IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

理学療法士になるための志望動機の書き方と例文(新卒/転職)

更新日:2020年11月08日

ビジネススキル

新卒、転職に関わらず理学療法士に必要な志望動機の書き方をお伝えします。内容として、新卒・転職者向けにそれぞれ分別した説明文や志望動機の例文紹介、理学療法士の履歴書を書く際に必要なこと、志望動機でみられるポイントを紹介をします。

理学療法士の志望動機の書き方について

誰もが経験したことですが、新卒や転職に関わらず、就職する際に履歴書を作成することは一般的です。当然、就職を左右する大事な書類になりますので、履歴書作成の際に注意することは多々あります。例えば、新卒であれば、初めての経験でもあるため養成校の教員や周囲の方に聞きながら作成するのが一般的です。 一方、転職であれば、新卒時代に書いた履歴書があれば探して参考にしたり、慣れている人であれば前勤務先と比較しながら作成します。履歴書作成にあたり、特に重要視するのが志望動機です!面接の中でも重視される部分で、その人の想いが理解できる部分であり、書くとなると構成が難しい部分でもあります。そこで、今回、理学療法士向けに誰でも簡単に志望動機を書ける方法を皆様にお伝えします!

理学療法士の志望動機を考える

理学療法士における志望動機を書く際、どんなことに注意すれば良いのか?など疑問に思うことは多々あります。新人の時であれば、理学療法士になりたかった理由を中心に書くと良いいでしょう。一方、転職の時には、今後自分がやりたいことを踏まえて書くといいでしょう。しかし、正直なところ、一般的に就職を考える時には、「親や友人に勧められたから」、「自分のスキルアップのため」、「通勤時間の問題」など様々なことを検討することも多いため、以下に例文を交えた志望動機を紹介します。

「親や友人から勧められたから」

地元であるならば、親や友人はもちろんのこと、周囲の評判や、実際に勤務している方や入院や診察等で足を運んだことがある人達の人伝えによる情報が影響する場合が多いでしょう。良くある話ですが、『あそこの病院は綺麗だよ』、『スタッフが親切で良いよ』、『食事が美味しいよ』などなど、口コミで評判を呼ぶこともあります。 また、理学療法士的に言うと、『あの病院には有名な治療家がいる』、『卒後教育が充実している』、『勉強会が定期的に開催されている』などが挙げられます。なぜなら、理学療法士は技術職であるため、技術を高めることができる場所を選択するが大いにあるからです。

「自分のスキルアップのため」

理学療法士は、経験に伴いやりたいことが少しずつ分かり始めると今後の方向性を選択する時期がきます。そして、病院関係では、急性期、回復期、維持期なのかなど、どの分野に進むべきかを選択するようになるのが一般的です。 また、疾患による影響もあり、大きく分類すると、脳血管疾患、運動器疾患、心大血管疾患、呼吸器疾患、廃用症候群などに分別されます。その中から、選択肢を決定し、大勢の理学療法士は、その選択に応じた志望動機から就職を考えるケースが多く見受けられます。

「通勤時間の問題」

就職先を探す際、一般的に言われている目安でいうところの30分~1時間程度の場所にある勤務先を選択肢として視野に入れることがあります。なぜなら、業務後の自己研鑽に時間を費やしたいため、メリハリをつけたいため、友人や家族との交流を重視したいためなど、様々な意見はあるが、通勤時間の短縮をプライベートを充実させるための方法の1つとなります。理学療法士であるならば学ぶという意識は強いため、自宅でもしくは勉強会などに参加できるようにすることも志望動機に含まれます。

しかし、実際には就職となると畏まった内容を考えがちになるため、本やインターネット等で検索して参考にしながら書くことがあると思います。新人であれば、学校で学んだこと、実習で学んだことから印象に残っていたことを思いだしながら、志望動機を書くと良いと思います。 また、転職であれば、今までの経験やこれからやりたいことをまとめた上で志望動機を書くとスムーズにいくと思います。次の項目では、例文を用いて文章構成なども紹介していきます。

理学療法士志望動機例文

志望動機といっても、人それぞれ考え方があり、経験や周囲の環境などによって異なります。そのため、実際に置かれた立場で志望動機を書くことになります。加えて、実際に書くスペースも限られており、簡潔的に且つインパクトを与えれるかは重要です。そのため、以下に、参考例文を記載しておりますので参考にしてみましょう。 ●新卒で就職を理学療法士 ●始めて転職をする理学療法士 ●スキルアップをさせたい理学療法士 ●ワークバランスや生活環境を重視したい理学療法士 ●医療分野から介護分野へ移行したい理学療法士 など、5つの例文を紹介します。

新卒で就職をする理学療法士

私は、学校の講義や実習等で学んできたことを貴院で発揮したと強く考えています。特に、貴院の特色である脳血管障害、整形疾患患者様に対して、お力になりたいと考えております。また、貴院のリハビリテーションに対する考え方や新人教育に力を入れていることに魅力を感じたため、志望しました。

始めて転職をする理学療法士

次のページ:理学療法士の履歴書や志望動機で見られるポイント
初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング