IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

小売業への志望動機の書き方と例文|新卒時の志望動機の考え方

更新日:2022年08月18日

書類選考・ES

小売業の志望動機に悩む方は多いと思います、どの会社でもいいと思ってしまったり、どうしてその会社を選んだのかと聞かれると、答えづらいと思います。今回はそんな小売業への志望動機の書き方、新卒や転職の際の志望動機を、例文を交えながら解説していきます。

新卒が考えるべき小売業の志望動機

就職活動をする学生の方に非常に多い悩みが「志望動機が特にない」、「明確な志望動機が思いつかない」といったことです。こうした悩みを持った学生さんは多く、多くの学生さんは志望動機の作成に頭を悩ませています。しかし、考える事は新卒でも中途採用でもあまり変わりはありません。 上記したように「なぜこの会社に入りたいのか」、「なぜこの仕事をしたいのか」、「なぜこの業界を選んだのか」を考えればいいのです。その上で、新卒ならではの理由を混ぜ合わせ、あなただけの志望動機を作っていきましょう。

小売業界に何を貢献できるかを考える

企業は人を求めています。企業の面接担当者は「この人が当社に何を貢献してくれるのか」を見ています。あなたが何を貢献できるかはあなた自身が一番分かっているはずです。あなたの持っているスキルや特技、人柄など些細なことでも結構ですので、何を小売業界に貢献できるか、どう貢献できることから志望動機を考えてみましょう。

過去の経験から考える

経験といっても小売業界に直結する経験でなくて結構です。アルバイトや留学、クラブ活動など何でも結構です。あなたが過去に一生懸命に取り組んだこと、その中で何を学んだのか、そして、その学んだことをいかに小売業界に貢献できるかを考えましょう。

興味、関心から考える

今あなたがこの記事を読んでいるということは、少なくとも小売業界に興味や関心があるということです。その興味や関心を掘り下げ志望動機に変えましょう。なぜ小売業界に興味があるのか、小売業界ならではの特色は何か、他の業界にはない魅力は何なのか、など深く掘り下げ、あなたオリジナルの志望動機を考えてみましょう。

小売業界は明るい人を待っている

小売業界は今後、時代と共にどんどんとその形を変えていくでしょう。例えば、スーパーマーケットでは、取り扱う商品も日々変わってきています。常に新しいものを取り入れる柔軟性や、接客に向いている元気の良さ、そして小売業界やその企業への熱い思いを志望動機に盛り込みましょう。 自身の過去の経験から「これができる!」という事を全面に出し、会社にどう貢献できるかを中心に考えるとよいでしょう。採用担当者はいつでも「自社に長く貢献してくれる人材」を求めているという点を忘れてはいけません。 志望動機は内定が左右する大きな要素です。マニュアル通りにするのではなく、あなたらしさが伝わる志望動機で、小売業界への内定を勝ち取っていきましょう。

初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング