IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ソーシャルワーカーの仕事とは|年収・給料・必要資格・仕事内容など

職種研究

ソーシャルワーカーという仕事をご存知ですか?あまり耳にしないソーシャルワーカーですが、詳しく仕事内容を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回はそんなソーシャルワーカーについて年収や仕事内容など様々な観点からご紹介していきます。

更新日時:

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーとは、どんな人なのか?

ソーシャルワーカーというのは、元々は生活する上で困っている人たちを助ける、ソーシャルな関係から弾かれている人たちと関係を築き、問題を解決する専門職の総称であったのですが、社会福祉士及び介護福祉士法、精神保健福祉士法の制定によって、今では国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の総称になっています。但し、専有資格というわけではなく、無資格者でもソーシャルワーカーの自称は可能になっています。

ですから、ソーシャルワーカーとしての活動を勝手にすることは基本的には問題ないのですが、国家資格としてのであり、社会福祉士と精神保健福祉士があったほうが信頼度が増すことは確かであるといえるでしょう。多くの場合、ソーシャルワーカーとは社会福祉士と精神保健福祉士の資格がある人を指すようになっていますから、その点は注意しておきましょう。 高齢者などの弱者になりやすい層が増えているのでソーシャルワーカーはこれまで以上に期待されている仕事であるといえます。

ソーシャルワーカーはどんなところで働いているのか?

ソーシャルワーカーですが、働いているところは本当にたくさんあります。病院であることもありますし、或いは地域の互助施設であることもあります。自立支援関係の施設もありますし、或いは個人でソーシャルワーカーとして活動している人もいるでしょう。児童相談所もそうですし、養護施設も就職先になっています。児童福祉関係施設、障害者支援施設もソーシャルワーカーの仕事場になっています。幅広いところで働くことができるのがソーシャルワーカーのよいところであるといえるでしょう。

ソーシャルワーカーの年収・給料とは?

どのくらい稼ぐことができるのか?

前述の通り、ソーシャルワーカーの多くは資格として社会福祉士か精神保健福祉士であることが多いです。その分、資格手当てなどがプラスされることがありますし、そもそも専門職扱いになりますから、給料は極端に悪いことはないでしょう。あくまで社会福祉士か精神保健福祉士のソーシャルワーカーのデータになりますが、年収としては350万円弱程度が平均になっています。初任給は20万円弱、というところが多いです。 但し、さすがにどこに勤めるのか、ということに大きく左右されることになりますから、なかなか判断が難しいことは確かでしょう。例えば、最近では社会福祉事務所などがソーシャルワーカーを雇うこともあり、公務員としてのソーシャルワーカーもいます。公務員であれば俸給は表で決まることになりますし、少なからずベースもありますし、確実なボーナスもあります。 そうしたところで働けるソーシャルワーカーはかなり安定している収入となることでしょう。平均して350万円弱ではあるのですが、500万円以上となると相当に厳しくなり、下は結構低い数値になっているのですが上はそこまで高くないのが実情です。しかし、十分に生活ができるレベルではありますから、そこまで心配するようなことはないでしょう。

ソーシャルワーカーの必要資格とは?

ソーシャルワーカーに必須資格はない

ソーシャルワーカーとしての必須資格はありません。しかし、前述の通り、社会福祉士や精神保健福祉士がソーシャルワーカーとしての資格として認知されており、また国もそう認定しています。これがないとソーシャルワーカーを名乗ることができないわけではないのですが、持っていたほうが求人に応募しやすくなりますし、採用されやすくなります。 では、この社会福祉士や精神福祉士の資格ですがいくつもルートがあります。例えば社会福祉士ですが大前提として、社会福祉士国家試験に合格することが必須です。要するに国家試験を受ける必要があるわけですが、これには受検資格がいくつもあります。多くの場合、大学等で指定科目を履修した後に受検したり、養成施設での経験年数によって受検するなどのルートになることでしょう。 精神保健福祉士もルートとしては似たようなものになります。資格がなくてもソーシャルワーカーとして働くことができるのは確かではありますが、資格があったほうが説得力があります。また、資格の勉強によって得られる知識は確実に役に立つことになりますから、資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

ソーシャルワーカーの仕事内容とは?

ソーシャルワーカーはどんな仕事なのか?

ソーシャルワーカーの仕事内容ですが、まずは多くの場合、相談業務があります。相談援助業務がソーシャルワーカーの大事な仕事の一つになっています。世の中にはたくさんの弱者、ソーシャルの輪から外れてしまって、困っている人がいるのです。例えば、独居高齢者、障害者、母子家庭などなど色々とあります。 そうした人たちに助言や指導をすることによって、適切な福祉サービスの提供することがメインの仕事といえます。助言なんか意味があるのか、と思うかもしれませんが社会的な弱者というのはとにかく情報源が少ない、知識が少ない、ということが多いです。つまりは、受けることができる行政サービスに関することを知らず、苦しんでいる人が意外と多いです。 これが助言、指導の部分になります。こうした制度があるので利用してみたらどうか、申請したみたらどうか、ということを伝えるのがソーシャルワーカーの大事な仕事になっています。或いは、保健医療サービス、介護などの福祉サービスなどの専門機関とのパイプ役となることもあります。

ソーシャルワーカーの役割とは?

社会的な意義と役目

ソーシャルワーカーとは行政が本来するべきである弱者救済という役割を果たすことになります。それは慈悲とか慈愛というわけではなく、制度として利用できるものがあるのにそれを知らない人たちなどに情報を伝えたりするのが役目なのです。意外と行政の助成制度というのはしっかりとしいることが多いのです。しかし、上手くアナウンスができていないこともあり、それを市井の弱者に伝えるのがまさにソーシャルワーカーの社会的な意義であるといえるでしょう。

ソーシャルワーカーは意義がある仕事

ソーシャルワーカーは社会的に確実に意義がある仕事であるといえますし、やりがいもあることでしょう。資格がなくてもソーシャルワーカーを名乗ることができるようにはなっていますが、もしキチンとやっていきたいのであれば社会福祉士なり精神保健福祉士の資格を取るようにしたほうがよいでしょう。そうしたほうが採用されやすくなりますし、或いは既にソーシャルワーカーとして働いている場合でもキャリアアップに繋がることになります。収入でいえばそこまで高給とは言いがたい仕事ではあります。 しかし、平均して350万円弱はもらうことができるわけですから、自身が生活に困窮するような収入になるわけではありませんから、キチンともらえているといってもよいでしょう。 とにかく、社会的に意義が高い仕事になりますから、十分に目指す価値があるといえますから、よい職種であることは確かです。世の中には様々な社会的な弱者が存在しています。 行政がそれらをキチンと救うことができるのであればそれにこしたことはないのですが、どうしても漏れてしまう人たちがいるのです。そうした人たちにソーシャル的な関係を築き、キチンと援助、補助していくことがソーシャルワーカーの大事な役割であり、期待されている職分になります。 社会的に素晴らしいことであるといえますし、最近では高齢者層も格段に増大していることもあり、より強くその役割が注視されつつあります。極端な高給職というわけではありませんが、それでも社会的な意義に使命感を感じて目指す人は多いです。人間関係が希薄になっているとされている現代社会において、ソーシャルワーカーはまさにこれからがとても重要になってくる職といえるでしょう。

ソーシャルワーカーの役割を知って仕事に就きましょう!

いかがでしたでしょうか?今回はソーシャルワーカーについてご紹介してきました。ソーシャルワーカーは生活に困っている人を助けるという有意義のある仕事です。ソーシャルワーカーをしっかりと理解して、ソーシャルワーカーの仕事に就きましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング