IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材コーディネーターの志望動機の書き方・例文・求められる人物像

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

社会人の5人中4人が転職するといわれる中、人材業界への注目が高まっています。「企業と求職者の架け橋」としてが高い人材コーディネーター。ここでは人材コーディネーターへ応募する際の応募書類の志望動機の書き方から面接での志望動機の伝え方までをまとめてみました。

職種未経験の場合の志望動機の例文

私は今まで販売職として●年間、たくさんの方と接してきました。商材の単価が高かったこともあり、じっくりと接客しお客様と信頼関係を築くことを大切にして参りました。人材コーディネーターは未経験ですが、今まで幅広い属性の方とお会いしてきた経験を活かし、入社の暁には求職者としっかり信頼関係を築きながら人生の転機のサポートができるような人材コーディネーターになりたいと思い、志望を致しました。

面接で志望動機を伝えよう

無事、書類選考を通過したら次は面接です。ここでは面接で人材コーディネーターを目指した志望動機をきちんと伝えるコツをまとめました。基本的に話す内容は書類に記載した内容と同様ですが、書類と異なる点は「面接はライブである」という点です。あなたの志望動機に対して面接官は質問をしてきます。どんなに的確に応募書類上で志望動機をまとめても、ここでしどろもどろになっては台無しです。自分なりに自身の志望動機の内容について掘り下げておくことが大切です。 これから紹介する3つの事例でもまとめましたが、志望動機のポイントについては文章ではなく箇条書きで覚えておくことでどのような切り口で質問が来ても回答することができます。

実務体験を活かした志望動機のコメント

人材コーディネーターとしての●年間の実務経験を活かし、貴社に貢献したいという思いと、顧客満足度が高い貴社のきめ細やかなサービススキルを学び実践することで私自身も成長していきたいという思いから志望を致しました。 【整理しておくポイント】 ・人材コーディネーターとしての実務経験で即戦力として貢献したい ・具体的に即戦力として貢献できる経験スキルをまとめておく ・「顧客満足度が高い貴社のきめ細やかなサービス」など、客観的な情報を盛り込んだ場合はホームページを見るなどして具体的に挙げられるよう準備しておく ・自身のどのような部分を成長させたいのか

カスタマーとしての経験を活かした志望動機のコメント

以前、貴社の転職サービスにお世話になった際に人材コーディネーターの方に丁寧にサポートをしていただいたことに大変感銘を受けました。人材コーディネーターになりたいという思いをずっと抱いておりましたので、今回この求人を拝見し迷わず志望を致しました。 【整理しておくポイント】 ・応募先企業の人材コーディネーターの対応からこの職種に就きたいという思いがずっとあったこと ・具体的にどのような対応が心に刺さったのかをまとめておく ・人材コーディネーターの仕事にどのようなイメージを持ったか 例)当時、密に連絡を頂いたので、細やかに目配りをしていただいている印象でした。

職種未経験の場合の志望動機のコメント

私は今まで販売職として●年間、幅広い属性のたくさんの方とお会いし、腰を据えた接客でお客様と信頼関係を築くことを強みとして参りました。ここでの経験を活かし、求職者との信頼関係を大切にしながら人生の転機のサポートをしていきたいと思い、志望致しました。 【整理しておくポイント】 ・経験上お客様と信頼関係を築く自信があり、この部分を活かしていきたいということ ・お客様と信頼関係を築くために大切なことは何だと思うか 例)まずはお客様が話しやすい雰囲気づくりをし、しっかりお客様の希望をお聞きして自分は何ができるかをきちんと提案することです。 ・今までの販売職と人材コーディネーターの仕事の異なるところは何だと思うか 例)販売職は売り手の私とお客様の2者間のコミュニケーションでしたが、人材コーディネーターは、2者のほかに求人企業や担当営業などたくさんの方が関わり、情報の伝達など正確にバランスよく立ち回って行う必要があるところが異なると思います。

人材コーディネーターはヒューマンスキルがポイント

ここまで人材コーディネーターの志望動機をまとめてきました。経験者、未経験者それぞれに分けて事例を整理しましたが全体を通して言えることは、職種そのものの経験が必須ではなく、人材コーディネーターとしての仕事へのかかわり方の姿勢などいわゆるヒューマンスキルが大きなポイントであるということです。 是非この点を頭において志望動機を作成してみてください。

初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング