IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

郵便局の志望動機の書き方・例文|雇用形態別/ケース別/ポイント

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

郵便局への就職や転職を考えた場合、志望動機をどのようにして書けば良いのか悩みどころですよね。今回は、郵便局の雇用形態別の志望動機の書き方、郵便局への就職の成功率を上げるポイント、職種・業務別志望動機の例文を紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

郵便局の運営は日本郵便株式会社が行っている

郵便局は全国に設置され、郵政事業が行われている機関です。郵便局は国の期間で、郵便局員は公務員のように見えますが、日本郵便株式会社という一般企業が郵便局の運営を行ってます。当然郵便局員も民間企業の会社員という事になります。以前は日本郵政公社という国営法人が郵便局の運営を行っており、郵便局員も公務員という身分でした。 しかし2007年に郵政民営化が行われ、日本郵政株式会社及びその下に郵便局株式会社、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険の4つの事業会社が発足されました。この時は郵便局株式会社が郵便局の運営を行ってました。 さらに2012年に郵便局株式会社が郵便事業株式会社を吸収合併し、商号が日本郵便株式会社となり、日本の郵便事業を担う存在となりました。現在では日本郵政株式会社を中心に、日本郵便株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険の3事業からなる日本郵政グループが従来の日本郵政公社が行っていた業務を引き継いでます。 郵便局は先述の通り、日本郵便株式会社の管理下で運営をされており、全国の郵便業務を担ってます。郵便局ではその他に、ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険などのグループ会社からの委託を受け、貯金や保険の販売やサービスを展開してます。郵便局は日本郵政グループ全ての業務の窓口となっています。

郵便局への志望動機の書き方

就職活動全体に言える事ですが、就職や転職を成功させるためには明確な志望動機は必要不可欠です。郵便局への就職・転職を考える際も例外ではなく、志望動機を用意する事は必須です。就職・転職に重要となる志望動機ですが、郵便局を志望する場合はどのような志望動機を作成すればよろしいのでしょうか。その書き方について解説していきます。

正社員の場合

郵便局で正社員というと、「地域基幹職」と呼ばれる職責に該当します。これは将来的には郵便局長や役職者候補となるもので、各ブロック内のエリアごとでの転勤があります。この事から、郵便局の中でも管理を任される立場になる職種となります。 そのため、志望動機は「この業界に興味がある」といった曖昧なものでは通用しません。将来的にはどのような立場になりどのような仕事をしていきたいのかといったビジョンを明確にしておく必要があります。 また、中途採用という形で郵便局への転職を考えている場合は、前職で何をやってきてどれだけの実績を作り上げたのかをアピールする事も大事です。郵便局と直接の業務に関わらない事でも、これだけ頑張って成果を生み出すことが出来る人間である事を積極的にアピールをしていきましょう。

契約社員の場合

アルバイトの場合

郵便局では郵便物の仕分けや配達・集配のアルバイトを募集する事があります。通年のアルバイトもありますが、特に年賀状シーズンになると短期間のアルバイトが多く募集されます。 アルバイトでも当然志望動機は必要となりますが、正社員や契約社員ほど難しく考える必要はありません。「郵便局の仕事に興味がある」「体力に自信がある」といった要素を上手く文章で表現出来るように考えれば大丈夫です。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

郵便局への就職の成功率を上げる志望動機作成のポイント

志望動機を作成するに当たり、自身のアピールを行うだけでは志望動機の中身がスカスカになりがちです。そうなってしまうと、他のライバルの志望動機との差がつかなくなってしまいます。 採用担当者の目を惹き付ける志望動機を作成するためにはもう1つスパイスが欲しいところです。自分をたくさんアピールした志望動機をさらに良いものにするためにはどのような事を行えばよいのか、そのポイントについて説明していきます。

日本郵便の企業情報を熟読する

1つ上のより良い志望動機を作るためには、志望する業界の事前研究が必要になります。どのような事業を展開しているのか、その企業はどのような人材を求めているのかなどを勉強しましょう。郵便局の場合は日本郵便株式会社が大元となってます。 ですので、郵便局に関する企業研究を行うには日本郵便株式会社のホームページを参照するのが一番の近道です。日本郵便のホームページには企業情報も記載されてます。日本郵便はどのような会社なのか、どのような経営理念を掲げているのかなどをしっかり読んで予習をするようにしましょう。

初回公開日:2017年05月19日

記載されている内容は2017年05月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング