IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公務員の激務度/公務員の激務部署/職種別の激務度

初回公開日:2017年08月25日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

公務員は、国や、国民のために務める職業として、多くの職種があります。公に務めるからには、その責任はとても重大で、その分保障の部分も厚いです。そんな責任重大な公務員は、激務なのか?また、どの部署が激務で、どんな職種が激務なのか、紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

国民のために働く!公務員とは?

通常の企業で働く場合は、企業の利益のために働くものではないでしょうか。公務員は、企業ではなく、国のために働く責任ある職業と言えるでしょう。 皆さんは、公務員と言えば、どんな職業を思い浮かべますか?「警察官」や「消防士」、「教師」や「市役所の役員」などが有名ではないでしょうか。公務員は、いわゆる「安定した職業」として、希望する方が多い傾向があります。 公務員は、福利厚生の保証も厚く、残業もない、安定した収入が得られると言われていることが、多くの方が公務員を希望される理由ではないでしょうか。そんな公務員について今回は説明していきます。

意外と種類が多い!公務員の種類

公務員として有名な職種では、「警察官」や「消防士」、「自衛官」などを思い浮かべるのではないでしょうか。しかしながら公務員は、国家系の公務員や、地方系の公務員など、多くの種類に分かれていて、あなたが知らない意外な職種も、公務員にあたります。

公安系公務員

皆さんが知っていると言っても過言ではない、「警察官」や「消防士」、「自衛官」などは、「公安系公務員」と呼ばれる職種にあたります。主に警備や、国民の安全を守る職種がこれに該当し、「海上保安官」や「入国警備官」、「皇宮の護衛官」なども、この職種に該当します。

国家系公務員

外務省専門職員や、労働基準監督官などが、これに当てはまります。国をより強く背負っているイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。労働基準に違反している企業がないか調査したり、外務省では、他界語学力を生かして、日本の大使として様々な活躍を期待される立場です。

地方系公務員

郵便局の職員や、市町村議員が有名なところではないでしょうか。国、という大きな土台の中で、様々な地方に分かれています。その地方の安全や、人々が暮らしやすいように努めるのが、「地方系公務員」の務めと、責任と言えるのではないでしょうか。

そのほかにも種類は様々

これらに該当しない種類の公務員は、様々です。教師や保育士などは、「教育系公務員」になります。様々な問題で話題になっている「国会議員」は、国家公務員として、国のためにな重要な業務に携わっています。 「裁判所の職員」などは、一見国家系公務員に分類されると思われがちですが、きちんと、「法律系公務員」、というような種類に分類されているのは、意外と知らないことなのではないでしょうか。

責任の重さからくる重圧!公務員は激務?

責任ある仕事で、国民や国のために働く公務員ですが、職種によっては、責任の重圧が重くのしかかってくる職種もあります。 公務員は激務なのか、どんな職種が、激務だと言われているのか、みなさん気になるところではないでしょうか。では、公務員が激務だとしたら、どの様にに激務なのかを解説していきます。

支援は特に激務!?公務員の激務部署!

公務員の中でも、市役所勤めを希望される方が多くいらっしゃいます。一口に市役所勤めと言っても、その部署は、非常に様々な部署に分かれています。では、どの部署が激務だと言われているのか、激務度が強いと言われている順番に、部署を紹介していきます。

関連タグ

アクセスランキング