IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リフォーム営業はきつい?仕事内容と役立つ資格・コツやノウハウ

就活

リフォーム営業にはどんな仕事がありどのような心構えが必要でしょうか。リフォーム営業では外回りも必要なのでしょうか。キツイ理由も攻略法を知っておけばアクシデントにも強くなりますね。ノウハウを踏まえた仕事の内容を例えからまとめ営業の方法を想像してみましょう。

更新日時:

リフォーム営業の仕事内容

リフォーム業界の営業職はkびしいという話をきいたことはないでしょうか。 リフォーム業界は厳しいと囁かれている理由を事前に理解をしておくことで、リフォームの営業に生きがいを感じられ天職にすることが出来ます。リフォーム営業の仕事内容をシチュエーションごとに見ていきましょう。

リフォーム営業はキツイ?どんな仕事なのか

リフォームの営業の仕事は具体的にどのような任務があるのでしょうか。営業とは売りたいものを販売するために、その企業とお客様の間に入り実際に販売されてからもアフターフォローを行うなどがあります。 その売りたいものは物体からサービスまで、企業の数に伴い営業が扱う中身が異なります。どんな営業にもPCDAサイクルが成り立つことになる為にリフォームの営業でも例外はなくそのサイクルに従った業務をこなしていくことになることが解ります。 営業にはノルマなんて言葉がつきものなのも、このPCDAサイクルがあるためです。営業の仕事ではノルマと言われている数字を用いた業績数字の計画を立てることや、新規のお役様を獲得するためにはどんな手法で臨むと良いかなど自分で自分の目標が達成できるように自分で考えて行動することが当たり前になります。

営業のイメージとリフォームの営業

一般的な営業のイメージには段取りが良く頭の回転が速い人だとの職種で挙げられることもこうした仕事の段取りがしっかりできて先を見越した行動を自主的に起こす人なのでそのような賢いイメージが持たれるのでしょう。 リフォーム営業はお客様に対してのリフォーム内容を提案することもリフォーム営業の仕事内容の一環ですがリフォームをしたいと思って店舗にいらっしゃるお客様の他にも新規のリフォーム案件を自分の目と足で探しに歩くことも重要です。 リフォームしたいと思っている人は実際には多くいらっしゃいます。リフォーム営業見極めたい先見の目があります。それは、リフォームの為に掛かる費用を考えると踏む出せないお客様のお気持ちを察する洞察力や、リフォームが本当に必要かどうかの見当もつかない為に的確なリフォームのおすすめアドバイスを知識としても提供することなどです。

訪問営業もあると喜ばれるリフォームの提案

リフォームの営業は実際に町を歩きながら飛び込みの営業を行うことがあり近所でもよく話題になります。リフォーム会社がどこにあってどんな会社なのかなども知られていなければ怪しまれてしまいます。ご挨拶がてら訪問営業はあると親近感が湧きお客様の獲得にも繋がりやすいでしょう。 お客様の年齢層を考えてみると日中在宅されておられる方は高齢の方や平日休みのパート主婦層、それと出産前後の子育て世代といったところです。その中で住宅をお持ちで尚且つリフォームをお勧めできる年齢層にはかなり絞られてしまいます。しかし決めつけることなく偶然にもお会いできたその方の口コミを意識して営業トークは手抜きをしてはいけません。 訪問した後にもしも見込み客としてリストアップ出来たとしたらお見積りやお得な情報を持って頻繁になりすぎないほど良い程度でお伺いしなければならず、訪問の回数や頻度に置いてもリフォームの営業では注意が必要です。リフォームは緊急性があまりないために断られやすいからです。 リフォーム営業の業務に興味を持ち、リフォーム業界への就職を検討しているなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

リフォーム営業のノウハウやコツ

では実際にリーフォーム営業のノウハウやコツにはどんなことが必要でしょうか。リフォームは形がある物を直したりする為に新規のお客様を獲得する市場は目に見えてわかりやすいものです。会社の中だけでは終わらない営業の見本になれるような営業ノウハウを考えてみましょう。

喜ばれるリフォームの提案を

リフォーム営業についての仕事内容が会社の中だけで終わらないのは住宅リフォームは住宅を見て判断してお勧めしてあげることがお客様には必要だからです。お家の耐久性や客観的な外観など住まわれている本人では中々気が付くことができません。その為にリフォーム営業のプロがリフォームの必要性を教えて差し上げます。 リフォームが必要な家に何も知らずにお住まいの方は沢山いらっしゃいます。もしかしたらそのお宅の耐久性や衛星面において危険が潜んでいるかもしれないのです。そういった一般の方では気づきにくいとても重要な部分をリフォームの営業があえてご提案して差し上げるのです。 リフォームの営業は、そんな気づきを察した心づかいが伝えやすい営業といえます。 特に緊急性の高いリフォームでは潜む危険を回避できたお客様からひとしお感謝されることでしょう。年齢を重ねるほどにお家も年を取っていくものです。住みやすいお宅を提案するリフォームの営業はなくてはならないお仕事です。 もちろんアフターフォローもしっかりしたいのですが、リフォーム完成までの一連がリフォーム営業としての誇りであり、リフォームの営業の生きがいに成りえます。お客様の立場になってリフォームを提案し、競合店との差を自分自身の人柄だと言えるのであれば、こんな頼もしい営業はありません。

営業トークの前に情報提供で興味を持ってもらおう

新規でお客様の獲得を行うことには抵抗があって当然です。仕事以外では見ず知らずのお宅に出入りなんてしませんから緊張もして当たり前です。勇気をもって新規のお宅に向かいましょう。初めは外観から様子を伺いそのお宅が必要とするような内容のパンフレットをポスティングするだけでいいのです。 リフォームをしたことがない方であればあるこそリフォームの知識も少ないことでしょう。リフォームの営業として学んだ間違いのない知識をリフォームのは入り口として咲く際したチラシ程度の内容で構いません。自分が貰った時に気になるような内容を相手の状況を考えて作成することがポイントです。 一回目の訪問でパンフレットをポストへ入れてその続編のパンフレットを一週間程度休日を挟んだ後に再びポストにお届けしましょう。営業は初めから面と向かって会話を試みてもいきなりの営業に興味が湧かず拒否反応で返ってきます。

お客様からリフォームについて興味を持ってもらうことが鍵です

不信感を抱く方もいらっしゃいますので余計に門前払いを食らいます。リフォームに関しての知識を少しずつ入れさせてもらいリフォームについて興味を持ってもらうことがリフォーム営業の極意です。興味を持ってもらえた時点からお客様から質問が出るようになりリフォームについての営業トークも嫌味なくはかどります。 後日リフォームについてのチラシを見ていただけたかの確認を踏まえて時期を見計らい面会を希望します。玄関先で構わないので直接お会いしてトークが出来る時間を頂戴しましょう。予期せぬことが起こらないように事前にお話の日程を記して置くことなども必要です。 お客様は営業が自宅へ来たことに対して警戒心を持っていますので興味を持っていただけるまでインターホンではさりげなくご挨拶程度が望ましいです。実際にお会いできるまでは「チラシを入れさせてもらいます」や「入れさせていただいたチラシはご覧いただけましたか?また今度お伺いします」など一言程度で去ることがポイントです。

玄関先への誘導はチラシでの興味付け。そのあとは?

お客様の立場になって差支えのない程度の営業トークと実際に合った時の営業トークは別物です。玄関先に出てきてもらえたことからリフォームに対して興味を持っていることが窺がえるからです。お会いできたからと売り急ぐようではリフォーム営業は達成が難しいです。 実際にチラシを見るまでは興味もなかったリフォームに関してお客様が気になり始めていることやいつも来てくれるリフォームの営業らしきあなたに尋ねたいことがあるなど、お客様が会いたいと思ってくれていることだけでも背景にはいろんな理由があろうと想像がつきます。

会ってくれたお客様の言葉や表情などのようすから悩みを推測する

お客様の警戒心がほどけリフォーム営業だと解っているお客様はきっと何らかのお宅の悩みをお持ちのことでしょう。何度も足を運びお客様のリフォーム営業に対する警戒心も取れた暁には売ることの前に、悩みをお持ちであろうお客様の表情や言葉に注意してその内容を引き出す様にお客様のほうからお話ししてもらえる様に営業トークを広げていきます。 疑問符で会話に受け答えをするのです。会話している相手から尋ねられたり困っている様子が察しられるとそれに応えようとするのが人情です。悩んでいるときに話をしてすっきりする様に、営業トークでもお客様からいかにおしゃべりになってもらうかが大切になります。

リフォーム営業の年収や給料はどれいくらい?

リフォーム営業は接客業のような心配りも必要でなんだかとっても大変そう。仕事内容に見合った年収は見込めるのでしょうか。年齢や経験によって変動はあるのかという点を見ていきましょう。 自分の希望する条件がそろう企業で働きたいと思ったら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントなら、求人の紹介や条件の交渉まで行ってくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

リフォーム営業の応募対象

営業は知識や常識など人と接する際に最低限一般的な教養も必要です。これは信頼関係に繋がる為です。リフォームの営業はリフォームについての知識をお客様に教えて差し上げることが求められ質問に答えられるようにしておかなければなりません。 数字のことや語学に加え常識の範囲内のことなら何の苦もなく答えられなければお客様から不審に思われてしまい信頼には遠のいてしまいます。したがって、リフォーム営業に求められるスペックは低くはありません。学歴は最低でも高校卒業は必須です。

年収は見込めるのか。平均と比べて?

リフォーム営業の年収は月給20万円前後からとごく一般的か少し上くらいになるでしょう。 営業に関して住宅のことや販売のことなど覚えておかなければならない分野も専門的なものの為に年収は決して低くはありません。その分経験がある人は経験を考慮した年収が見込めることでしょう。 こう考えるとリフォーム営業の仕事は、末永く継続して勤務することも十分に視野に入れられる経験重視の仕事とも言えるでしょう。中途採用ではこのような点は是非知っておいて欲しいことです。専門的な分野を勉強することは簡単なことではありませんし反対に考えると一度身に付いた知識は生涯の知識になりえます。 まっさらから始めることも地域が変われば皆初心者になる為にリフォーム営業に初めて就く方もベテランが同期にいるかもしれません。心強い味方がいるかもしれないと考えたらスキルアップ遠くありません。

リフォーム営業は本当にキツイ?

営業分野における住宅業界の中でもリフォーム営業の仕事はキツイでしょうか?キツイかもしれない業務内容を例にあげて想像して判断してみましょう。

リフォーム営業は本当にキツイ仕事なのか?

リフォーム営業がキツイと考えられる業務内容は外回りです。外回りとは営業方法において最も重要な現場の確認から発する営業のことでこれには天候や季節が関係ありません。その為に夏は暑い冬は寒い雨は冷たいなど、室内業務だったらありえない肉体的にキツイと感じてしまうことが想定されるからリフォーム営業はキツイと言えるでしょう。 しかしこのような外的環境による肉体的キツさは天気予報と共に営業の日程をスケージューリングすれば回避できます。リフォーム営業は長時間外回りを連続して行うことよりもこまめにニーズに応じて動く事のほうが重要になるのでこれは自分次第であらかたまかなえます。

肉体的キツさよりも精神的にキツイのではないか?

リフォーム営業が精神的にキツイと感じるであろう業務内容は接客にあります。リフォーム営業は自分のデスクから離れてお客様のお宅に出向くためにアウェイ感がある為仕事の環境にその都度慣れが必要になります。その慣れが来るまではその都度新鮮でいられるため適度な緊張感がありなれ合いにはなりません。 環境の変化に伴うストレスに極度に弱い方には向かないかもしれません。しかし、いつも新しいお客様に出会える喜びや、思いやりなど人間味あふれる仕事であるのでそれ以上に仕事の充実感や温かみ、達成感など得られるものがとても大きいことが最大の喜びになります。 肉体的にキツイのは外的環境で予定は自分次第でなんとでも計画が可能なことと、精神的には外回りで出くわす接客においての苦痛は自分がお客様のコンサルタントだと自負すれば何も思い悩むことはありません。コンサルタントが優しい仕事では決してありませんが人が人を育てる喜びは何にも代えがたい情熱がありますので発想の転換次第で経験値に花が咲くことが可能となるでしょう。

リフォーム営業方法は?

営業方法は人それぞれかもしれません?確かに個性はありますがリフォーム営業方法は必須ポイントを抑えることが基本です。

営業方法を大まかに押さえておきたい

リフォームするのは住宅です。まずは住宅の構造を思い浮かべてみましょう。住宅には屋根があり、壁があります。住宅が成り立つ部分にリフォームは可能だということです。こう考えるとリフォームに提案する個所は少なくはないことが解ります。 外からは屋根や外壁が見てわかりますので住宅の状態を把握した上でリフォームの提案が可能です。外回りで実際に見てから提案するのであながち間違いなく提案できます。屋根は真上が見えにくいものですが崩れ落ちそうな瓦や錆びた屋根なら初心者でも見て判断が出来ます。 次に重要なのがお住まいのお客様が今その時にどんな生活状況下におられるかということです。アンケート形式で応えてもらえるならばそれに越したことはないのでしょうがリフォーム営業なら外回りからお宅の家庭環境の様子を推測することもある程度可能なものです。 表札や自転車やおもちゃなどの置物、洗濯物など外から見て見えるものからおおよそを推測します。それにより提案の内容にしかり適したタイミングを図ることもリフォーム営業には必須です。パッと見た程度でわかる範囲で構いませんので常識の範囲内で行動を心がけましょう。

リフォーム営業に役立つ資格

住宅関連の資格はリフォーム営業に役立つ

1.建築士 2.木造建築士 3.建築施工管理技士 4.マンション管理士 5.電気工事士 6.一般耐震技術コーディネーター 7.マンションリフォームマネージャー 8.福祉住環境コーディネーター 9.増改築相談員 10.リフォーム提案士

資格取得は必要か

資格の取得が義務つけられている仕事もあるので必ずしも上記の資格の取得をリフォーム営業が取得したいとは言い切れません。特に国家資格にはそれがなければ仕事を請け負うこともできないのです。リフォーム営業の為に役立つ資格やリフォーム営業の為に自分が必要だと感じた内容が資格で表されれば良いでしょう。 例えばご自宅で高齢者がいらっしゃるようであれば歩きやすさや寒さ対策などの提案はごく一般的に想像がつきます。同じようにペットを飼育されているのならその生き物に適した住宅の設備に関するリフォームの提案などがあります。 資格については自分の興味から取得を考えるのも良いでしょう。リフォーム営業に特色が付いて信頼度も増します。

リフォーム営業のやりがい

このように、リフォーム営業の仕事は世界が広いことが特徴です。これに関して内容や営業方法などを考えてみると住宅に関する知識が必要であることが見えてきました。資格を取得することもおすすめです。資格取得に取り組む事で住宅のことが詳しく勉強することになるために一般のお客様に説明したりお教えしたりすることに自信が付くからです。 リフォーム営業は自分の教養も増えると同時にお客様のことを考えられる接客スキルも自動的に習得できることでしょう。リフォーム営業のノウハウでお客様の安心・安全を親身になってご提案しましょう。 人に感謝し感謝されるとやりがいになります。思いやりでリフォーム営業に挑み笑顔にたくさん出会いましょう。

関連タグ

アクセスランキング