IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

よくあるSEが仕事を辞めたい理由一覧|辞めたい場合の対処法

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

SEは過酷な仕事です。今までに、もう辞めたいという衝動に駆られた人は少なくないでしょう。自分はSEに向いていないのではないか?労働環境が悪い、人間関係が上手くいかないなど辞めたい理由は人それぞれです。理由はともあれ辞めた後の転職をどうするか紹介していきます。

SEを辞めたい理由

もうSEを辞めたいと考えている人はかなりの数に及びます。自分が関わったシステムを完成させたときの充実感・達成感は他の職種では経験できないものです。しかしその過程に進むまでのプロセスがかなりハードで、この仕事を続けていけるだろうかと迷ってしまう場面はどなたでも経験されるでしょう。

SEを辞めたい理由・給料が安い

SEと言う職種はコンピューターとプログラムなどの専門的知識が必要な高度な技術を要します。しかし現状はSEの給料は非常に安くて自分のスキルに見合った報酬は支払われていない企業が多い現実があります。 自分がSEの仕事が好きで始めた仕事なので安い給料でも耐えて一生懸命に働くSEさんも多数いますが、自分の給料を計算してみたら「新人のコンビニエンスストアのアルバイトの時給よりも安かったという」事例もあるのです。 必死に働いても給料もあがらなくて自分の将来的な人生設計の希望も見えない状況に絶望感を持ったSEは、今の職場を辞めてもっと簡単に収入を得れる仕事への転職を決意してしまうようです。

SEを辞めたい理由・仕事がきつい

SEの仕事は何と言ってもハードワークです。それはとにかく面倒な作業の連続だからです、特に納期が迫ってくると俗にデスマーチと呼ばれる過酷な労働環境で労働を強いられることも多いのです。量に対しての配属人員が足りないのに仕事を仕上げるように催促されながら連日の泊まり込みで働くということが当たり前なのがSEの仕事なのです。 このような労働環境では如何に体力に自信のあるSEでも健康状態に支障をきたすのは当然と言えます。辞めたいというよりも、どちらかと言うと健康状態が悪化してしまい辞めざるを得ない状況に追い込まれて仕事を離れるSEも数多くおられます。

SEを辞めたい理由・上司が役に立たない

無能で役に立たない上司の下で働くことほどストレスがたまり仕事が捗らない状況はないでしょう。SEに限らずどんな仕事でも稀に上司が無能で役に立たない可能性はあります。しかし残念なことに特にSE業界では無能な上司に当たってしまう確率が高い業界なのです。 SEの仕事は高度な専門技術が要求されますが、その業務に於いてのプロジェクトを管理するマネージャーには専門的な知識に乏しい人物が配属されることが多いのです。プロジェクトの難易度も把握できずに業務に必要な人員管理に人月計算も無茶苦茶であったりと到底SEのマネージャーとして全く不適格な上司であることも珍しくない現状です。 上記のような無能で役に立たない上司の方が自分よりも給料が多いとなれば誰だってSEの仕事が馬鹿馬鹿しくなるのも当然であり、上司へのストレスと理不尽な待遇に我慢できずに辞めるという選択肢も仕方ない判断です。

SEを辞めたい理由・想像を絶する激務

SEの仕事はとにかく激務です。終電を逃してしまうのは当たり前ですし、納期前は会社に泊まり込みで徹夜で仕事いう状況が日常茶飯事に起きるのがSEの業界なのです。 あわせて仕事の量が膨大な事が災いして、来る日も来る日も仕事をこなしても自分が楽になることはありません。このような悪い労働環境は2次下請け、3次下請けといったSEになるほど悪化していきます。当然のことながら下請けのSEは目も回るような忙しさに耐えられず、会社を辞めて人間らしく働ける会社を求めて転職を考える人が多いです。

SEを辞めたい理由・中年以降のキャリアプランが立てにくい

大抵の人がSEを辞める理由にはSEとしての勤続年数の短さがあります。SEには「35年定年説」と言った言葉が有ります通り、余程の重要な役職にでも昇進しない限り、中年以降に会社に残れる人はほとんどの場合いません。 このような背景から中年以降のキャリアプランが立てにくいため、将来に不安を感じて会社を辞める人は多いです。そしてSEは前項でも述べたように激務であるため休日出勤は当たり前でプライベートはないに等しく、苦労して稼いだお金を使う暇すらありません。 お金を貯めて、自分で起業したほうが自由な生活ができますし、長年に渡り培ったSEとしてのスキルを活かして事業展開もしやすいので辞めるのにベストなタイミングで会社を去る人も多いのは当然と言えます。

SEを辞めたい理由・精神的に安定しない

SEと言う仕事は自分の勤務先の会社で仕事をするだけではなくて出向型のSEも多く存在します。出向型のSEは期間限定で他社に出向して仕事をしますので、プロジェクトが終了するたびに職場が変わることになります。 このような業務形態ですとプロジェクトに参加するたびに人間関係を構築しなければなりませんので、いつまでたっても精神的には安定しません。そして自社でのSEであってもプロジェクトマネージャーとの相性が悪いとこれもまたストレスが生じます。このように人間関係に悩んだ結果、これ以上は精神衛生上良くないと判断して会社を辞めてしまうSEは多いです。

SEを辞めたい理由・技術の進化にスキルが追い付かない

IT業界では日々新しい技術や言語が誕生しますので、それを学ぶことを継続できる忍耐力と頭の回転の良さを備え持った人間でないと仕事を継続することは出来なくなります。更には常に仕事は忙しく新しい技術に迅速に対応しなければならないという辛さもあります。 これは誰しもが出来る事ではありません。日々進化する技術を習得できない、仕事の流れについていくのに疲れ果てた人はSEの仕事を辞めて別の業界のシステム部門への転職を試みる人もいます。

SEを辞めたい理由・ポジション別の対応

前項までSEを辞めたい理由を紹介してきましたが、皆様が自分に当てはまる理由がありましたか?ここからは自分の置かれているポジションに於いての辞めたい理由を紹介していきます。新卒のSEなのか出向型のSEなのか、またはプロジェクトリーダー的存在なのかによって対応は違うと思いますのでポジション別の対応を紹介していきます。

SEを辞めたい理由・ホスト系(出向型)の場合

次のページ:SEを辞めたいと思ったら転職するべき?
初回公開日:2017年05月17日

記載されている内容は2017年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング