IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

客室乗務員の志望動機の書き方と例文|新卒/専門学生/既卒の場合

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

皆さんは、「客室乗務員」と聞いてどんな志望動機が相応しいかご存知でしょうか?おそらく、どんな志望動機が望ましいかまでは知らないという方がほとんどだと思います。今回はそんな「客室乗務員」に相応しい志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

自分のマイナス面については触れない ~専門学校生・新卒者~

確かに、プラスの面ばかりを志望動機に書いたり、アピールするのは相手に不信感を与えるポイントにもなりますが、それ以上に自分のマイナス面について相手に言ってしまうといったことは避けましょう。正直な話、どんな仕事においてもどんな人であっても、仕事に携わり始めたら欠点やマイナス面というのはでてきます。 しかし、そんなことは面接官や採用担当者からすればわかっていることなのです。にもかかわらず、そういったことに関する話をするのであれば、今現在その人がどんなことができるのか、またその職種でいうとどのくらいのレベルに達しているのかがわかる判断材料を提示することの方が重要になってきます。 そのため、志望動機において自分のマイナス面は一切書かないようにしましょう。特に、専門学校生が新卒者として就職を希望する場合、経験がない分不安から自分の欠点をさらけ出したくなる傾向にあります。そのため、専門学校生は特に注意しましょう。

「対応力」があることをアピールする ~社会人・既卒者~

最後に、客室乗務員の仕事への志望動機や面接において問われることについてご紹介したいと思います。客室乗務員の仕事への志望動機や面接の場合は、他の仕事の場合よりも「対応力」があるかないかが問われるポイントになります。 客室乗務員の仕事は主にお客様を相手にする業務を中心にこなすことになります。こういったサービス業の場合、もちろんあらかじめ用意されたマニュアルに則ってこなしていくことが基本になりますが、お客様は十人十色です。つまり、その人その人によって要求していることは異なります。 このように、マニュアルには当てはまらない事態にも慌てずに、冷静に判断できる力と、その場その時に適切な対処がスムーズにできるような「対応力」が客室乗務員の仕事への志望動機や面接において重要なポイントになるのです。 特に、この「対応力」というのは履歴書や面接カードでは判断しにくい能力になるので、面接の際に面接官から問われる質問などに対する返答の仕方が大きな判断材料とされるので、面接の際の志望動機にも十分な対策をを施して臨みましょう。

工夫次第でより良い志望動機は作れる

いかがでしたでしょうか?今回は「客室乗務員」の志望動機の書き方について様々な観点から見てきました。 志望動機の書き方における注意すべき点はいくつかありますが、施すことのできる工夫に関しては限界はありません。そのため、もし客室乗務員への就職や転職を考えている場合は、様々な工夫を凝らしてより良い志望動機を完成させましょう。

初回公開日:2017年05月16日

記載されている内容は2017年05月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング