IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

生活用品業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を知ろう

更新日:2020年11月05日

就活

消費者のニーズに応え、新たな商品を次々に生み出していく生活用品業界は、学生のも高く、就職を考える方も多いのではないでしょうか?今回は、生活用品業界にスポットを当てて、現状や動向、将来性などをご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

生活用品業界研究:現状

まずは、生活用品業界の現状を、データなどから客観的に分析していきます。業界の基本情報や、業界シェアの高い企業を見ていくので、業界研究の一環として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

生活用品業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年までのさまざまなデータを元にした情報です。 •市場規模:2兆5689憶円 •労働者数:16162人 •平均年齢:41.8歳 •平均勤続年数:16.2年 •平均年収:677万円 引用元:「業界動向.SEARCH.com(※1)」 生活用品業界の特徴として、平均年齢の高さと平均勤続年数の長さがあげられます。他の業界と比較して、平均年齢と平均勤続年数に関しては、数字が大きい印象を受けました。各企業に長く勤めるベテランのような存在が、業界を支えているのかもしれませんね。 また、平均年収の高さも、注目のポイントです。一般的な労働者の平均年収は、440万円と言われています。(※2)この金額を水準と考えると、生活用品業界の平均年収である677万円という金額は、高額であると言えますね。

生活用品業界の現状:業界シェア

続いてご紹介するのは、生活用品業界における業界シェアのです。市場を動かしているのは、どの企業でしょうか? •業界シェア1位:花王(コンシューマープロダクツ事業) •業界シェア2位:ユニ・チャーム •業界シェア3位:ライオン 引用元:「業界動向.SEARCH.com(※1)」 上記は、平成25年~平成26年の売上高を元にしたです。生活用品業界のシェアは、社名をよく耳にする大手企業3社が上位を独占する形になりました。 特に、1位に輝いた花王の売上高は、1兆0919憶円と非常に高く、2位以下に大きなリードをつけています。圧倒的とも言えるその業績で、生活用品業界のシェアを独占していると言っても過言ではないでしょう。化粧品業界などでも上位にランクインできる程の業績を残しており、「花王」という企業そのものが、日本経済に大きな影響を与える存在となっています。 続いて、生活用品業界シェア2位にランクインしたのは、ユニ・チャーム。その売上高は、5994憶円と、花王に大きな差をつけられていますが、業界有数クラスとも言える業績です。 3位のライオンの売上高は、3520憶円でした。2位のユニ・チャームの売上高と比較すると、多少の差はつけられていますが、こちらも大変高い業績をキープしています。 4位~6位の売上高は、1100憶円~1357憶円となっており、非常に僅差です。今後の経営や展開次第では、どの企業がどの順位になっても、おかしくありません。

生活用品業界研究:動向

続いて、生活用品業界の動向を追っていきます。業界が抱えている課題や業界規模の推移を見ていき、将来性について考察していきます。

生活用品業界の現状:課題

まずは、生活用品業界が現在抱えている、問題や課題をご紹介します。改善点を理解することで、生活用品業界の将来性や、今後どのような経営・展開をしていくべきか、打開策が見えてくるかもしれませんね。 生活用品業界の課題1:海外市場の開拓 現在、国内及び外資系の生活用品業界企業は、海外進出とその為の経営戦略の工夫を迫られています。日本での市場競争が激化していることもあり、アジアを中心とする海外進出が、いずれ第2の市場競争のステージとなる見方もあります。今後、各企業が海外進出を成功させる為にも、現地におけるブランド力の強化と、現地の嗜好に沿った商品の開発やサービスを考えていく必要があります。(※3) 生活用品業界の課題2:市場の減少 現在、生活用品業界の国内市場は安定していると思われています。しかし、少子高齢化社会ということもあり、将来的には国内の生活用品業界の市場は、縮小していくと予想されています。今後は、減少していく市場に対応したビジネス方針や経営を展開し、新たなマーケットやビジネスモデルを開拓していく必要がありそうです。(※4) 生活用品業界の課題3:技術の革新 近年の生活用品業界の商品は、消費者の感性に訴えかけるものが多い傾向があります。一方で、商品の機能性や技術性の革新・向上は停滞しているとされ、生活用品業界全体の課題とされています。今後は、業界全体で、技術や機能性の向上も重視していくことが求められるでしょう。(※5)

生活用品業界の現状:市場動向

続いて、生活用品業界の市場動向を見ていきましょう。業界規模の推移を細かく研究することで、生活用品業界の将来性も見えてくるかもしれませんよ。 生活用品業界の市場動向:業界規模の推移 以下は、平成17年~平成25年までの、生活用品業界の業界規模の推移です。

引用元:「業界動向.SEARCH.com(※1)」 平成17年~平成19年にかけて、生活用品業界の業界規模は大幅に成長しています。しかし、平成20年に減少に転じてからは、ほぼ横ばいとなっています。金融危機や原料高、不況などが原因と考えらえるでしょう。 その後、平成25年になって、大幅に業界規模は増加し、回復傾向へと転じます。消費税増税前の、駆け込み需要などによる、国内の消費の回復が大きな起爆剤になったと考えられています。 生活用品業界の現状:将来性 生活用品業界の現状や動向、業界規模の推移から、将来性について考察していきます。 現在、生活用品業界の市場は、成熟しきっており、停滞状態にある言えます。生活用品そのものの需要が完全になくなることはあり得ない為、生活用品業界そのものが衰退していくことはほとんどないと言えるでしょう。しかし、現在の市場規模を今後もキープしていけるのか、また更なる成長を遂げていけるのかを考えると、なかなか難しいと言えそうです。 上記のような頭打ちの状態を打開する鍵は、やはり海外進出にあります。既に、大手各社が海外進出を進めていますが、海外で売り上げを伸ばしていけるのか、ブランドを定着させることができるのかによって、生活用品業界の今後の成長は、大きく左右されることになるでしょう。

生活用品業界研究:業界研究本

次のページ:終わりに
初回公開日:2016年11月21日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング