IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【項目別】転職回数が多い/少ない場合の職務経歴書の書き方・例文

書類選考

職務経歴書を書く場合に転職回数が多い、少ないため全体がまとまらなかったり省略してもいいのか、と疑問に思ったことがありませんか?この記事ではそんな職務経歴書の基本的な書き方や転職回数によっておすすめの書き方を紹介しています。

更新日時:

職務経歴書の必要性

何のために職務経歴書が必要?

履歴書にも職歴の項目がありますが、実際に面接や書類選考ではこれまでの経歴やスキルなどの方が重視されるため履歴書では把握しきれない部分を職務経歴書が補う役割をしています。さらに職務経歴書を用意することで書類選考含め面接もスムーズに進められます。

転職回数が多い場合は省略可?

転職回数が多いが同じ職種の場合はキャリアを軸にして職務経歴書を作成することができます。ただし、企業によっては不都合なことを隠しているのでは…と考えられる場合もあるため基本的には省略せず記入することをおすすめします。また、アルバイトやパート、契約社員の場合省略してしまいがちですが記入しないと空白の期間ができてしまい「この期間は何をしていた?」と不利になるため職務経歴書にはすべて記入します。

転職回数は少ない方がいい?

転職の数は企業に様々な印象を与えます。単に転職回数が多いからと言って会社への適合性がない、とは言い切れませんし、逆に転職回数が少ないからと言って根気強く続けることができる、とも言い切れません。会社にどう思わせるかはすべて「職務経歴書」によって変わってきます。 仮に同じ職種で何度も転職している場合は「スキルアップ」、別の業種ばかりの場合は共通点を見つけて「最終目標」を決めることで「入社したい」という意思を伝えます。そして、あくまで通過点ではなく腰を据えて仕事をしたいという事を必ずアピールしましょう。 【一般的な印象】 転職回数が多い場合の印象 ・会社への適合性がない ・飽き性 ・様々なものに手を出してしまう 転職回数が少ない場合の印象 ・ひとつの事を極めている ・会社への適合性がある このように様々な印象が与えられますが、たいていの場合は転職回数が多い=悪いイメージが持たれやすいです。しかし、転職回数が少ない場合の「ひとつの事を極めている」というのも言い方を変えれば「与えられたもので満足している=向上心がない」ということです。この様に同じ会社で働いている事をメリットととらえるかデメリットととらえるかはその人次第のため職務経歴書では必ず転職が少ない(多い)のはメリットだと思わせることがポイントとなってきます。

基本的な職務経歴書の書き方

職歴は省略せず全ての職歴とその「退職理由」や前職で培ってきた「スキル」や「資格」、「経験職種」などを必ず記載します。違う業種の場合はできる限りスキルや資格の統一性を持たせることで「転職が多い=社会への適合性が低い」というイメージを和らげることができます。また、転職回数が多いことでどんなメリットがあったのか、という「自己PR」や今後は転職する意思がないことをアピールすることも大切です。 転職が多い場合職務経歴書が長くなってしまいがちですが、「職歴年表」を作成したり全体を「キャリア」でまとめるなどできるだけコンパクトにし、多くてもA4用紙2、3枚におさまるようにしましょう。 基本的には以下の項目を記載し、場合によっては他の項目を増やすことも可能です。 【記載する項目】 ・経歴要約 ・職歴年表(勤務先会社名/期間/雇用形態/経験職種) ・スキル/資格/職務内容 ・自己PR ・その他(特記事項)

全体のレイアウト

職務経歴書を作成する際の全体のレイアウトには職歴年表を作成してできるだけまとめて記載するものと会社ごとに記載するものの大きく分けて2つのパターンあります。 パターン1:まとめて記載① ・経歴要約 ・職歴年表(勤務先会社名/期間/雇用形態/経験職種) ・スキル/資格/職務内容 ・自己PR ・その他(特記事項) パターン2:まとめて記載② ・職歴年表(勤務先会社名/期間/雇用形態/経験職種) ・スキル/資格/職務内容 ・自己PR ・経歴要約 ・その他(特記事項) パターン3:会社ごとに記載 ・職務経歴1   期間:平成〇年〇月〇日~平成〇年〇月〇日   勤務先会社名:   雇用形態/経験職種:   職務内容: ・職務経歴2   期間:平成〇年〇月〇日~平成〇年〇月〇日   勤務先会社名:   雇用形態/経験職種:   職務内容: ・スキル/資格 ・自己PR 転職回数に合わせて全体のレイアウトを決めていきます。パターン1、2は何度か転職している場合、パターン3は初めての転職や転職回数が少ない場合に選択すると全体的にまとまりやすくなります。もちろん転職回数が多い場合でもひとつひとつの会社を記載したいという理由でパターン3を選択することも可能ですが、無理やりA4用紙2、3枚に収めようとして内容が薄くなっては意味がありません。さらに、同じ職種で転職回数が多い場合はパターン1、2を選択した方が確実にまとまります。自分はどのパターンに当てはまるのかをじっくり考えてからパターンを選択し、職務経歴書を作成しましょう。もちろん上記のパターンがすべてではないので必要に応じてレイアウトを変更していきましょう。

経歴要約

「職歴年表」、「スキル/資格/職務内容」、「自己PR」のすべての内容の要約を作成します。企業によっては何十枚もの職務経歴書を確認しますが1枚1枚しっかりと確認する時間がないことがほとんどです。そのためこの経歴要約には大事な役割があります。 できるだけ読まれるようにするためには200~300文字におさめ、ただ淡々と文章のみが書かれているよりも具体的な数字があれば必ず書きましょう。例えば「店舗売り上げがあげることに成功しました」というのを「店舗売り上げが35%アップしました」と変えるだけで印象が残りやすくなります。

職歴年表(勤務先)

基本的に職歴年表には期間、職種、会社名・所属、業務内容を記載します。 【年代式】    期間     会社名・所属  職種   業務内容 平成〇年〇月~   株式会社〇〇  事務  ・入出金の管理   平成〇年〇月  経理部         ・事業部との収支に関する折衝                       ・取引き先の与信管理 平成〇年〇月~   株式会社〇〇  人事  ・入社時新人研修の手配   平成〇年〇月  人事部         ・各支社での営業実習の実施 【キャリア/プロジェクト式】 (プロジェクト名)    職種    期間       業務内容          担当業務 プログラマ   〇年〇か月  大手家電メーカーの     プログラミング、詳細設計、               顧客管理システム開発     テスト         〇年〇か月   寝具メーカーの        プログラミング、               企業予算管理システム開発   詳細設計、テスト Webデザイナー 〇年〇か月    生活雑貨の         構成、レイアウト、                 Webページ作成        コーティング この様に年代別もしくはキャリアやプロジェクト別に職歴年表を作成すると転職の多い場合でもまとまります。また、同業種への転職の場合にはスキルや経験実績をアピールできるので転職回数に関わらずキャリア/プロジェクト式で作成するのもひとつの策です。

スキル/資格

転職回数が多い、少ないに関わらずスキルや資格を取得している場合は必ず記載します。取得している資格が多い場合は転職先に合わせ、会社側が特別なソフトを使える人材を必要としている場合は資格を持っていない場合でも「使用ソフト」というように記載しましょう。

自己PR

多くの会社では履歴書と職務経歴書を用意するように指示されることが多いですが履歴書にも自己PRの項目があります。この2つの自己PRを全く同じ文章にすることも、逆に全く関係のない文章にすることも可能です。しかし、そうしてしまうと結局何が一番アピールしたいことなのかが伝わりにくくなってしまい印象に残りません。 また、履歴書の自己PRを作成するにあたって文字数が制限されているわけではありませんが、枠に入りきらず省略した経験はありませんか?職務経歴書ではやむなく省略した部分を職務経歴書ではプラスして自己PRを作成できます。全く同じ文章ではなく履歴書では収まりきらなかった部分や具体的な数字などをプラスをして作成してみましょう。

その他(特記事項)

特記事項には〇日より勤務可能、(転職回数は関係なく経験を積んでいる事をアピールしている場合は)活かすためにこの職種を希望します、など「働きたい」という意思を見せつけるような内容にしましょう。また、履歴書、職務経歴書の自己PRでも書ききれなかった部分を特記事項に記載することも可能です。しかしこの場合は全体を通して違和感のないようにならないように細心の注意を払いましょう。他にも希望する勤務地、時間帯、現在資格取得に向け勉強中などがあれば記載しても構いません。

転職回数に合わせて作成しましょう

「職務経歴書は履歴書よりも重要」といっても過言ではありません。転職回数が多い、少ないに関わらずこれまで培ってきたスキルを最大限にアピールしてください。会社側から用意された用紙の場合は特記事項の場合でも空白は避け、なんでもいいので書けることを探しましょう。面倒な項目ではなくチャンスです。ぜひ転職を成功させてください。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング