IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

客室乗務員の志望動機の書き方と例文|新卒/専門学生/既卒の場合

転職ノウハウ

皆さんは、「客室乗務員」と聞いてどんな志望動機が相応しいかご存知でしょうか?おそらく、どんな志望動機が望ましいかまでは知らないという方がほとんどだと思います。今回はそんな「客室乗務員」に相応しい志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

更新日時:

「客室乗務員」の志望動機の書き方

皆さんは「客室乗務員」と聞いて、もし自分が客室乗務員に就職や転職を希望する際に、どんな志望動機を書くのが相応しいかイメージできますか?おそらく、客室乗務員の仕事の主な業務内容についてならまだしも、客室乗務員への就職や転職の際の志望動機をどのように書けば良いのかについてまで知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんな「客室乗務員」への就職や転職を希望する際の志望動機の書き方について様々な観点から見て行きたいと思います。

まずは「客室乗務員」の仕事内容を確認し、求められることを見極めよう

実際に「客室乗務員」の仕事への志望動機を考える前に、まずは「客室乗務員」の仕事が具体的にどんなものなのかをしっかりと把握し、そして主な業務において従業員にはどんなことが求められるのかを見極めるようにしましょう。 客室乗務員の仕事は、大きく分けて「機内サービス」と「保安管理」の2つに分けられます。 「機内サービス」というのは、乗客に機内で安心かつ快適に過ごしてもらえるように、乗客一人ひとりの様子に気を配りながら食事やドリンクの提供などを行います。また、離着陸の注意事項や非常時の説明、機内食や新聞、雑誌、毛布の配布と回収、免税品の販売なども行います。簡単なカクテルを作ったり、子どもの世話をしたり、乗客からの問い合わせに対応したりと、リクエストはさまざまですが、できるだけ応えるように努めます。 「保安管理」というのは、乗客の安全を守る業務になります。日常的に機体に異常がないかなどの安全確認をすることと、緊急時には乗客の安全を守るため、迅速かつ適切な対応をとることが求められます。 機内で何かトラブルが起こった際の対応は、客室乗務員の大切な役割となります。急病人への救急処置、天候の悪化時の機内の安全確保、ハイジャックや緊急着陸時の乗客誘導など、空の上という特殊な場所で、乗客の安全を守るために、非常時に冷静に対応をしなければなりません。

接客業の経験をアピールしよう

先ほどご紹介したように、客室乗務員の仕事にはこれといって専門的な知識は必要とされません。しかし、その分サービス業の中でもより高度な接客技術を求められます。そのため、もし接客業に携わった経験がある方であれば、志望動機に接客業の自己体験を生かすように心がけましょう。 また、最近ではグローバル化に伴って国際線・国内線に関わらず、年々外国人の利用客が増加しているため、言語が堪能であるということも客室乗務員に求められる能力の一つになります。

「客室乗務員」の志望動機の例文

ここからは、「客室乗務員」の仕事への志望動機の例文について見て行きたいと思います。以下に、「客室乗務員」の仕事への志望動機の例文をいくつか挙げてみました。

志望動機例文①

客室乗務員のお仕事を通して、私が理想としている女性像に近づけると思っているからです。 私は様々な人と触れ合い、多くのことを経験し、ある一つの物事に対してあらゆる視点から考えることのできる女性になりたいと思っております。そんな女性に近づくために、客室乗務員はぴったりのお仕事ではないか考えています。 機内には様々な国籍、文化、バックグランドを持ったお客様が沢山いらっしゃいます。そんなお客様と、保安とサービスというお仕事を通して、触れ合うことで、人間として成長していけるのではないかと考えております。 また、アルバイトの経験を通しまして、接客業にやりがいと興味を持ちました。機内という限られた空間、時間、物資の中、様々なお客様にサービスを提供するというお仕事はとても難しい業務であると思います。しかし、だからこそお客様に安心で快適な空間を提供するため、サービスの工夫・向上に力を入れることができる、とてもやりがいのある素敵なお仕事であると思っております。 晴れて御社に入社できましたら、御社の客室乗務員として、多くの方々と触れ合い、多くのことを学び、自分を磨いていきたいです。

志望動機例文②

私は、学生時代に○○に留学をしていました。そこで、友人やホームステイ先のご家族など多くの外国の方とコミュニケーションを交わすことで、外国の文化や人柄に関して非常に多くのことについて学ぶことができました。 こういった経験を通して、自分も国際的な仕事に携わっていきたいと感じ、貴社で客室乗務員としての業務をこなしていきたいと思いました。また、留学で培った英語力を生かしながら仕事に臨みたいと思います。

志望動機の書き方

今後その会社で自分が取り組みたいことについて書く ~社会人・既卒者~

客室乗務員の仕事への転職や就職の際の志望動機に関わらず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。 さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。 そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。特に、すでに社会人で客室乗務員への就職や転職を希望する場合は、専門学校から新卒者として就職する学生たちと比較すると、大きなブランクがあるとみなされるので、その分明確なビジョンとその理由、そしてそれによって生まれるメリットについて語り、相手に納得させなければ難しいです。

自分のマイナス面については触れない ~専門学校生・新卒者~

確かに、プラスの面ばかりを志望動機に書いたり、アピールするのは相手に不信感を与えるポイントにもなりますが、それ以上に自分のマイナス面について相手に言ってしまうといったことは避けましょう。正直な話、どんな仕事においてもどんな人であっても、仕事に携わり始めたら欠点やマイナス面というのはでてきます。 しかし、そんなことは面接官や採用担当者からすればわかっていることなのです。にもかかわらず、そういったことに関する話をするのであれば、今現在その人がどんなことができるのか、またその職種でいうとどのくらいのレベルに達しているのかがわかる判断材料を提示することの方が重要になってきます。 そのため、志望動機において自分のマイナス面は一切書かないようにしましょう。特に、専門学校生が新卒者として就職を希望する場合、経験がない分不安から自分の欠点をさらけ出したくなる傾向にあります。そのため、専門学校生は特に注意しましょう。

「対応力」があることをアピールする ~社会人・既卒者~

最後に、客室乗務員の仕事への志望動機や面接において問われることについてご紹介したいと思います。客室乗務員の仕事への志望動機や面接の場合は、他の仕事の場合よりも「対応力」があるかないかが問われるポイントになります。 客室乗務員の仕事は主にお客様を相手にする業務を中心にこなすことになります。こういったサービス業の場合、もちろんあらかじめ用意されたマニュアルに則ってこなしていくことが基本になりますが、お客様は十人十色です。つまり、その人その人によって要求していることは異なります。 このように、マニュアルには当てはまらない事態にも慌てずに、冷静に判断できる力と、その場その時に適切な対処がスムーズにできるような「対応力」が客室乗務員の仕事への志望動機や面接において重要なポイントになるのです。 特に、この「対応力」というのは履歴書や面接カードでは判断しにくい能力になるので、面接の際に面接官から問われる質問などに対する返答の仕方が大きな判断材料とされるので、面接の際の志望動機にも十分な対策をを施して臨みましょう。

工夫次第でより良い志望動機は作れる

いかがでしたでしょうか?今回は「客室乗務員」の志望動機の書き方について様々な観点から見てきました。 志望動機の書き方における注意すべき点はいくつかありますが、施すことのできる工夫に関しては限界はありません。そのため、もし客室乗務員への就職や転職を考えている場合は、様々な工夫を凝らしてより良い志望動機を完成させましょう。

関連タグ

アクセスランキング