IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2016年マネーフォワードのインターン内容:「倍率」「選考方法」「採用日程」など

インターンシップ

スマホで「家計簿」と検索すると、多数の無料アプリが表示されます。その中でも上位を常にキープしている「マネーフォワード」を作っている株式会社マネーフォワードのインターンについてご紹介します。

更新日時:

急成長中の熱い会社、マネーフォワード

有名家計簿アプリを運営しているマネーフォワードは意外にも、2012年に設立したばかりのまだ若い会社です。若い会社ではありますが、家計簿アプリ「マネーフォワード」のほか、ビジネス向けの会計/請求書/給与計算クラウドサービス、マイナンバー管理サービスなど新しいサービスを次々と打ち出しています。最近では銀行とのサービス提携がニュースになりました。 また、お金に関する知識を得られるWebサイト「マネトク」は、ためになる情報がたくさん掲載されていますので、まだチェックしていない方は今すぐブックマークを。

2016年マネーフォワードのインターン:募集職種、内容

東京都港区にある本社で、Railsエンジニア、iOSエンジニア、Androidエンジニア、フロントエンドエンジニア、Webデザイナー、カスタマーサポート、セールス等、多様な職種を募集しています。決められた研修プログラムをただこなしていくのではなく、実際にサービスの開発や管理に携わることができます。 時給1,000円(別途交通費支給あり)と明記されているのも、学生さんには嬉しいポイントですね。

2016年マネーフォワードのインターン:インターン選考倍率

マネーフォワードはインターン募集人員を公表していませんが、現在就活サービス「Wantedly」を始め、複数の媒体でインターンを募集しています。当然、応募数も増えることが予想されますので、インターンを希望している方はすぐに挑戦しましょう。

2016年マネーフォワードのインターン:選考方法

インターンは随時募集しています。Skypeでの面接も受け付けているので、インターン選考のためだけに上京するのはちょっと…という方も安心です。

2016年マネーフォワードのインターン:採用日程

随時募集中とのことなので、ぜひ参加しましょう! この活気ある会社に少しでも興味がある方は、積極的にインターンに応募して、職場の実際の空気を感じてください。

おわりに

株式会社マネーフォワードのインターンについてご説明しました。皆さんは、有名アプリの開発や運営ができたらなあ…と考えたことはありませんか?その夢が現実のものとなるのです。 マネーフォワードのインターンで、自分の得意分野を磨きつつ、お金の運用にも強くなって最強の社会人を目指しましょう。 マネーフォワードのインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。

面接官が使ってる評価シートをプレゼント!

インターンシップの選考や、終活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 上記2つがわかる資料をこちらに用意しました。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。無料でダウンロードできます。

関連タグ

アクセスランキング