IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】グラフィックデザイナーへの志望動機の書き方と例文

書類選考・ES

あらゆる媒体で常に活躍をしているグラフィックデザイナーですが、グラフィックデザイナーに応募してみたいけど、志望動機の書き方が分からないということが一番の悩むところです。未経験でも転職でもグラフィックデザイナーの志望動機の書き方をチェックしてみましょう。

更新日時:

グラフィックデザイナーへの就職での志望動機の書き方+志望動機例文(履歴書+面接カード+面接時)+新卒・転職での中途採用の場合の志望動機+未経験の場合の志望動機

グラフィックデザイナーへの就職での志望動機の書き方

グラフィックデザイナーは多くのメディアでも需要のあるデザイナー職です。各広告媒体やアプリケーションのグラフィックなどそのデザインの仕事の業種は多岐に渡ります。グラフィックデザイナーになるにあたっての資格はこれといって必要はありませんが、グラフィックデザイナーとして働くためには芸術大学や美術大学、グラフィックデザイナーに関する専門学校での勉強が基礎となります。その後、広告代理店や広告制作会社へ就職をし、キャリアを積むことによってフリーランスへの道も目指すことができます。

グラフィックデザイナーの志望動機を書くにあたって、グラフィックデザイナーのスキルを持つことはもちろん、スキルの証明としてPhotoshopやIllustratorなどのグラフィックデザイナーに必須なソフトウェアを一通り学んでいる必要があります。

そしてグラフィックデザイナーはデザイン職であるために、日々の流行のアンテナを張ることと、完成が豊かで創造力が求められる職種でもあります。また、自分の思う良いデザインだけをデザインするだけでなく、クライアントとの打ち合わせでクライアントの要望を聞き、反映できる対応力とコミュニケーション力が必要となってきます。

豊かな感性と作品の豊かさやコミュニケーションの取りやすい人柄を会社は評価しますので、グラフィックデザイナーの志望動機で重要なのは「その会社で働きたい」「自分の学んできたこと、スキルをその会社で発揮していきたい」「クライアントに対応できるコミュニケーション力のアピール」が大切になってくるでしょう。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

どんなにデザインセンスやデザイン力が優れているような人であっても、現場で求められるようなスキルを習得していなければ、即戦力にはなれません。特に広告やプロモーションツールなど制作をする場合は、各媒体に適している配色、構図、販促的な文字の配列なども勉強していなければ、グラフィックデザイナーとしての大きな活躍は難しいでしょう。

グラフィックデザイナーに必須のソフトウェアといえば、IllustratorやPhotoshopが必須です。特に広告系や雑誌系のグラフィックデザイナーとなってくると、InDesignなどのDTP制作ソフトの習得が必要となってきます。こういったグラフィックデザイナーに必須のスキルを学んでいるということも、志望動機を書く上での良いアピールとなることでしょう。

また、スキルを習得したという証明のような物が欲しい、アピールしたい場合は、Adobe認定エキスパートやDTPエキスパート認証試験、色彩検定、Photoshopクリエイター能力認定試験とIllustratorクリエイター能力認定試験などのソフトウェア関連の資格を取得することによって、資格欄での穴埋めとしても活躍するでしょう。

グラフィックデザイナーの志望動機例文

グラフィックデザイナーの志望動機を書く上では、どのように書いたらいいのか、どんなニュアンスがいいのか分からなくて詰んでしまいます。そこで、グラフィックデザイナーの志望動機の例文をいくつかご紹介します。グラフィックデザイナーでは、ポートフォリオの提出も求められる場合もありますので、ポートフォリオのプレゼンテーションも忘れずに準備しておきましょう。志望動機を作成する際の参考になれば幸いです。

志望動機の例文その1(履歴書編)

「私は粘り強く、強靭な性格です。目標を決めたら、最後までやり直す責任感をもって仕事をすることができます。 前職の仕事では、クライアントの要望を中心に、仕様作成、電子メールマガジンの作成、イメージやバナーの作成など、主にWebを中心に作業をしておりました。 Webデザイナーとしての経験はないですが、高い技術的スキルを持つ会社にて、スキルを向上させて有用なものにし、いつでもユーザーの目線になれるようなサービスを常に目指したいと思っております。精一杯頑張らせていただきますので、よろしくお願い致します。」

志望動機の例文その2(面接カード編)

「私はゲームの3DCGに興味を持ち、今まで自習で勉強をしてきました。 特に御社のようなユーザをワクワクさせるようなゲーム制作にとても憧れを抱いておりました。そして、ゲーム制作に取り組むことに加え、経験を積んだ後にスキルを向上させたいと思っていたので、募集情報を見て応募しました。 現在、自主制作でのCG制作の分野は3Dモデリングですが、全体的なゲーム制作を学びたいので、御社でスキルやセンスをさらに磨き、経験豊かでユーザを常にワクワクさせるようなグラフィックデザイナーになりたいです。」

志望動機の例文その3(面接時編)

『私はサイト作成作業に非常に興味があり、御社のクライアントに対する熱意に惹かれ、応募させていただきました。 前職にて、PhotoshopやIllustratorなどの画像処理ソフトを使用していたので、問題なく画像の加工や制作ができるかと思います。 仕事にはブランクがいくつかありますが、御社のようにクライアントに対しての熱意を持ち、一日も早く即戦力となるよう、努力してまいりますので、よろしくお願い致します。』

新卒・転職での中途採用の場合の志望動機

ニュアンスはつかめたでしょうか。続いて、新卒、転職でのケースのグラフィックデザイナーの志望動機をみていきましょう。やはり、新卒と転職者だと違ってきますので、自分が応募する雇用形態に合わせた志望動機を書くことや、面接時に答えられるようにしておきましょう。

新卒でのグラフィックデザイナーの志望動機

「私は小さい頃から御社のゲームをプレーしていて、いつもワクワクしながらプレーを楽しんでおりました。ゲーム制作に興味を持ったのも御社の魅力的なゲームがあったからです。大学では、グラフィックデザイナーとして必要なソフトの基本をしっかりと習得し、どのようなデザイン媒体にも対応できるよう、3Dモデリングやスマートフォンアプリのグラフィック技術も学んでまいりました。 そして日頃から人と話すことが好きなので、コミュニケーション力も人並みにあるとは思っております。私が御社のゲームでワクワクしていたように、今後は多くの人の為のワクワクを作りだし、御社と共に歩んでいきたいです。」

転職でのグラフィックデザイナーの志望動機

「以前は広告代理店にて、クライアント向けの広告グラフィックデザイン業務を行っておりました。クライアントからは「仕事が早くて、素敵なデザインをありがとう」と多くのお客様に感謝されておりましたことを私としてはとても嬉しいことでした。私が御社を応募した理由は、多くのお客様への信頼とクオリティの高い物を作り出していることに興味があり、応募させて頂きました。」

未経験のグラフィックデザイナー場合の志望動機

転職として未経験でグラフィックデザイナーを目指すことは容易ではありません。ただ、コミュニケーション力を求められる職種でもあるので、ある程度のデザイン力とコミュニケーションがあれば未経験でもグラフィックデザイナーを目指すことはできるでしょう。 未経験でのグラフィックデザイナーの志望動機を書く場合は「●●というきっかけがあり、グラフィックデザイナーという職種に興味を持った」というアピールが大切です。「ただ何となくやってみたいと思ったから」という理由ではあまりにも曖昧な為「うちでなくても良いのでは?」というように思われてしまいます。 未経験でのグラフィックデザイナーを目指すのであれば、まずはアルバイトとして勉強をして経験を積むことが大切になってきます。そういう意味では、グラフィックデザイナーの専門学校や職業訓練校などに通うことも視野に入れておくといいでしょう。

しっかりと志望動機を準備してグラフィックデザイナーになろう

いかがでしたでしょうか。 グラフィックデザイナーになる場合、ある程度の経験を求められることが多いです。 その経験をもとに自分なりの志望動機を作り上げて、グラフィックデザイナーになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング