験したのか?】 過去の業務内容から、採用担当者が「どういった仕事が出来るのか」「どのような業務内容を任せることができるのか」を見分けるポイントになります。ここで大切なのは「○○ができないからダメ」ではなく、「いま現時点で何ができるか」というところなので、ちょっとした事でもアピールした方が良いでしょう。

【どんな形態の施設で働いていたのか?】 「どのような施設でどのような子どもたちと接してきたのか」を採用担当者に理解してもらうために重要なポイントです。保育の現場はさまざまで、認証園・認可保育園・託児所などの施設形態、対象の園児の年齢や施設の定員数などによっても業務内容や経験は違いますので、しっかりと丁寧に記載しましょう。

職務経歴書が出来上がったら

記入内容に誤字脱字がないか、しっかりとチェックしましょう。また一度見直してみて、読みづらい、分かりづらい点がないか確認しておくことも大切です。提出前にはコピーをとって手元にも置いておくと、面接直前の確認や次回以降の応募に役立ちます。

職務経歴書のフォーマットについて

形式などは決まっていませんが、職務経歴書をレイアウトも含めてゼロから自作するとなると手間がかかります。インターネット上にはこういった業務用の書類のテンプレートなどを無料で公開しているところがありますので、ぜひとも活用しましょう。

保育士向け職務経歴書の見本

職務経歴書の書式テンプレート

今までの自分の経歴をしっかりと整理することが大切です

職務経歴書を書く際は自分のこれまでの経験を客観的に振り返り、しっかりと整理することが大切です。合わせて自分がどういった人間なのか、また保育士という仕事に対してどれだけの情熱を抱いているのか、しっかりと確認して自信を付けることで、面接の準備にもつながっていくことでしょう。

関連タグ

アクセスランキング