IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

理学療法士になるための志望動機の書き方と例文(新卒/転職)

更新日:2020年11月08日

ビジネススキル

新卒、転職に関わらず理学療法士に必要な志望動機の書き方をお伝えします。内容として、新卒・転職者向けにそれぞれ分別した説明文や志望動機の例文紹介、理学療法士の履歴書を書く際に必要なこと、志望動機でみられるポイントを紹介をします。

理学療法士の志望動機を書いてみましょう

ここまで、理学療法士が考える志望動機の考え方、例文、ポイントをご紹介してきました。あくまでも、個人の意見でありこれらが正解ではありません。しかし、ただ言える事は、型にはまった内容ではなく自分らしい内容を書くということです。下記に、志望動機の書き方を整理します。 【新人の場合】 ●理学療法士のなろうとしたきっかけは? ●学校ではどんなことを学んだか?どんなことに興味があったか? ●実習ではどんな学びを得たのか? ●就職先を選んだきっかけは? ●これから何事も学ぶというフレッシュな気持ちを忘れないこと 【転職の場合】 ●前職場ではどんな学びがあったのか? ●今までの経験をどう活かしてくのか? ●これからやりたいことは何なのか? ●今までどんな人と出会ったきたのか? ●転職しようとする場所が、どんな特徴があるのか? 等など、一般的に言われていますが、やはり事前準備が必要になりますので、まずは自分なりに準備をしてから書いてみましょう。 ぜひ上記の内容を参考にしながら、実際に、理学療法士の志望動機を書いてみてください。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング