IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書への役職の書き方|役職のアピール方法・正式名称の一覧

書き方・例文

転職活動で作成する職務経歴書への役職記載で注意することは?職務経歴書には実績や成果、資格、保有スキル、志望動機など多くのことを記載します。そのなかで役職経験でのアピールポイントは何か?職務経歴書での役職経歴記載に関連する事項を紹介します。

更新日時:

職務経歴書への役職記載、全ての記載を

転職のときに履歴書とともに提出する職務経歴書は、自己PRも含めて自分の経験やスキルを相手に伝えるための大切なプレゼンテーション資料と言えるかもしれません。そこには在職していた会社の概要や職務経歴、実績、取得資格、保有スキル、志望動機、自己PRなどを記載しますが、なかでも経歴や実績のなかでの役職としての成果についての内容が採用側に最も注目されるところになるでしょう。

役職は管理職とは限らない

役職といっても管理職に限ったことではありません。係長とかグループリーダーのような職位であっても実績、成果でアピールできるところはおおいにPRしましょう。基本的に職務経歴書には役職、職位は全て記載するようにしましょう。短期間の場合などは省略したくなるかもしれませんが、応募先に見つかると経歴詐称に問われるリスクもあります。短期間であったり応募先の仕事に関係のない職歴は、「その他の職務経歴」などとして簡単に別記載するのが良いかもしれません。

職務経歴書には良いことだけでなく

職務経歴として必ずしも良いことばかりではないはずです。成果があがらなかったり、場合によっては失敗したような事例もあるかもしれません。マイナス面の事実は事実として簡潔に記載し、そこから得られた教訓や対策、次にどう活かしたか、などのことを盛り込んで逆にアピール材料につなげると良いでしょう。

役職をどのように記載するか

職務経歴書への役職や在職期間などは正確に記載するようにしましょう。その役職をどのくらいの期間勤めたかは、その実績とともに重要な情報になります。採用側は職務経歴書の裏付けを必ず確認しますので、虚偽にならないように気を付けてください。ただ、仕事内容や職種が変わらない異動、例えば組織変更による部門名称の変更や同じ部門内での異動などは特に記載する必要はありません。

役職の名称もいろいろ

部長や課長、係長などの役職は、どの会社でもその役職の職務権限などの位置づけは同じ程度のものと思われます。しかし、室長とか次長、部長補佐、部長代理、部長代行、副部長などの役職は、会社によってその位置づけが異なる場合があります。 職務経歴書にそのような役職を記載する場合は、必ずその役職の位置づけを簡単に注釈で記載するようにしましょう。採用側は役職に伴なう職務権限とその実績を比較することで貴方を評価します。職務経歴書に役職のポジションを正確に記載することが重要になります。

在任期間は基本的な資質、能力の指標

職務経歴書に記載する役職の在任期間や部下の人数も重要な情報になります。一般社員から班長へ、班長から係長、係長から課長などへどのくらいの期間で昇進したかは、実績や成果に関係するところもあるのですが、会社員としての基本的な資質を評価する人事考課によるところが大きいものです。

上級職に昇進する期間が短いということは、その会社の事情もあるかもしれませんが、会社員としての基本的な資質、能力を高く評価されているということにつながります。 実績や成果については、主に賞与や特別手当などで査定されるものです。

在任期間の長短はその在任期間中の実績や成果に照らし合わせて、採用側が評価するものの一つです。コストパフォーマンスという言葉が色々なところで使われていますが、短い時間で成果が上げられればコストパフォーマンスが良いということになります。ただ、ビジネスの成果を得る過程には様々な要素があるので、それが本人の実力によるものが主なのかは採用側も慎重に評価するものと思われます。

部下の人数も重要な情報

また、職務経歴書には部下の人数や、プロジェクトで仕事をした時はそのなかでの位置づけやそのメンバーの人数などを必ず記載するようにしましょう。

部下の人数やプロジェクトの人数も大切な情報になります。部下が数人の場合と十数人の場合とではマネージメントの裁量の評価に大きな違いがでるからです。部下の人数が少なくても、その少ない人員で得られた成果が評価されますし、部下の人数が多い場合は成果はもちろんですが多くの人をどのようにマネジメントしたのかも評価されることになるでしょう。コストパフォーマンスとマネジメント能力が評価の対象です。

その役職での成果をアピール

職務経歴書で一番大切なのは自己PRです。 職務などの経歴のおおまかなところは履歴書に記載できますが、経歴の細部や能力などについては職務経歴書でアピールしましょう。採用側は職務経歴書を基にして面接を進めることになりますので、成果を記載するにしても数字や何かと比較できるような定量的な表現で面接官の目に留まるようにすることが重要です。

実績や成果には補足説明やアプローチ方法も

在任中の実績や成果は必ずしも採用側にとって馴染みのもの、容易に理解できるものではないかもしれませんので、職務経歴書のなかに解りやすい注釈、補足する説明を付けたほうが良いでしょう。 また、大切なのは実績、成果そのものではなく、それを達成するためのプロセスのなかでどのような方法でアプローチしたのかということです。アプローチの方法というのはある程度一般化されているので、採用側にも解りやすいものになります。

資格やビジネススキルもアピール

実績、成果とともに職務経歴書に必要なのは種々のビジネススキルや資格の記載です。それらは実績、成果のバックボーンになるものです。 資格については採用側に関係ないようなものは記載する必要はありませんが、認定先を含めて正確に記載するようにしましょう。ビジネススキルに通じるところもありますが、パソコンや語学などの資格も会社員としては重要な資格になります。資格を保有していない場合にも、どの程度のレベルなのかは別枠で記載したほうが良いでしょう。「MSアプリケーション活用レベル」とか「ビジネス英会話レベル」というような表現が良いかもしれません。

受賞歴や特許などがあれば

また、何らかの受賞歴や技術系であれば特許などの工業所有権登録情報なども採用側の評価の対象になるものでしょう。社内グループ活動やコンペなどでの社長賞などの受賞歴ですが、グループ活動の場合はもちろんリーダー格での活動である必要があります。特許などは職務発明にあたるものでしょうが、考案者としてその能力を強くアピールできるものになります。

職務経歴書へは実績や成果の要点を解りやすく記載する必要がありますが、こと細かく記載するのは逆効果になります。職務経歴書では表現できないことや特に強くアピールしたいところは、面接の場でしっかりと訴えるようにしましょう。

志望動機でも役職経験は重要

応募先への志望動機は、転職によってより良い職場を求めて活動しているわけですから主な動機、内容は固まっているはずです。 事前に応募先の会社や職種の内容をよく調べて、今までの役職経験や保有スキルがそこにどのように活かされるかを考えて職務経歴書に記載するようにしましょう。また、その職種が未経験の場合には、自分の資質や意気込みが応募先の職種にマッチングするところを重点に記載します。

応募先の採用ニーズに合致した志望動機を

志望動機として重要なことは、応募先の採用ニーズに志望動機がマッチングしていることなのです。ですから、応募先が必要としている職種やスキルが何なのかをよく把握して、そこで自分が実現、貢献できるであろうことを強くアピールするようにしましょう。

転職の動機も加えて

転職を考えるきっかけとなったのは何でしょうか。実績に対する評価や待遇への不満や本当にやりたい仕事とのミスマッチ、家庭や通勤などの事情などからでしょうか。志望動機のなかには、そのような転職の動機になったことを記載して、より良い就業環境を求めていることをアピールする必要もあります。

志望動機には自己PRの部分を含むことになりますから、実績や成果などのところで記載した自己PRと矛盾するようなことがないように、また重複した繰り返しにならないように注意しましょう。

職務経歴書で役職経歴をアピール、採用側が興味を持つ内容に

職務経歴書には役職経歴を含めて実績や成果、資格、保有スキル、志望動機などを自己PRを含めて記載します。そのなかで役職経歴は採用側が企業人としての力量を評価するのにも非常に解りやすい指標になります。役職昇進のステップや在職時の年齢などが一般的な指標になりますが、在職時の実績、成果を導くためのマネージメントや戦略などは採用側が最も興味を示すところになるでしょう。

転職活動のなかで役職経歴は非常に重要なものなのでよく整理してまとめ、エキスパートの転職エージェントなどに相談、アドバイスを得て完成度の高い職務経歴書を作成するようにしましょう。転職を決意した熱い想いが採用側によく伝わる職務経歴書にしたいですね。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング