IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベンチャー企業への志望動機の書き方と例文|新卒/転職の場合

書類選考・ES

最近非常に注目されている就職先としてベンチャー企業が挙げられています。ベンチャー企業へ就職、若しくは転職するための志望動機やその書き方についてご紹介します!記事の最後には具体的な志望動機の参考例も載せておりますので是非ご覧下さい!

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ベンチャー企業と中小企業は何が違うのか?

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、「革新的なアイデア・技術等をもとに、新しい形態のサービスやビジネス(ベンチャービジネス)を展開する企業」と定義されております。常に新しいサービスやビジネスチャンスを創造している企業を一般的には「ベンチャー企業」と言われています。

中小企業とは

中小企業とは、「中小企業法で定められている基準を満たしている企業」を指し、基本的には資本金や従業員数の少ない小規模事業者を指します。

要するに…

ベンチャー企業と中小企業は全く異なる考えから生まれた企業の定義であり、大企業でもベンチャー企業の場合もあります。しかし、一般的にベンチャー企業は前述のように新しいサービスやビジネスを創造する企業であることから、スタートアップの新しい企業、すなわち中小企業である場合がほとんどです。

ベンチャー企業で働くメリットは何?

ベンチャー企業で働くメリットは幾つかありますが、大きなメリットとしてあげられるものをご紹介します。

社長との距離が近い

まず第一のベンチャー企業で働くメリットとしては、「社長との距離」が近いことが挙げられます。大企業の二代目社長ではなく、スタートアップのベンチャー企業の社長というのは0から1を生み出す人間です。世の中に0から1を生み出す人間に出会える機会はそうそうありません。 しかし、ベンチャー企業の場合、会社規模もまだまだ成長途上にあり従業員数も少ないことから、社長も同じフロアで仕事をしていることが多いです。そして、社長と昼食を取ったり、夜飲みに行ったりすることができ、そこで仕事について学ぶことが出来ます。また、何か不満がある時も社長が近くにいるのですぐに報告をすることができ、場合によってはすぐに改善がなされることもあります。 社長と距離が近いことで自分も経営者視点で物事を考えることが出来るようになり、仕事をする上での重要な視点を養うことができます。

全てのことを全員でやる

ベンチャー企業では従業員が十分にいるわけではないので、全員で会社をまわしていかなければなりません。そのため、エンジニア採用であっても人事や総務的な仕事もやることがありますし、デザイナーでも同じようにバックオフィス業務をこなさなければならない場合があります。 このように、会社を組織として運営していく上で必要な業務は全員で行っていかなければ会社を運営していくことは出来ません。ベンチャー企業で2、3年働ければ会社として必要な業務が何なのか、どのようにやるべきなのかを学ぶことが出来ますので、自身のキャリアを考える環境としては非常に最適な環境と言えるでしょう。

幅広い業務に携わることができる

ベンチャー企業では、前述の通り人が足りないことが常です。したがって、エンジニアとして就職したとしてもデザイン業務を行ったり、エンジニアの中でもバックエンドからフロントエンドまで幅広い業務に携わることが出来ます。また、営業マンがそのままプロジェクトに入り、ITコンサルタントとしてプロジェクトを回していくケースも往々にしてあります。 このように、幅広い業務に携われることが出来るのはベンチャー企業ならではであり、上場している大企業では経験することが出来ない貴重な体験です。そのため、臨機応変な対応をすることが出来る人材をベンチャー企業では必要とされています。

責任ある仕事を早い段階で任せてもらえる

ベンチャー企業では、潤沢な資金と人材がいないため基本的に1から10まで先輩や上司が面倒を見てくれるケースはほとんどありません。必要な場合には丁寧に教えてくれますが、基本的には自ら学ぶ姿勢を持ち能動的に動ける人材を欲しがっています。 そのような人材には、早い段階から責任あるプロジェクトを任せるといったチャレンジングな人材配置を行う場合があります。そのプロジェクトでしっかりと実績を残すことが出来れば、すぐに給与はアップし、役職もつきます。こういったスピード感のある仕事を行っていきたいと考えている方には非常にメリットがあるのではないでしょうか。「スピード感を持って仕事をしたい」というのはベンチャー企業への一つの志望動機になりえます。

ベンチャー企業にウケの良い志望動機は?

ベンチャー企業では常に即戦力が欲しいのです。また、小生意気な若手の人材を好む傾向にあります。したがって、志望動機でも他の人とは異なる大胆な部分を見せた方が良いのです。また、ベンチャー企業の場合、採用面接の最後は基本的に社長や副社長等の取締役が出てくることが多いので、経営者目線での志望動機もあると非常にウケは良いです。

将来社長になりたい

「将来は社長に」という志望動機はまさに経営者になりたいという意思表示です。大企業ではなく、わざわざベンチャー企業を志望するのですから、これぐらい大胆な志望動機を書いた方がウケは良いです。また、これぐらい大胆かつ小生意気な志望動機の方が、他の就活生とは異なる面を見せることが出来、採用担当者の目に留まる可能性が高まります。

将来は独立したい

「この会社に一生居続ける気はなく、将来的には独立する。そのための勉強期間ですよ」と前もって志望動機に書いておくことで、大胆かつ小生意気な面をアピールすることが出来ます。 また、独立心の強い人間は基本的に自ら行動を起こし、能動的に動いてくれるので、人材不足なベンチャー企業にとっては必要な人材なのです。 ベンチャー企業の社長もかつではどこかでサラリーマンをやっていた方がほとんどですので、そういった独立心の強い人には共感出来る部分が多いのです。

◯◯をやりたい

具体的にそのベンチャー企業でやりたいことがある場合は、それを全面に出して志望動機を書くと良いです。 具体性のある人間には、採用後すぐにその仕事を任せることが出来るので、ベンチャー企業にとっても有益な人材と言えます。 責任ある仕事を任せられる程度に仕事の内容を理解していることが前提ですので、未経験の方で、単純に「やりたい」と思っている方は難しいかもしれません。 ただ、ベンチャー企業では未経験可の場合もあるので、なぜその仕事をやってみたいのかをしっかりと面接時に説明出来るように考えておくと良いでしょう。

ベンチャー企業用志望動機の書き方

世の中には、ベンチャー企業に向いている人と向いていない人がいます。 ベンチャー企業に向いている人であっても、志望動機をしっかりと伝えられないと就職することは難しいです。 そこで、ベンチャー企業に就職したい人がどのように志望動機を書いていけば良いのか、どの点に注目した方が良いのかご紹介します。

志望動機の冒頭では「大きな夢」を語ること

ベンチャー企業の社長も大きな夢を持って会社を設立しています。 かつては社長も誰かに応援されて来たように、夢を持っている人間を応援したくなるのです。 したがって、志望動機の冒頭部分では、将来自分が何に成りたいのか、から書いていくと非常にウケの良い志望動機を書くことが出来ます。ただ、その夢が就職しようとしているベンチャー企業と全く関係のない夢であれば意味がありませんので、その点はしっかりと抑えておいてください。 システム開発会社に就職したいのであれば、将来的にはエンジニアとして独立するとか、コンサルタントとして独立するとか、新しいサービス開発する等々強い繋がりではなくとも、遠くはない繋がりが必要です。

志望動機の二番目では「その夢を実現させるために今必要なこと」を書く

志望動機の冒頭部分で語った夢を実現させるために、今自分で何が足りていて、何が足りていないのか自己分析し、それを綴って行きましょう。 ここでは、自己分析の結果今自分に必要なことを志望している企業に入社することが出来れば学ぶことが出来る!というように、論理的に文章を記載していくことが重要です。 志望動機に「なぜこの会社なのか」を上記のように論理的に書いていけば採用担当者も納得せざるを得ません。 非論理的な文章を書いてしまうと、書類では学歴等でパスするかもしれませんが、面接時に必ず突っ込まれてしまいます。そして、非論理的な部分に突っ込まれると反論もすることが出来ず、結果として内定を取れない場合もありますので、論理的な文章かどうかは必ずチェックして下さい。

志望動機の最後の部分は「具体的に会社でやりたいこと」を書くこと

志望動機の最後の部分では、具体的に会社でやりたいことや、この会社を好きになった理由を書くと良いでしょう。ベンチャー企業では具体性のある人間や会社に惚れ込んだ人材を好みます。 というのも、会社の認知度もまだまだ足りない状況で、会社のミッションや経営理念に共感してくれる人は少ないからです。このような人材は非常に貴重で、ベンチャー企業としても是非とも採用したいと考える傾向にあります。

志望動機例:転職

人物例

具体的な志望動機の参考例を記載する前に、人物は背景の設定をします。 【基本情報】 ・男性 ・28歳 ・未婚 ・前職:東証一部上場企業エンジニア ・前職給与:450万円

志望動機

私は将来的には独立し、自身の考える新しいインターネットサービスを展開していきたいと考えています。 しかし、大企業にずっと在籍していても新しい物事の捉え方や、経営に必要な視点及び業務等に携わることが出来ず転職を考えるようになりました。 転職活動を行っている中、貴社の求人を見つけました。 貴社では現在エンジニアを募集中ですが、それ以外にもバックオフィス業務を行う人材やプロジェクトマネージャー等多岐に渡る人材を募集しており、ここであれば、私に足りないエンジニア以外の業務にも微力ながら携わることが出来るのではないかと考えました。 また、従業員数も数十名とまだ成長途上にある貴社で働くことが出来れば、当然ながら従業員一人一人が経営者的な視点で物事を考える必要があり、かつ、代表者との距離も近いため新しいサービスの創り方や考え方を学ぶ機会も多いのではないかと考えております。 新卒から前職の会社でエンジニアとしての基礎を身につけて来ましたので貴社の即戦力になれるのではないかと自身では考えております。 貴社に入社することが出来れば、まずはエンジニアとして会社に貢献しつつ、他の業務にも積極的に携わっていきたいと考えております。

志望動機例:新卒

人物例

【基本情報】 ・男性 ・22歳 ・未婚 ・私大卒(理系)

私は将来、エンジニアとして幅広い業務をこなせるスペシャリストになりたいと考え、貴社を志望致しました。 貴社では、システム開発の上流工程から下流工程まで請け負っており、また、貴社独自の製品開発も行っていることを伺い、この会社で働くことが出来ればシステム開発の上流工程から下流工程まで一気通貫してプロジェクトに携わることが出来、そこでエンジニアとしてはフロントエンドだけでなくバックエンドやインフラ設計等も行えるチャンスがあるのではないかとの考えに至りました。 貴社に入社することが出来れば、積極的に学習し、また行動することで会社に貢献していき、自身もエンジニアとして幅広い業務をこなせることができるよう努力する所存でございます。

会社にあった自分なりの志望動機を書こう

転職組でも新卒組でも志望動機を書く際には、必ず論理的な文章を書くことを心がけましょう。また、志望動機の内容に気付かないうちに矛盾がある場合もありますので事前に何を書くかを章立てて行くことが大切です。 また、面接時に志望動機を改めて聞かれることもありますので、自分が書いた志望動機の内容はしっかりと理解し、また口頭ではより深く説明することが出来るように事前に対策しておくことが重要です。 そして、新卒組の方々に注意していただきたいことがあります。新卒の方々はそのベンチャー企業以外にもあらゆる企業の就職説明会に足を運び、就職活動を行い、面接に行くことになります。そうすると、一社一社の思い入れが転職組の人間より薄く感じられてしまう場合があります。 言い方は悪いですが練習用の企業と本命の企業があるのは当たり前の話ですが、最低限一社一社の特徴やその会社に入ったら何をやりたいのか?を具体的にイメージしながら履歴書やエントリーシートに志望動機を書いていくことをお勧め致します。 そうすることで、外側から会社を見る技術を身に付けていくことが出来、それは会社に入ってからでも「企業調査」として役に立つのです。HP上からわかる会社の情報だけでどこまで会社の内情を知ることが出来るのか、これも就職活動においては重要なスキルの一つですので、練習用と本番用に分けたとしても、一社一社しっかりと特徴等を把握した上で志望動機を書いてみてください。   それだけでもあなたの志望動機の出来栄えはかなり変わるのではないでしょうか。 ベンチャー企業に就職したい人は近年増えて来ています。そういった方々との競争に負けないよう「強い気持ち」を志望動機にぶつけてまずは書類選考突破を目指してください。ベンチャー企業では学歴は通用しません。あなたの「気持ち」と「人間性」を見られます。 

関連タグ

アクセスランキング