IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

予備校講師の年収/採用試験/年齢について|カリスマ講師の年収

職種研究

予備校講師が実際はどんな仕事をしているのか、知っていますか。今回は予備校講師の年収はどのくらいなのか、また予備校講師になるために必要な学歴、採用試験などに注目してまとめました。予備校講師になりたい人はぜひ、参考にしてみてください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

予備校講師の年収

どれくらいもらえるの?

学校の教師ではなく、塾や予備校で勉強を教える人が講師です。予備校講師などは一時期、持て囃されたことがありますが、今ではそれはかなり落ち着いています。特に少子化によってそもそも予備校に来てくれる子供が少なくなっている、ということもあり、一時期よりは勢いを失っているといってもよいでしょう。しかし、それでも確実にある職業ですし、また稼いでいる人はやはりとても稼いでいます。 まずは予備校講師はどの程度稼ぐことができるのか、気になることでしょう。はっきりいって、勤務形態や或いは大手予備校であるのかどうかなどによってもかなり違うのですが、全体的な統計自体のデータがあります。 それによりますと予備校講師の平均年収は統計によると380万円弱程度です。サラリーマンの平均年収よりも低めとなっていますが、あくまで予備校講師なので参考程度に見ておいたほうがよいでしょう。

給与形態

給料形態ですが、そもそも完全に実働実績によって計算されることが殆どであり、実力があれば高くもなりますし、多くの授業の担当をさせてもらうことができるようになります。さすがに新人からとにかくたくさんの講義を、というわけにはいかないからです。予備校講師の報酬ですが基本となるのが『基本報酬×コマ数』になります。 基本報酬は当然ですが人によって大きく違うことになります。人気がある予備校講師であれば受けたいと考える人が多くなりますので、極めて高くなることでしょう。それがダイレクトに給料に影響してくる、ということになります。

予備校講師に必要な学歴

学歴として

予備校講師といっても高校なのか大学なのかとか色々と違いがあるのですが、少なくとも高学歴であることが求められると思っておいたほうがよいでしょう。資格としては別に予備校講師になるためのものはないのですし、しっかりとわかりやすく教えることができればそれでもよいのですが、教えられる側からすれば予備校講師が低学歴では信用できない、となるのは仕方ないことでしょう。また、実際に教えることが上手いかどうかは別にしても高学歴のほうが学力があるという担保にはなります。 その為、予備校講師には少なからず大卒以上の学歴が求められることが基本になってくることでしょう。

採用試験

予備校によって違う

予備校も当然、採用試験を実施しています。新卒であれ、中途であれ、或いは非正規雇用であろうもと予備校講師になるにはまずはそこで採用される必要性があります。では、どんなことをするのか、といいますとまずは学力を確認されます。 これは学歴なども加味して判断されることになります。採用試験となるのは普通の就職採用試験と似たようなことをまずはします。

まずは書類選考から

採用試験において、まずは書類選考があります。学歴などが評価されるポイントになるのは間違いないでしょう。字が最低限、悪筆ではないか、というのも見られるところになります。予備校講師とは今時は何事もコンピュータを活用することが多いのですが、やはり板書をすることが授業ではメインになるからです。 そして、志望動機や経歴、他所の予備校でバイトでもよいのでやっていたことがあるならばキチンと書きましょう。

予備校やバイトでの経験が役に立つ!

そこは評価される可能性が高いです。そして、書類審査が通過しますと筆記試験なり、面接試験があります。どちらが先か、或いは一緒にやってしまうのか、というのは予備校によって違うことになります。筆記試験は自分が担当することになる科目、或いはそれを希望している科目になります。予備校講師の筆記試験というのは、人に教えることができる学力があるかどうかのテストでもありますので、相当に難しいことになります。少なくとも難関大学の入試クラスの問題が出ます。加えて、それに合格するか、或いは筆記試験の後などに模擬講義をしてもらうところもあります。

即戦力が望まれる

面接官に対して模擬の講義を見せて、予備校講師としてのスキルがあるのかどうかの確認をされるわけです。このことからもわかるように実はかなり即戦力が望まれることが多い職でもあるのです。ですので、バイトでもよいので予備校なり塾で働いていたことがある経験は採用試験で評価されます、また実際に役に立つことが多いわけです。

カリスマの年収

最高でどのくらい稼げるの?

カリスマ予備校講師というのが何度かマスコミなどによって取り上げられることがあるのですが、こうしたレベルになりますとさすがに相当に稼ぐことができるようになります。前述で平均年収が380万円弱程度と言いましたがカリスマ予備校講師ともなりますと数千万円単位になります。 話題になった人などは5000万円を超えていた、と暴露したことがあります。カリスマともなりますとこれだけ稼ぐことができる職なのです。目指すことは悪くないですし、目標は大きく持ったほうがよいでしょうが極めて一握りの人がなれるものであるとは思っておきましょう。

必要学歴

カリスマであろうと

実際問題として予備校講師には学歴は法的に求めれることはないです。しかし、やはりどうしても学歴は必要になることが多いです。カリスマ講師ともなりますと偏差値でいえば相当に高いところの大学の出身であることが多いです。 そうした大学出身であるからこそ、カリスマとしての説得力がある、という側面もあるのです。ですが、やはり何よりも求められることは実力であるのは確かです。最初のハードルをクリアするために必須となる学歴があるのは確かですが、その後、学歴だけでどうにかなる職ではなく、即戦力が求められる職業と言えるでしょう。

採用年齢

何歳まで可能?

予備校講師ですが、実は年齢制限というものはほとんどないといってよい業界になります。60歳過ぎて一線で講師をしている人もいますし、20代半ばの人もいるのです。採用されるにはそれなりに若いほうがよいのでは、と思うかもしれませんがそれもそこまで極端ではない職業でしょう。 実力があれば人材としては欲しいと、企業側がしっかりと思ってくれるような業界になります。ですから、経験があればいつからでも採用されるようになります。さすがに一からこの業界に飛び込むときにそれなりに若いほうがよいでしょうが、それでも不可能ではないのが予備校講師という職なのです。 新卒は22歳からありますし、中途採用であれば幅は天井知らずに高いのです。

予備校講師の魅力

予備校講師というのは、公的な教師ではありませんがそれでも人に勉強を教える職になります。まして、受検というのはその人の人生にとって途轍もなく大事な関門であるといえます。その関門を乗り越える手伝いができるわけですから、非常に大きなやりがいを見出すことができる職であることは確かでしょう。 給料もある意味では魅力があるといえるでしょう。平均年収自体は決して高くないのですが、上が物凄く高いからです。そうした点も予備校講師になることを目標とする十分な動機となることでしょう。結構な学歴と学力が要求されることになります。そもそも人に大学にいくための勉強を教えるわけですので、教える側はそれこそ120%理解していてこそ、人に教えることができるのです。ですので、学歴がかなり求められる仕事であると思っておいたほうがよいでしょう。 大卒以上であることがほぼ必須になっているといえます。予備校講師になるのであれば大学は卒業しておくことです。但し、別に資格があるわけではありませんから実力がはっきりと証明できるのであれば大卒でないとしても採用されることはあります。しかし、極めて稀なことである、と思っておいたほうがよいでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング