IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

特定派遣・正社員・一般派遣の違いとは|派遣法の改正での変化

派遣

「特定派遣って何?正社員と特定派遣の違いは?」実は派遣と特定派遣には違いがあります。じつは特定派遣と正社員には大きな違いがあります。今回は一般派遣と特定派遣と正社員の違いと派遣法の歴史と派遣法改正について解説していきます。

更新日時:

一般派遣と特定派遣と正社員の違い

最近では派遣社員として働いている人も増えています。この派遣なのですが、派遣にも種類があるのをご存知でしょうか。派遣には一般派遣と特定派遣と呼ばれるものがあります。 これらを派遣社員と言ったりしますが、この一般派遣と特定派遣の違いや正社員との違いをご存知でしょうか。それでは一般派遣と特定派遣と正社員の違いについて解説していきます。

一般派遣とは

派遣社員の種類で一般派遣と呼ばれるものがあります。この一般派遣とはどのような派遣社員の事を指す言葉なのでしょうか。一般派遣について解説していきます。

一般派遣は派遣会社と派遣社員として登録し労働契約を結ぶ

一般派遣はまずは派遣会社に派遣社員として登録する事から始める必要があります。労働契約を結ぶのはもちろん派遣会社になりますのでよく覚えておいてください。

一般派遣は派遣会社に紹介された企業に派遣されていく仕組み

それでは一般派遣の働き方の仕組みを説明します。派遣会社に派遣社員として登録後、派遣会社は派遣社員に仕事を紹介します。派遣社員と派遣先企業が顔合わせや打合せを行います。 その後お互いが合意した場合に派遣社員は晴れて派遣先の企業で働く事が出来るようになります。これが一般派遣の働き方の仕組みです。

一般派遣は派遣先との契約が更新されなければ契約が終わり仕事がなくなる

一般派遣は派遣先との契約が更新されなければ契約が終わり仕事がなくなる 一般派遣は基本的に派遣契約の期間があります。派遣契約が終了する時に派遣先の企業との契約更新が行われなかった場合はそこで契約満了となり、今後はその企業で仕事ができなくなります。契約が終わってしまったのですから働けなくなるのです。

一般派遣は長くても3年の派遣期間 3年を超えて派遣される事はない

一般派遣には派遣期間の他に派遣の限度期間があります。限度なのでそれ以上は働く事ができません。もしも3年働かせる場合は派遣先の企業は派遣社員に対して正社員として受け入れてもらう必要があります。

一般派遣は次の仕事を紹介してもらえないと仕事がないしお金ももらえない

一般派遣は契約満了になった場合、派遣先企業で働く事ができなくなります。そうなってしまった場合は次の派遣先を派遣会社で探してもらう必要があるのです。派遣会社で紹介してもらっている間は仕事がないのでお給料もでません。その代り失業手当1か月後に出るのでしばらくは失業手当で生活しなくはいけなくなるわけです。

特定派遣とは

派遣には特定派遣と呼ばれるものもあります。この特定派遣とはどのような派遣社員なのでしょうか。特定派遣について解説していきます。

特定派遣は専門26業種に分類される職業が多い

特定派遣に多いのがITなどの専門分野の業務です。例えばシステムエンジニアやウエブエンジニアやネットワークエンジニアや機械設計などが特定派遣には多く、こうした専門的な技術を持った業種のことを専門26業種と呼びます。

専門26業種の職種一覧

①ソフトウェア開発 ②機械設計 ③放送機器等操作 ④放送番組等演出 ⑤事務用機器操作 ⑥通訳・翻訳・速記 ⑦秘書  ⑧ファイリング ⑨調査  ⑩財務処理  ⑪取引文書作成  ⑫デモンストレーション  ⑬添乗  ⑭建築物清掃  ⑮建築設備運転・点検・整備  ⑯案内・受付・駐車場管理等  ⑰研究開発  ⑱事業の実施体制等の企画・立案  ⑲書籍等の制作・編集  ⑳広告デザイン  ㉑インテリアコーディネーター  ㉒アナウンサー  ㉓OAインストラクション  ㉔テレマーケティングの営業  ㉕セールスエンジニアリングの営業  ㉖放送番組等における大道具・小道具

専門26業種は派遣期間が無期限

特定派遣のに属している専門26業種に関してですが、派遣の期間が原則無期限扱いになります。無期限になるので特定派遣の場合は一般派遣に比べ長く働く事ができるのです。

特定派遣は派遣会社の正社員であり派遣社員でもある

一般派遣は派遣会社で派遣社員として登録をして派遣社員となります。その後派遣先の紹介をしてらもい派遣先との合意があれば派遣社員として働けました。とにかく仕事先を紹介してもらわなくては働けないのです。 そんな一般派遣とはちょっと違うのが特定派遣です。特定派遣は派遣会社と労働契約を結び、派遣業務があれば派遣先にも派遣社員として派遣される事もあるのです。特定派遣は一般派遣と正社員のどちらの特性も持ち合わせているのです。

特定派遣は派遣会社の正社員と派遣社員の両方の契約を結ぶ

特定派遣の労働契約を結ぶのはもちろん派遣会社ですが、契約の形態が少し違います。一般派遣は派遣社員として派遣会社に登録しています。そんな一般派遣に対して特定派遣は派遣会社の正社員と派遣社員の両方の労働契約をします。特定派遣は派遣社員でありながらも正社員でもあるんです。

特定派遣は派遣先の仕事があれば派遣先で派遣社員として働く

つまり特定派遣は派遣先の企業に派遣社員としても働く事ができます。派遣会社の正社員でもあり派遣社員でもあるわけなのでそういう働き方ができるのです。一般派遣と特定派遣どちらの特性をもち合わせているのが特定派遣なのです。

特定派遣は派遣先で仕事がなくなれば派遣会社で正社員として働く事ができる

では特定派遣は派遣先で仕事がなくなってしまった場合はどうするのでしょうか。もしそうなっても安心なのが特定派遣です。なぜなら特定派遣は正社員なので派遣先がなくなってしまっても、派遣会社に戻れば派遣会社の仕事があるからです。つまり一般派遣と比べると仕事がなくなる心配がないのが特定派遣なのです。

正社員とは

それではここからは正社員について解説していきます。

正社員は直接企業と雇用契約を結ぶ

正社員は企業と雇用契約を結ぶことで企業の一員として働く事が出来るのです。それが正社員なのです。派遣社員の様に派遣会社を通さなくても企業で働く事ができるので安定しています。

正社員は企業の福利厚生を受ける事ができる

正社員は企業の福利厚生を受ける事ができます。一般派遣や特定派遣の様な派遣社員の場合は派遣社員なので派遣先の福利厚生を受ける事ができません。しかし福利厚生を受けられないわけではありません。派遣先の福利厚生は受けれなくても派遣会社の福利厚生は受けられるんです。

正社員には昇給や昇格の機会や賞与や退職金などがある

正社員には昇給や昇格や賞与、退職金などがあります。正社員は長く働けば働くほどお金を多くもらえる機会が増えていきます。それに対して派遣社員の賃金は一定です。一応給与の見直しはあるのですが、一年に一回です。それも1年以上の長期の派遣案件を受けている場合のみが給与の見直しをされるのです。そのため基本的に短い期間の派遣の場合は残念な事に昇給は無いんです。

正社員は一般派遣や特定派遣とは違い契約期間は半永久的

正社員は雇用契約を結ぶと契約期間は解雇されるか退職するかしない限り、半永久的に働く事が出来る事できます。そのため正社員は定年まで働けることがほとんどです。派遣社員と比べるとこうした長く働ける正社員は魅力的に感じます。

派遣法の歴史

派遣法は1986年に施工されました。それをきっかけに派遣業の本格化が始まりました。その後1996年に派遣の対象業務が増え、26業種増えた事によりさらに派遣の働き方の幅が拡大、派遣という働き方が一般的になり始めました。 さらに1999年には派遣業務の原則自由化がはじまり、さらに2004年には製造派遣が解禁、こうして派遣業は企業にとって扱いやすい環境になってきたわけです。そして2015年派遣法改正が9月30日施工されました。これにより今までの派遣が大きく変化し現在に至ります。

派遣法とは「派遣労働者の権利を守るためのルール」

その前に派遣法とはなんのか、説明していきます。派遣法とは「派遣で働く労働者の権利を守るため派遣会社や派遣先企業が守るべきルールが定められた法律」のことを言います。

派遣法改正後の変化

派遣法が2015年に改正されましたが、改正前と改正後に何が変わったのか派遣改正後の変化について解説していきます。

①一般派遣と特定派遣の区別を無くし 全てが許可制の一般派遣になった

冒頭の一般派遣と特定派遣と正社員の違いでも解説してきたように、派遣には一般派遣と特定派遣と呼ばれる2種類の派遣あります。これらの派遣は開業する規定の厳しさの違いがあります。 一般派遣は許可制で特定派遣は届出制の開業でした。一般派遣業は開業するためには厳しい規定がありましたが特定派遣は厳しい規定がなく届出を出してしまえばどんな企業でも派遣業が開業できてしまうのです。 特定派遣として開業し一般派遣業を展開する違反する企業が出てきてしまったんです。この問題を解決するためにも特定派遣業そのものを廃止します。そして開業するためには一般派遣業の厳しい規定をクリアしなくては派遣業そのものを行うことができないようにしたわけです。 派遣法を改正する事で特定派遣と偽り一般派遣業を行っていた違反していた企業を無くし、優良な企業のみ派遣業を行えるようにしたわけです。

②専門26業種とすべての派遣業務に3年ルールの適用

特定派遣の中に派専門26業種と呼ばれる特殊なスキルを持った派遣社員がいます。専門26業種の派遣期間は無期限なので専門26業種以外の職種の仕事をしている派遣社員は3年という期間が定められています。 しかし専門26業種には期限がありません。つまり無期限で派遣業務を行えるのです。またこの専門26業種ですが、特殊な職業以外は結構曖昧すぎるのです。 ITや小道具、大道具などの専門的な職種に関してはわかりやすいのですが、ファイリングや取引文書作成などといった職種関して一般的な事務の作業と区分けがしにくい職種もあります。こうした点でとても曖昧なので、現場では混乱する事が多かったのです。 そうした問題を解決するためにも派遣法改定が施工されたのです。専門26業種にあった無期限派遣もなくなり、専門26業種も一般派遣と同じように3年ルールが適用される事になりました。 これにより派遣先から企業への正社員への道も広がります。派遣会社も派遣社員への支援の強化されることになります。派遣社員がより働きやすく、活躍しやすくなったわけです。

③派遣労働者への支援や保護の強化

派遣法改正されたことにより派遣期間の上限が3年となってしまいました。そのことによって雇い留めが起きてしまい仕事ができなくなる人が出てくる可能性が高くなります。雇い留めとは派遣会社が雇用期間を更新することなく労働者を辞めさせる事を意味しています。つまり派遣切りと言われるものが起きてしまうわけです。 しかしそんな雇い留めに合う人が出てこないようにするためにもきちんと考えられているのです。改正によって決まったことが4つあります。 1つ目は派遣先への直接雇用の依頼、2つ目は新しい派遣先の紹介、派遣元での期間を定めない雇用、その他雇用のための必要な措置を行うことが決まっています。こうした派遣労働者への支援や保護をする事も派遣法改正には含まれています。

④派遣労働者へのキャリアアップ支援・教育訓練の義務化

派遣法改正後、派遣会社は派遣労働者のキャリアアップ支援や教育訓練の義務化することも定められました。派遣スタッフの4割は正社員を希望しています。 そのため派遣社員から正社員になるためのサポートも派遣会社はしなくてはいけません。そのためのサポートとしてキャリアアップのための支援をしっかり行うようにする事も改正された派遣法には義務ずけられています。

一般派遣でも今後は正社員への道が開き活躍が期待できる

今回は一般派遣と特定派遣正社員の違いと派遣法の歴史と派遣法の改正後の変化について解説してきました。 一般派遣と特定派遣と正社員の違いでは正社員は福利厚生や無期間雇用など様々な点で優遇されている事がわかりました。また一般派遣には3年という壁がありましたが、特定派遣に属している専門26業種にはその3年ルールが適用されず優遇されている点がありました。 派遣法の歴史と派遣法改正後の変化では派遣の歴史と始まりと今までの変化について解説してきました。派遣切りや特定派遣を無くし一般派遣の厳しい規定を設ける事など派遣社員の生活をさらによくするためにもさまざまな措置を行ってきた事がわかります。 一般派遣と特定派遣の壁を取り払い、特定派遣も一般派遣とする事で派遣社員のさらなるステップアップを促すように取り組まれているわけです。スキルアップやキャリアアップをすれば正社員になる事も夢ではありません。 派遣社員だから正社員にはなれないと諦めるのではなく、派遣社員からも正社員になれるチャンスがあればスキルアップをしていきましょう。誰にも負けないスキルは一生役に立てます。チャンスをつかんでいきましょう。

ハタラクティブはレバレジーズ株式会社が運営している転職エージェントです。エンジニア・医療業界を中心に様々な分野の転職をサポートしています。2013年には厚生労働省から「若者キャリア応援制度」の実施事業者に認定され、若者の転職活動サポートに力を入れています。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング