IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建設コンサルタントは激務なのか?激務と言われる仕事内容と理由

更新日:2020年11月04日

プログラミング学習

皆さんは「建設コンサルタント」にどんなイメージを持ちますか?たぶん非常にイメージしやすいというわけではありませんよね。実は、この建設コンサルタントというのは激務な仕事と言われているんです。今回は、実際に「建設コンサルタント」が激務なのかどうかを見てみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「建設コンサルタント」は激務な仕事?

「建設コンサルタント」と聞いてどんなイメージを持っているでしょうか。おそらく、そもそも建設コンサルタントという仕事があること自体知らなかったという方も少なくないのではないでしょうか。 もしくは、建設コンサルタントという仕事があることは知っていたけども、その主な業務内容やどんな職業なのかまではあまりイメージが湧かないという方が多いでしょう。実は、この建設コンサルタントという職業は、激務なことでよく話題に挙がる仕事です。 今回は、そんな「建設コンサルタント」という仕事が実際に激務なのか、また激務だと言われる理由にはどんな点が挙げられるのかについて様々な観点から見て行きましょう。

「建設コンサルタント」の主な仕事内容

そもそも建設コンサルタントという職業が主にどんな仕事を扱っているのかがわからないことには先に進まないので、まずは建設コンサルタントの主な業務内容について見ていきましょう。

「建設コンサルタント」はサービス業

「建設コンサルタント」とは建設関係の業務に関するアドバイザー

「建設コンサルタント」は激務な仕事の一つ

ここからは今回のテーマでもある、実際に「建設コンサルタント」という仕事が激務な職業なのかについて詳しく見ていきましょう。先に結論から言いますと、建設コンサルタントという仕事は激務な職業の中の櫃と言っても過言ではないでしょう。 では、建設コンサルタントという仕事が激務な職業であると言える理由についていくつか見ていきましょう。

「公共事業」に関する案件は利益率が低い

そもそも、「建設コンサルタント」という仕事が扱うアドバイザーとしての業務は、主に国や公共団体が中心となって取り扱う、トンネルや道路、また鉄道や空港などの公共施設の建設に対して行うものがほとんどです。 しかし、こういったトンネルや道路、鉄道や空港などの公共施設の建設事業というのは、そもそも利益を追求するような種類の仕事ではありません。そのため、発注額は低く設定されることが普通で、さらにそれに比例してこの公共施設の建設事業に携わる業者の利益率は低くなってしまいます。 それは、建設コンサルタントという仕事も例外ではなく、多くの案件をこなしてもその一つ一つの事業から得られる利益はやはり低いです。そのため、ある程度の利益を上げるために、こなさなければならない案件も増え、それに伴って労働時間も増えてしまいがちです。つまり、激務になりがちな職場だと言えるでしょう。

深夜残業が頻繁

労働時間が長引きやすいということは、必然的に出勤時間・帰宅時間が早まったり、遅くなってしまったりするということです。特に、建設コンサルタントという仕事の場合は、深夜残業が多くなりがちです。しかし、その深夜残業分の賃金は会社から出ないケースがほとんどになります。 そのため、建設コンサルタントは激務な職場と言われることが多いのです。

知識や技術の無さを理由に手当が出ない

次のページ:「建設コンサルタント」は激務な仕事
初回公開日:2017年05月12日

記載されている内容は2017年05月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング