IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

経理を辞めたいときの対処法|経理に向いてない人の特徴と性格

初回公開日:2017年05月12日

更新日:2017年05月12日

記載されている内容は2017年05月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

仕事というのは色々な職種があります。色々な職種があるということは、この仕事は向いている。この仕事は向いてないという適性も個人別にあります。では、経理の仕事に対して向いている人、向いてない人というのはどうでしょうか、本稿では経理の適性について記していきます。

経理の仕事に向いてない人の特徴と性格

経理の仕事に向いてない人の特徴と性格
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

経理の仕事というのは数字を扱う仕事で非常に細かい作業や正確性を求められる仕事です。1円でもずれは許されないので、経理の仕事に対して適性がある人物というのは、そういった完璧主義者であったり、細かな作業や数字に対して強い人間となります。反面、経理の仕事に向いてない人というのは、おおざっぱな性格や少しのミスくらいと思ってしまう人となります。 経理というのはミスをしないことが当たり前ですので、ミスを容認してしまう人間では、勤まりません。ましてや、数字が合わないのに上司に報告をしないなどということではさらなる悪循環を招くことになってしまいますので、注意が必要です。

経理の仕事に向いてないのに、経理を選んでしまう理由

経理の仕事に向いてないとは思っても、就職活動等で経理職を希望する人はいます。経理の仕事に向いてないのになぜ経理職を選んでしまうかというと、大学在学中に簿記の資格を取得したであったり、経営学部、経済学部、商学部など関連する学部を卒業したことや、また、経理という仕事はその会社だけでなくても他で通用するスキルや経験のため、つぶしがきく仕事と言われています。今後の自分のキャリアに有利になるためにも経理に向いていなくても経理職をつい選んでしまったり、そもそも親が経理の仕事をしているので、それに影響されて選んでしまうというパターンがあります。

経理が向いてないと思ったときの対処法

経理が向いてないと思ったときの対処法
※画像はイメージです
出典: https://images.pexels.com

経理の仕事をしていて、自分がこの仕事に向いてないと思ってしまったり、気づいてしまったりすることがあります。そういったときの対処法としては、まずは本当に自分が経理という仕事に向いてないかと見つめなおす必要があります。 なぜ、向いてないと思うのか、その主な要因は何かなど自己分析を行い、本当に向いている向いてないの判断をする必要があります。向いているとは思わなくても、明らかに向いてないわけではないということであれば、知識や経験が足りないだけかもしれませんので、自分の努力によってそれを充足していけばいいのです。

経理を辞めたいと思ったときの対処法

経理が向いてない人が経理の仕事を続けて、仕事の壁にぶち当たり、辞めたいと思うときはあります。そういったときの対処法としては、向いてないと思ったからといってすぐに辞めるのではなく、まずは継続して仕事を続けてみることです。石の上にも三年という言葉があるように最低三年間は続けて、それでも芽が出なければ、今後のキャリアを考えるという行動に出ても遅くはないでしょう、特に新卒であれば、必ず三年は続けるよう努力をしましょう。 もし、どうしても辞めたいという思いが変わらなかった場合は、転職を視野にエージェントに相談してみるといいでしょう。あなたの強みを活かせる企業を見極めて紹介してくれます。

経理が向いてないと判断する材料

経理の仕事に向いている向いてないという仕事の適性を判断する材料はいくらでもあります。そもそも経理というのは、様々な会計のルール、そして税法などの法律の下に行う仕事となります。一番の適性として判断をする材料としては、勉強が好きか嫌いかということになります。常に変わっていくルールに順応するには、勉強をして知識をつけないといけません。 それが経理にとって最低限必要なこととなりますので、もし、そもそも勉強することが嫌だという人であれば、それは経理の仕事に向いてないと言いきってしまうことができます。几帳面や整理整頓が得意ということも経理としての適性を見る一つの材料ではありますが、根本的に勉強が好きか否かということがまずあげられるのです。

経理が向いてない人がしがちなミス

経理が向いてない人がしがちなミス
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

関連タグ

アクセスランキング