IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

貯蓄額の中央値と年齢別平均貯蓄額|男女で貯蓄額に差はある?

ライフスタイル

みなさんは、世の中の平均貯蓄額を知っていますか?もしもの時に備えておきたい貯蓄ですが、実際にはどれくらいの額を貯めておけばいいか悩む方も多いと思います。ここでは、世の中の貯蓄額の中央値、また、20~60代の年齢別の平均貯蓄額をご紹介します。

更新日時:

貯蓄額の中央値と分布

基本的に人様のご家庭の収入なり貯蓄額を知ろうとすることは、決してよいことではないのですがやはり気にすることが多いです。平均はどのくらいであるのか、ということを知りたいでしょうがまずは中央値を見ることが実はお勧めできます。この中央値というのは平均ではなく、最も真ん中にいる値のことになります。 平均もよいのですがこの中央値をまずは知っておくと良いでしょう。肝心の貯蓄額の中央値なのですが意外と正確なデータが揃っています。20代が凡そ30万円、30代が130万円、40代が300万円程度、50代が408万円程度、60代でも740万円程度になります。やけに少ないと思うかもしれませんが統計データとして出ているので、多少の誤差はあったとしても中央値としてはそうなります。分布としてはやはり年を重ねるごとに中央値も高くなっていきます。 それだけ貯金できる期間が長い、ということですから基本的には高くなるのは当然であるといえます。ちなみにあくまで貯金額であり資産の総計というわけではないのですがやはり総合的な資産でも年齢と共に高くなっていくデータにはなっています。

年齢別平均貯蓄額(20代〜60代)

中央値は前述の通りですが、平均値も気になることでしょう。こちらもかなり正確なデータが揃っており、統計局のデータや民間のアンケートなどを合算して計算してみると、20代でおよそ180万円程度、30代で415万円を少し超えるくらい、40代で600万円程度、50代では1000万円オーバーの1120万円前後、60代では1760万円となっています。中央値と比べると相当に高いことがわかるでしょう。 この平均値というのは、あまりに極端な例ではありますが3人からデータをとって、Aが2000万円、Bが300万円、Cが100万円だったとしてこの平均貯蓄額は800万円となります。当然ながら、AはともかくとしてBやCの何倍にもなるわけであり、平均があくまで一般的な数値になるわけではない、ということがわかるでしょう。 この例では3人という極めて少ない人数であるからあまりにも極端に強く出てしまったわけですが、それでも平均はあくまで平均であり、実情とは言いがたい可能性が高い、という認識は持っていた方が良いでしょう。

夫婦・独身での平均貯蓄額の違い

どんな状況かによって違う

年代で貯金額が違うように、個別にどんな家庭であるのか、ということによってやはり貯金額が相当に違ってくることになります。その一つがまずは独身であるのか、ということです。こちらもかなりしっかりとした統計が出ており、家計の金融行動に関する世論調査の単身世帯のデータによりますと単身者、この場合は一人暮らしになりますが、その平均貯蓄額は822万円になっています。但し、中央値は20万円という数値です。 このデータは金融資産、ということになりますが日本人はあくまで現金で持つことが多いですから、誤差があったとしても2割程度と考えるのが妥当でしょう。例えば800万円の貯金がある人がその半分も証券などで保有するのか?ということです。そうした人もいるでしょうが、現金(預貯金)で持つことのほうが多いことは確かですからこれがそのまま貯蓄額と考えてよいでしょう。中央値の貯蓄額は相変わらず高くないですが、平均値としてみれば40代以上の貯蓄額、となります。

夫婦の場合

もう一つの家計のパターンとしてあるのが夫婦です。二馬力であるのか、それともどちらか一方のみが働いているのか、ということによっても貯蓄額が違うのですがともかく夫婦世帯としてのデータであるのが30代2人以上世帯(既婚)で平均が400万円となっています。 あくまで30代夫婦の貯蓄額ということになりますから、これは一人暮らしよりも極端に悪い、といえる数字ではないでしょう。また、データが2人以上であるので子供がいない世帯のみではなく、子供がいる世帯も統計に入っていますから、そちらに貯蓄が割りを喰っていることも十分に考えられることでしょう。こうしたデータから考えますと独身は確かに貯蓄額が高くなりやすい、という傾向はわかりますが夫婦世帯の3倍、4倍も、というわけではないのでしょう。

男性・女性での平均貯蓄額の違い

他にも男であるのか、女であるのか、ということでもやはり貯蓄額が変ってくることになります。属性として男女の違いというのはどうしても社会において大きく違ってくることは確かであるといえますから、こちらもしっかりとチェックしておくとよいでしょう。これもさらに男女のみならず世代別で考えるべきです。 また、さらにいえば男女で見るのであれば単身の人を見ることになるでしょう。夫婦であれば男女別に分ける必要がないからです。あくまで同一の家計でやっているわけですから、わけることが合理的といえないでしょう。そうしたことを踏まえてみますと、30代未満は男は10万円程度、女性は60万円程度になります。これは住宅を男性は購入しているケースが多いため、となっています。 30代は男が150万円程度、女性が350万円程度になっています。 40代になりますと男性のほうがかなり接近してきて520万円、女性が580万円です。 50代では男性が1200万円、女性もほぼ1200万円程度です。 60代では1500万円程度が男性であり、実は女性も1400万円強になっています。

こうしてみますと男性でも女性で単身で見ればほぼ似たような金額になっていく、というのがわかります。あくまで平均ではありますが、貯める人というのは男女ともにしっかりとためることが多く、だからこそ、平均値自体はそこまで性別によって偏ることは少ない、といえるわけです。 但し、夫婦も含めて考えますとさすがに大きく違ってくるので注意しましょう。多くの場合、男性が稼ぎ、女性は家事や子育ての合間にパートかフルタイムでも出世コースからははずれるような仕事をしていることが多いです。その為、夫婦も入れて考えることになりますと確実に男性のほうが高くなります。しかし、夫婦の生計というのはあくまで二人で一つになりますから、これを入れることは男女別の貯蓄額を考える場合においては合理的ではないでしょう。

貯蓄額は気にするべきか

平均はあくまで平均であり、基本的に中央値をまずは目指すべきであるといえます。貯蓄額の平均は物凄く高く、そして、中央値は物凄く低いことがわかるでしょうが、それこそが統計の罠というものであり、見るときには注意したほうがよいでしょう。中央値としては貯金ゼロ、という状況になることはほぼないのですが、実際にあるなしで見ますと貯蓄額ゼロ世帯というのは全体として実は30%程度いるのです。 ですから、3つの世帯に1つ弱程度は貯蓄額がゼロというのが現在の日本なのです。20代から考えて、ということになり、若いうちは貯蓄額が少なくても、と思っている人も多いのですが50代、60代でも結構な割合が貯蓄額ゼロなのです。この点をよく踏まえて、しっかりとした貯蓄計画を立てることです。少なくともゼロ世帯になるようなことがないように貯蓄額を徐々に増やしていくことです。 人の貯蓄額を気にするべきであるのか、というのは確かにそこまで重要ではないのですが自分の世代ではどの程度が平均なのか、中央値なのか、というのは知っておきますと多くの場合、張り合いになることでしょう。 つまりは、やる気がでる、ということであり、貯蓄額を少しずつでも増やすことの意欲に繋がることもありますから、その点は知っておいて損があることではないでしょう。仮に平均値より少ない、中央値よりも少ない、となってもこれから貯蓄額を増やしていけばよいのです。

関連タグ

アクセスランキング