IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建設コンサルタントは激務なのか?激務と言われる仕事内容と理由

就活

皆さんは「建設コンサルタント」にどんなイメージを持ちますか?たぶん非常にイメージしやすいというわけではありませんよね。実は、この建設コンサルタントというのは激務な仕事と言われているんです。今回は、実際に「建設コンサルタント」が激務なのかどうかを見てみましょう。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「建設コンサルタント」は激務な仕事?

「建設コンサルタント」と聞いてどんなイメージを持っているでしょうか。おそらく、そもそも建設コンサルタントという仕事があること自体知らなかったという方も少なくないのではないでしょうか。 もしくは、建設コンサルタントという仕事があることは知っていたけども、その主な業務内容やどんな職業なのかまではあまりイメージが湧かないという方が多いでしょう。実は、この建設コンサルタントという職業は、激務なことでよく話題に挙がる仕事です。 今回は、そんな「建設コンサルタント」という仕事が実際に激務なのか、また激務だと言われる理由にはどんな点が挙げられるのかについて様々な観点から見て行きましょう。

「建設コンサルタント」の主な仕事内容

そもそも建設コンサルタントという職業が主にどんな仕事を扱っているのかがわからないことには先に進まないので、まずは建設コンサルタントの主な業務内容について見ていきましょう。

「建設コンサルタント」はサービス業

「建設コンサルタント」というのは、その業務内容からサービス業に区分される職業になります。「建設コンサルタント」は建設業法に定められている建設業とは違い、建設機械を使って実際に道路や港の工事をすることはありません。調査や現場試験が必要な場合には、現場で作業を行うこともありますが、基本は建設会社が行う施工に必要な「事前調査」や「事業計画の作成」、「施工管理」が主な仕事で、サービス業に区分されます。   国土交通省の登録規定による建設コンサルタントの登録部門は21部門あり、事業の部門別では「河川・砂防および海岸」、「港湾および空港」、「電力土木」、「道路」、「鉄道」、「上水道および工業用水道」、「下水道」、「農業土木」、「森林土木」、「水産土木」、「造園」、「廃棄物」、「都市計画および国土計画」の12部門となっています。  各事業部門に共通の横断的部門として「地質」、「土質および基礎」、「鋼構造およびコンクリート」、「トンネル」、「施工計画・施工設備および積算」、「建設環境」、「建設機械」、「電気・電子」の8部門があります。なお、当社は「道路」、「土質及び基礎」、「建設環境」の3部門を登録しています。   それぞれの部門に登録された建設コンサルタントは、専門的知識、技術を駆使して技術提案などのサービスを行うこととなります。

「建設コンサルタント」とは建設関係の業務に関するアドバイザー

道路建設事業を例に建設コンサルタントの行う具体的な業務を説明しますと、まず、事業者は道路を作るための計画を作成します。計画を作成するためには、道路のルートを決定しなければならず、建設後の交通量や流れの変化、候補地周辺の地盤や地質、周辺の自然環境への影響について調べる必要があります。   また、当社の場合、国土交通省に補償コンサルタント登録もしているので、予定のルートに建築物や構造物がある場合に移転費用や補償費が必要となりますが、その調査、積算も行うこととなります。これらの業務を事業者に代わって行うことが、建設コンサルタント(補償コンサルタント)の仕事です。   そして、実施された様々な調査の結果をもとに事業計画を作成することとなりますが、事業計画に必要な設計図を作成するための測量調査や構造物の設計も建設コンサルタントが行います。ここに挙げた例は建設コンサルタントの行う業務の一部に過ぎません。事業の種類によってさまざまな業務が発生することとなり、建設コンサルタントは、専門的な知識と技術を駆使して事業者のニーズにこたえることが必要とされます。   このように、事業者と建設コンサルタントは深い係わりがあり、事業者の技術的問題を解決して行くための技術パートナーと言えるでしょう。そして、国などの事業者が行う社会資本の整備事業に欠かせない存在なのです。

「建設コンサルタント」は激務な仕事の一つ

ここからは今回のテーマでもある、実際に「建設コンサルタント」という仕事が激務な職業なのかについて詳しく見ていきましょう。先に結論から言いますと、建設コンサルタントという仕事は激務な職業の中の櫃と言っても過言ではないでしょう。 では、建設コンサルタントという仕事が激務な職業であると言える理由についていくつか見ていきましょう。

「公共事業」に関する案件は利益率が低い

そもそも、「建設コンサルタント」という仕事が扱うアドバイザーとしての業務は、主に国や公共団体が中心となって取り扱う、トンネルや道路、また鉄道や空港などの公共施設の建設に対して行うものがほとんどです。 しかし、こういったトンネルや道路、鉄道や空港などの公共施設の建設事業というのは、そもそも利益を追求するような種類の仕事ではありません。そのため、発注額は低く設定されることが普通で、さらにそれに比例してこの公共施設の建設事業に携わる業者の利益率は低くなってしまいます。 それは、建設コンサルタントという仕事も例外ではなく、多くの案件をこなしてもその一つ一つの事業から得られる利益はやはり低いです。そのため、ある程度の利益を上げるために、こなさなければならない案件も増え、それに伴って労働時間も増えてしまいがちです。つまり、激務になりがちな職場だと言えるでしょう。

深夜残業が頻繁

労働時間が長引きやすいということは、必然的に出勤時間・帰宅時間が早まったり、遅くなってしまったりするということです。特に、建設コンサルタントという仕事の場合は、深夜残業が多くなりがちです。しかし、その深夜残業分の賃金は会社から出ないケースがほとんどになります。 そのため、建設コンサルタントは激務な職場と言われることが多いのです。

知識や技術の無さを理由に手当が出ない

建設コンサルタントが行う業務内容は、あらゆる専門的な知識やスキルを求められます。例えば、現場の測量調査や事業計画の作成、そしてコンサルタントとしてのアドバイザー業務。 しかし、そういった専門的な知識やスキルが様々な場面で必要になってくる建設コンサルタントという仕事においては、ことある事に「知識不足だ」とか「スキルが足りない」などと、知識や技術の無さを指摘される機会も必然的に増えてしまうのです。そして、こういった指摘を理由に労働者への手当てを削減するようなことが頻繫に行われるのです。

「営業職」になるとさらに激務になりがち

建設コンサルタントの「営業職」の仕事となると、さらに激務になりがちになります。「営業職」の場合、専門的な知識やスキルが必要とされることは少ないですが、その分「ノルマ制」が採用されていることがほとんどです。 つまり、初めから決められているある一定の数の契約を取ることができなければ、その分労働時間が増えてしまったり、賃金を削減されてしまったりするわけです。そのため、ただでさえ激務と言われることの多い建設コンサルタントという仕事において、「営業職」となるとかなりの激務になるでしょう。

「建設コンサルタント」は激務な仕事

いかがでしたでしょうか。 今回は、「建設コンサルタント」という仕事に焦点を当てて、激務な仕事の一つと言われる理由について様々な観点から見てきました。 確かに、「建設コンサルタント」という仕事はよく激務な職業の一つということで話題に取り上げられることが多いです、必ずしもすべての建設コンサルタント会社が激務な職場だというわけではありません。そのため、もし建設コンサルタントへの転職や就職を考える場合は、その会社の概要や展開している事業内容についてしっかりと把握しておくことが重要になります。これが、激務な仕事と言われる職業への転職や就職を考える場合のポイントになります。 今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング