IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

客室乗務員の志望動機の書き方と例文|新卒/専門学生/既卒の場合

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

皆さんは、「客室乗務員」と聞いてどんな志望動機が相応しいかご存知でしょうか?おそらく、どんな志望動機が望ましいかまでは知らないという方がほとんどだと思います。今回はそんな「客室乗務員」に相応しい志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

「客室乗務員」の志望動機の書き方

皆さんは「客室乗務員」と聞いて、もし自分が客室乗務員に就職や転職を希望する際に、どんな志望動機を書くのが相応しいかイメージできますか?おそらく、客室乗務員の仕事の主な業務内容についてならまだしも、客室乗務員への就職や転職の際の志望動機をどのように書けば良いのかについてまで知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんな「客室乗務員」への就職や転職を希望する際の志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

まずは「客室乗務員」の仕事内容を確認し、求められることを見極めよう

接客業の経験をアピールしよう

先ほどご紹介したように、客室乗務員の仕事にはこれといって専門的な知識は必要とされません。しかし、その分サービス業の中でもより高度な接客技術を求められます。そのため、もし接客業に携わった経験がある方であれば、志望動機に接客業の自己体験を生かすように心がけましょう。 また、最近ではグローバル化に伴って国際線・国内線に関わらず、年々外国人の利用客が増加しているため、言語が堪能であるということも客室乗務員に求められる能力の一つになります。

「客室乗務員」の志望動機の例文

ここからは、「客室乗務員」の仕事への志望動機の例文について見て行きたいと思います。以下に、「客室乗務員」の仕事への志望動機の例文をいくつか挙げてみました。

志望動機例文①

志望動機例文②

私は、学生時代に○○に留学をしていました。そこで、友人やホームステイ先のご家族など多くの外国の方とコミュニケーションを交わすことで、外国の文化や人柄に関して非常に多くのことについて学ぶことができました。 こういった経験を通して、自分も国際的な仕事に携わっていきたいと感じ、貴社で客室乗務員としての業務をこなしていきたいと思いました。また、留学で培った英語力を生かしながら仕事に臨みたいと思います。

志望動機の書き方

今後その会社で自分が取り組みたいことについて書く ~社会人・既卒者~

客室乗務員の仕事への転職や就職の際の志望動機に関わらず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。 さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。 そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。特に、すでに社会人で客室乗務員への就職や転職を希望する場合は、専門学校から新卒者として就職する学生たちと比較すると、大きなブランクがあるとみなされるので、その分明確なビジョンとその理由、そしてそれによって生まれるメリットについて語り、相手に納得させなければ難しいです。

初回公開日:2017年05月16日

記載されている内容は2017年05月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング