IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業に多い転職理由とは?|面接や履歴書で書くべき転職理由の例文

転職事情

このページでは、「営業の転職理由」をテーマにし、営業職に多い転職を決意することになった原因や理由をご紹介しています。また、営業へ転職する場合の転職理由の考え方や例文もまとめているので、ぜひ転職理由を考える際の参考にしてみて下さい。

更新日時:

営業に多い転職理由とは?

営業というと、数ある職種や職業の中でも、特にメジャーな職種の1つと言えます。どの業界の企業の営業かによって、雰囲気や仕事の内容などは異なりますが、一般的にはトークが上手く、清潔感があり、好印象な人が多いというイメージをお持ちの方が多いと考えられます。 上記のように、営業と言えば花形と言える職業であり、華やかな職種というイメージがありますが、中には「営業から転職したい」と考える方も少なからず存在します。なぜ、営業という職種から転職したいと感じるようになったのか、気になる所です。 そこで今回は、「営業の転職理由」をテーマにして、営業が転職したいと感じる原因や営業に多い転職理由、営業へ転職する際の転職理由の考え方などを考察・ご紹介していきます。

営業に多い転職理由

早速、今回の本題でもある、営業として働いている方が転職を希望する際に多い、転職理由や退職理由について考察していきます。 一見すると、華やかなイメージのある営業ですが、実際にはどのよな点で厳しいと感じたり、きついと思ったりすることがあるのか、気になる所です。これから営業へと転職を検討している方は、営業という職種の厳しい点やマイナスと言えるポイントなどについても、押さえておくことをおすすめします。

営業に多い転職理由【1】:ノルマがきつい

営業は、契約を取ったり商品を販売したりすることが仕事です。営業が契約を取ったり商品を売ったりすることができないと、企業の業績にも影響が出る場合があります。その為、企業としては、営業にはとにかく1件でも多く、契約を取ってほしいと考えていることでしょう。 営業にやる気を出してもらい、少しでも多くの契約を獲得してもらう為に、ノルマを設ける企業も少なくありません。「1カ月に○件以上の契約を獲得すること」「1日に○件以上、電話をかけてセールスすること」といったノルマや決まりがある企業・部署も存在しており、時には営業として働く人にとって、精神的な重荷となる場合もあります。 ノルマがあることで、仕事の業績の目安が分かりやすくなり、意欲的に仕事に取り組めるケースもありますが、ノルマがなかなか達成できない方や、いつもノルマぎりぎりになってしまう人の場合は、ノルマを苦痛に感じることもあるでしょう。 その結果、企業や営業職という職業に嫌気がさし、転職を考えるようになるケースもあるのです。

営業に多い転職理由【2】:人と話すことが辛い

営業職におけるセールスの方法には、さまざまなものがあります。取引相手のオフィスへ実際に訪問したり、顧客の家へ訪問したりといった、クライアントや顧客と直接会ってセールスをするのが一般的ですが、その他にも、電話やメールで営業をする場合もあります。しかし、いずれの場合も、人と会話をする必要があります。 その為、人見知りがあったり、気弱な性格であったりすると、営業という職業自体を苦痛に感じる場合もあります。人と会うと極度に緊張してしまったり、思うように話すことができなかったりする自分に、自己嫌悪することもあるでしょう。 上記のように、人と会ったり話したりすることに、ストレスや必要以上の緊張感を覚えてしまう性格が、営業から転職したいと感じる原因や理由になる場合もあるのです。

営業に多い転職理由【3】:企業・職場の雰囲気や方針が合わない

営業に限らず、どのような業界や職種にも多いのが、企業や職場の方針や雰囲気に疑問を感じたり、合わないと思ったりといった転職理由です。 企業の方針や方向性に疑問を感じたり、職場のシステムや人間関係に上手く馴染めなかったりした為に、転職を検討する方は、少なくありません。 そのような転職の場合は、営業という職業自体に不満や不安を持っているというよりは、企業や職場に何らかの原因があるケースが多い為、営業から営業への転職となることも多いと考えられます。

営業に多い転職理由【4】:キャリアアップ・ステップアップ

上記と同様に、営業以外の職種にも多い転職理由ですが、キャリアアップやステップアップを目的にして転職をする方も、少なくありません。 現在の職場では、営業としてのキャリアアップや成長が難しいと感じたり、営業としてやってみたいことができる職場で働きたいと思った際に、転職を検討する方も存在するのです。 上記のような転職理由は、熱意ややる気に満ちている為、採用担当者からも「ポジティブな転職理由」と見做され、好かれることが多いと言われています。

営業に多い転職理由【5】:年収アップ・労働条件の改善

働く上で、どのくらいの年収を得られるかは、大変重要なことです。どんなに仕事が好きでも、報酬として給与を受け取らなければ生活ができませんし、仕事に見合った金額の給与を得るのは、労働者の当然の権利であるとも言えるでしょう。 給与や年収は、なるべく多く受け取りたいという人がほとんどだと考えられます。その為、働く上で、「もっと高い年収を得たい」「今よりも稼ぎを増やしたい」といった転職理由で転職を決意する方もいます。 また、年収や給料以外にも、福利厚生や労働時間、労働環境の改善を目的に転職を検討する場合もあります。企業の方針や営業としての業務内容に不満や不安がなくても、上記のような転職理由で営業から転職しようと考える方も、少なくないと考えられます。

営業におすすめの転職理由の考え方

続いて、営業へと転職をする際におすすめの、転職理由の考え方についてご紹介していきます。 転職理由は、その転職がどのような目的で行われているものなのか、また転職をする上で何を重視しているのかを企業側に伝えることができる、重要な項目。時には、転職理由が選考結果に大きな影響を与えるケースも存在します。 そこで、営業へと転職をする際、どのように点諸迂理由を考えていけば良いのか、考察していきます。

経験者におすすめの、営業の転職理由の考え方

これまでに、営業としての実務経験がある方の場合、「なぜ営業として働きたいのか」を転職理由で伝えることも大切ですが、それ以上に「なぜ転職をしてまで、志望先の企業の営業として働きたいのか」を説明することが重要であると考えられます。前職が営業だった場合、転職後の志望している職種を営業としている以上、営業という職業に不満を抱いていないことは、採用担当者にも読み取れる為です。 ですから、経験者の場合は、なぜ前職で営業として働き続ける道よりも、志望企業で営業として働きたいのか、その理由を明確に答える必要があります。 例としては、「前職では、お客様の元に訪問して自社製品を販売する、訪問営業を行っておりました。しかし、前職では、効率を重視した規約があり、お客様との関わり方にも制限がありました。私は、訪問営業を行っていくうちに、顧客からお礼を言ってもらえたり喜んでもらえたりすることに、営業職としてのやりがいを感じるようになりました。そして、もっと幅広い形で、顧客と接していきたいと思い、顧客の満足度を第一に考える方針である御社へ、志望致しました」といったように、前職と志望企業の違いなどを述べると、どうして転職してまでその企業で働きたいのかが明確に伝わると考えられます。

未経験者におすすめの、営業の転職理由の考え方

続いて、営業としての実務経験がない方が営業職へと転職をする場合の、転職理由の考え方についてご紹介していきます。 これまで、営業以外の職業に就いていた方の場合、「今までのキャリアを捨ててまでも、なぜ営業で働きたいのか」を具体的に説明することが大切です。単なる営業職の憧れや何となくといった抽象的な理由では、採用担当者が納得しない可能性もあるので、転職理由は明確に語ることが重要です。 例としては、「前職では、一般事務として〇年間勤めて参りました。一般事務として働く際に、御社の〇〇サービスを利用し、大変便利で素晴らしいサービスだと感動しました。そして、御社の○○サービスを始めとする、ユーザー目線の素晴らしいサービスを、世の中の人にもっと知ってもらいたいと感じるようになりました。ぜひ営業として御社の〇〇サ―ビスの成長に貢献したいと思い、この度、御社の営業職へと志望致しました。」といったように、なぜ営業職で働きたいのか、またどうして志望先で働きたいのかを述べると、採用担当者も納得しやすいと考えられます。

営業の転職理由は、明確且つ具体的に

いかがでしたでしょうか?今回は、「営業の転職理由」をテーマにして、営業に多い転職を考える理由や原因、営業へ転職する際の転職理由の考え方などをご紹介しました。 営業へ転職する際は、転職の理由や転職先が志望企業でなければならない理由を明確に述べることが大切です。営業経験者の場合は、「なぜ転職してまでその企業に入社したいのか」、未経験者の場合は、「なぜこれまでのキャリアではなく、営業へと転職したいのか」といった点を、明確に説明しましょう。

関連タグ

アクセスランキング