インターンの意義。得られる10の成果

インターンシップ

最近では多くの学生がこの制度を利用していますが、実際にインターンシップではどういった収穫があるのでしょうか。せっかく職場経験をするのなら、しっかりと目的意識を持って取り組みたいものです。そこでこの記事では、インターンで得られる成果についてまとめました。

更新日時:

インターンで得られる10の成果

1.社会で働くことのイメージがつかめる。

「仕事」「社会」とはどういったものなのか、具体的なイメージをつかむことができます。働くことの苦労や楽しみを知ることは、自分を「学生」から「社会人」へと変えていく良いきっかけともなるでしょう。

2.業界について学ぶことができる。

興味のある業界について、よく知らない人も多いのではないでしょうか。実際に体験してみれば業界について様々なことが学べます。説明会だけではわからないことがたくさんあるはずです。

3.ビジネスマナーが身につく。

インターンでは、今まで関わりのなかった社会人と話す機会が多くあります。目上の人への接し方、言葉遣いなど、社会人としてのマナーが身につくでしょう。

4.社会の仕組みを理解できる。

会社の一員として業務に携われば、考えたこともなかったような社会の仕組みに気づくことができます。普段何気なく利用しているサービスが、どのような仕組みで届いているかも学ぶことができるのです。

5.その職業に向いているかがわかる。

体験した職業が、想像していたものと違った!ということもあるかもしれません。体験した職業が自分に向いているものだったにせよ、そうでないにせよ、自分の適性について気づきが得られる良いチャンスになります。

6.社会人としての感覚が身につく。

社会人として働く生活リズムや感覚が身につくことは間違いありません。何時に起き、何時に退社するか、時間をどういった風に活用するか。学生とは違った生活を、一足先に経験してみましょう。

7.就職活動の雰囲気をつかめる。

インターンに参加するには、エントリーシートや面接は必須事項です。ESの書き方や面接のイメージをつかめるというのも、得られる成果の一つです。

8.他の就活生とのつながりができる。

多くの学生と共に議論や作業をすることで、お互いの意識を高めあったり、様々な考えに触れたりすることができるでしょう。インターンは、そういったつながりを作る場としても最適です。

9.技能を高めることができる。

研修を通して技術を高めることができるのも、業務を経験できるインターンならではの成果です。就活本番にも役立つような技能を高めておけるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

10.就職への足がかりとなる。

社員から具体的な就活に関するアドバイスをもらったり、社会人とのつながりを作ったりすることも可能です。企業に自分の意欲や能力を知ってもらえれば、採用に結びつくこともありうるでしょう。 いかかでしょうか。インターンを経験すれば、以上のような成果がきっと得られるはずです。自分の意識を社会へと向けていくために、積極的にインターンに参加しましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)