IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

様々な一人暮らしのコツを紹介|ポイント/食事/インテリアなど

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

初めての一人暮らしに不安を募らせている人もいるでしょう。お金の管理や食事などちょっとしたポイントを抑えれば、普通の生活はちゃんと送れます。今回は一人暮らしの食事、インテリアのコツも含めて節約のポイントをたくさん解説していきます。

知っておくと便利な一人暮らしのコツ

中々貯金ができない人になコツ

一人暮らしをするとなると、実家暮らしに比べればわかりますが、かなり金銭的な負担が発生します。実家暮らしでは、家賃や光熱費、食費などを支払わずに済みましたが、一人暮らしですとそうはいきません。なんだかんだ、一人暮らしをしていると貯金をすることができないという人が増えているのです。 しかし、これはコツをつかめば意外と簡単にできるものなのです。一人暮らしでは、出費がかさんでしまいますが、二か月ほど経てば環境にも慣れてくるでしょう。そうなると、どこで出費が発生してしまうのかということがよくわかるはずです。中でも削れそうな部分をピックアップすることによって、節約が可能になります。

貯金ができないという人は、まず自分の収支管理を徹底してみるとよいでしょう。意外と、昼ごはんなどに千円かけているのを五百円にするだけで、月に一万五千円ほどの貯金が可能です。浮いた分を貯金するのもよいですし、何か欠けている部分に充当してもよいでしょう。ここで重要になってくるのは、実家暮らしの金銭感覚から一人暮らしの金銭感覚にシフトチェンジすることです。

電球のストックは切らさない

一人暮らしをしていれば、様々なトラブルに見舞われることがあるでしょう。これは、コツとは少し違ってきますが、コツの一つでもあります。一人暮らしを始めて間もないころに、意外と電球が切れてしまうことがあるのです。電気を長持ちさせるためには、こまめに節電するということも重要です。ですが、前の住居人が電球を変えていないまま引っ越してしまった場合、大抵電球はそのままになっています。住み始めて2週間ほどで電球がいきなり切れてしまうということも大いにあり得るのです。

このストックしておくべき電球ですが、やはりLED照明がよいでしょう。スーパーなどで気軽に購入することができますが、普通の照明よりも少し高いのが特徴です。しかし、通常の電球に比べると明るさも段違いですし、何より省電力で節電が可能です。こういうところから気を付けることで、一人暮らしをする上で、快適な一人暮らしを送れるというわけです。

ご飯に関する一人暮らしのコツ

肉や魚は冷凍する

一人暮らしをしていて、肉や魚を多めに買いすぎてしまうということがあります。大学生の場合は、初めての一人暮らしになりますから、自炊をするにしても初めての連発です。賞味期限が切れてしまえば、そのままゴミ箱に捨ててしまうという人もいるでしょう。 しかし、これは非常にもったいないといえます。肉や魚は、賞味期限が近かったとしても、冷凍することによって日持ちが可能です。肉に関しては、最高でも3か月程持つとされています。魚に関しては、生ものであり、買ってからすぐに冷凍しないと痛む可能性もあるので要注意です。 一人暮らしのコツの一つですが、肉を冷凍してしまえば、冷凍焼けしてしまう可能性もあります。当然、買ってからその日のうちに食べたほうがおいしいですが、冷凍してしまえば鮮度が落ちてしまうので、味も落ちてしまいます。とはいえ、捨てるよりも保存しておいたほうが、食費の節約にもなりますから、コツといえるでしょう。

冷凍食品は神器の一つ

一人暮らしをするうえで、冷凍食品を購入するというのは、必須といってもよいです。そのほかには、インスタント系の食品なども常備しておくとよいでしょう。冷凍食品は、一人暮らしの神器の一つといっても過言ではありません。何かご飯を作りたいというときに、冷蔵庫に何もない状態で、冷凍食品があれば助かるはずです。 社会人なら、家に帰って自炊をするというのが嫌だという人もいますから、常備しておくと便利でしょう。インスタント系の食品に関しては、休日自炊をしたくないときに役に立ちます。即席で作ることができるものばかりですから、時短にもなり効率がよいといえます。

インテリアに関するコツ

色によって運気が変わる?

一人暮らしをするとなれば、部屋のインテリアにこだわるという人も多いでしょう。そこで、やはり最も気にするべきところは、部屋全体の色合いです。この部屋の色には、ジンクスや運気が関係しているのです。 例えば、部屋全体を黒で統一しているという人は、出世できないというものです。これは、黒という色が何色にも染まらないということが関係しており、一定の所でとどまってしまうというものです。成長できるかどうかが色で変わってくるわけではありませんが、モチベーションには大きくかかわってくるでしょう。当然、明るい基調の色にしたほうが、内面も明るくなるでしょうし、モチベーションも向上します。社会人にしても大学生にしても、モチベーションが向上することに越したことはありません。

カーペットを敷くだけでおしゃれに

次のページ:大学生・社会人が使える一人暮らしのコツ
初回公開日:2017年05月14日

記載されている内容は2017年05月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング