IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

証券会社の志望動機の書き方と例文|事務職/一般職/インターンなど

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

証券会社といえば、野村證券をはじめとする大手証券会社からSBI証券のような店舗を持たないネット証券があります。野村證券は、新卒でも500万円の収入がもらえる求人もあります。収入の高い証券会社の志望動機の書き方や志望動機の例文やポイントを解説します。

証券会社には、総合職と一般職があります。一般職は基本的には転勤もなく資格も必要としていないことが多く気軽に応募できると考えている人もいます。 ただし、大手の証券会社になると倍率の高い場合があります。気を抜かないで志望動機を作成しましょう。一般職では以下のような志望動機の例文があります。 証券会社の志望動機例文(一般職) 私は、前職の銀行での窓口業務にて個人と法人のお客様を対応してきました。ここでは、一般的な金融知識を覚えることができ、御社の証券会社での窓口業務でも活用できることやお客様の対応を行った経験から、コミュニケーション力が身につきました。この能力を御社の対応でも活かしたいです。 過去の仕事から、現在の仕事への適性があることを示しましょう。特に、コミュニケーション力があることは、お客様の対応では必須なので志望動機に書きましょう。

証券会社の志望動機例文(インターン):業務への意欲をアピール

証券会社では、新卒を対象にしたインターンを行っています。普段は体験することができない証券会社の仕事を行えるので、希望している学生にとってはありがたいでしょう。ただし、インターンへ参加するためには多くの応募者から選ばれなければいけません。そこで、インターン向けの志望動機を解説します。 証券会社の志望動機例文(インターン) 私は小さい頃、両親が株式を購入しているシーン見ていました。 自然と投資について両親と話すようになり、基礎的な知識を得ることができました。 御社がどのような活動をなさっているのかを体験して、そこで感じたことや得た知識 を活かして、私自身も証券会社の仕事を把握して本採用に活かしたいと考えています。 どうして、証券会社のインターンなのか説明できる志望動機を作成します。

証券会社の志望動機例文(営業職):自分のスキルをアピールする志望動機

証券会社の志望動機例文として挙げられるのが、自分の持っている能力をアピールする志望動機です。ここでは、大手の証券会社に務めている人がネット証券に転職したい場合の志望動機の例文を掲載します。 証券会社の志望動機例文(営業職) 証券会社の仕事では、お客様への対応にやりがいを感じています。また、証券会社のお客様については成長の見込みがないと考えています。ネット証券であれば、企業の成長を感じられると考えています。御社では、自分自身の能力を発揮したいと思っています。 このように自分の得意としているスキルと企業の成長について触れることで、熱意のある志望動機を作り上げることができます。

証券会社の志望動機で見られるポイント

証券会社の志望動機で見られることは、自分の証券会社のために志望動機を作成しているかです。単に社会に貢献できるからといった内容ではなく、御社のこのサービスはお客様の幸せにつながるから志望しました。このようなこの企業でなければ志望しないポイントを見ています。 あなたが証券会社を希望しているのであれば、企業・業界研究をして応募する企業にしかない理由を志望動機に書きましょう。

証券会社は、経験を活かした志望動機を書く

いかがでしたか。証券会社の志望動機の書き方や例文を見て自分の経験も活かると考えてもらえたでしょう。その気持ちが証券会社の志望動機を書く上では大切です。過去の仕事も証券会社の仕事でも通用するポイントがあります。それが、お客様への対応なのか営業として成果を上げたことなのか把握して、志望動機に「私にはコレがあるから、御社に貢献できる」と言えるようにしましょう。

初回公開日:2017年08月25日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング