IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】総合商社の志望動機の書き方と志望動機例文|新卒・転職

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

日本には、専門商社と総合商社といった2つの商社があります。総合商社では、さまさまな分野に携わることができ、新卒・転職者にとっても良い経験ができます。ここでは、総合商社用の志望動機の書き方と総合商社の志望動機例・ポイント・面接時の志望動機について解説します。

総合商社とは

総合商社は、日本の貿易を支えている大企業が多いです。主に財閥系と呼ばれる伝統のある企業が経営を行っています。ここで、総合商社について分からない人のために「総合商社とは何か」について解説します。 総合商社とは、業種でいうと卸売業に該当します。そして、輸出・輸入する商品のパイプ役を担っているのが総合商社です。日本と海外の間を取り仕切るリーダーのような存在でしょう。そして、最近では新しい事業への投資とサポートを行う総合商社が増加しています。 例えば、新しく石油を掘り出すプロジェクトがあって、事業の成長が見込まれると現地に社員を派遣してサポートをすることもあります。総合商社の社員としては、新しい経験ができる一方で言語の習得が難しいといった課題もあります。

総合商社の志望動機

総合商社は、 新卒や転職でも注目度の高い職種です。 新卒採用では、 東大や慶応と言った エリート校と言われる学校から入社する人や体育会系気質があるので、スポーツマンが入社する業界としても知られています。そして、 近年では 体育会系飲みではなく文化系・女性・外国人の採用に乗り出しています。今回は、総合商社の志望動機について解説します。 あなたが総合商社に入社したい場合は、 どのような志望動機を書くことが求められているのでしょうか。答えを知るためには、総合商社が求めている人材像を把握しましょう。

総合商社の志望動機その1:海外での経験を書く

総合商社を求めている人は、 海外でユニークな経験をしてきた人を求めている場合があります。 なぜなら、 総合商社での仕事では海外のプロジェクトに参加することがあるからです。 海外での仕事が多いということは、日本とは異なる環境で働きます。 海外での経験が多い人材は、適応する力があり総合商社の欲しい人材です。「ヨーロッパで放浪」や「中東アジアで旅をしていた」といった海外経験がある人が選ばれることがあります。 学生時代や社会人になって、海外に行った経験があれば志望動機に加えることをします。

総合商社の志望動機その2:自発的な経験を書く

総合商社で求められる人材は、 自分で何かを立ち上げたりした経験です。 例えば、数年前に東日本で大地震がありました。この事態に自ら支援物資を持ってボランティアをした人やNPO(非営利団体)の設立をした人は、自分から行動ができる人材です。 ほかにも、 学生時代に ベンチャー企業を立ち上げて 企業はプレゼンテーションをして資金を獲得するといった自発的な行動のできる人も該当します。 このように受け身ではなく、自分から道を切り開いていく困難に立ち向かえる人材は総合商社が求めている人材の1つです。 総合商社では、後から新しいプロジェクトを立ち上げチャンスも考えられます。 この時に、新しい事業の立ち上げを提案できるのは、自分で物事を考えられる人です。 あなたが、 自分で考えたことを実行したことがある人は志望動機に書きます。すると、 この人材は自分で 物事を考えられる人だと評価してもらえるチャンスがあります。

総合商社の志望動機その3:チームで目標を達成したことを書く

総合商社の志望動機に書くべき内容は、「チームで目標を達成したこと」を書くことです。 例えば、 あなたがサッカー部に所属していたとします。 最初は全国大会に出るのが難しいチームでしたが、 あなたがリーダーとなってチームをまとめて全国大会に出場できるチームへ成長させたとします。 このような経験をしている人材を、総合商社の採用担当者としても採用したいと考えていることがあります。 ただ、 自分には素晴らしい経験がないと思い込んでる人も多いかもしれません。もちろん、全国大会で優勝したなどの志望動機を書くと相手にインパクトを与えることは可能です。 そのような経験がなくても、チームで目標を達成するために努力した経験を書くことは 難しくありません。 ほとんどの人は、 学生時代夢活動を経験しています。その時にチームで取り組んだ課題を克服する経験をしていれば、志望動機に書いてアピールすることも可能です。

【新卒】総合商社の志望動機の書き方

総合商社は、若いうちから海外での経験ができる業界です。 この総合商社は、エントリーシートと呼ばれる 自己PRや志望動機を書いた用紙を提出して、SPIなどの適性検査や数回の面接を経て内定者が決まります。 ある大手総合商社の人事担当者によると、総合職に応募した人数は6000名です。この中で 採用を勝ち取ることができたのは 約 160名といわれています。すさましい競争を勝ち抜かなければ、内定を勝ち取ることが難しい業界であることが分かるでしょう。 そこで、今回は総合商社を受験する新卒向けの志望動機について解説します。

新卒向けの総合商社への志望動機その1:過去の経験を語る

新卒での採用は、 社会で働いた経験の少ない学生を採用します。 経験をしていたとしても、アルバイトなどのルーチンワークをした経験しかないでしょう。 このような新卒の採用基準は、仕事ができる人材よりも、このような仕事をしたいといった目的意識を持っている人材を求めています。 このような人材であることをアピールするためには、「過去の経験」から志望動機を作ることです。商社を受ける人材の中には、ステータスなどの評価や高い給料稼ぎたいといった自分の欲望を叶えるために入社を希望する新卒もいます。 これらは、どのような企業でも応用できる志望動機のため、採用担当者から「本当に自分の会社を志望しているのか」を疑われてしまうでしょう。もちろん、入社したい理由は個人によって異なるので問題はありません。ただし、総合商社が求めている人材は信頼できる志望動機を書いている人間です。 信頼される志望動機を書くためには、 今まで行なってきた勉強やボランティアといった活動を示して、この活動を行ったことで、商社で成し遂げたいことがあると志望動機に書くことが内定への一歩です。

新卒向けの総合商社への志望動機その2:総合商社を志望する理由を書く

総合商社の志望動機としては、 どうして総合商社でなければいけないのかを志望動機に書かなければいけません。 商社と言っても専門商社と総合商社があります。 専門商社であれば、特定の分野に特化した仕事に携われるメリットがあります。 逆に、他の分野にチャレンジしたいというような気持ちがあると物足りなさを感じるかもしれません。総合商社になると、扱っている商材や取引先は増えるため仕事の内容もさまざまです。 さらに、 日本だけではなく海外の企業と仕事を行うことも多いです。 そのため、商社として多くの経験を積みたい人にとってはピッタリな環境です。 一つの分野を極めたいと言ったプロフェッショナルタイプの人材には、総合商社よりも 専門商社があっているかもしれません。 このように、 業界の特性をチェックして「総合商社でなければならない理由」を志望動機に書くのです。

新卒向けの総合商社への志望動機その3:成し遂げたいことを書く

総合商社を目指している新卒が志望動機に加える内容が、「新しい事業を始めたい」といった 理想を書くことです。 実際の総合商社は、数年間は下積み期間と言われているため雑用のような泥臭い仕事を行わなければいけません。 それでも、 総合商社で新しい事業を行いたいことを書くことで熱意が伝わります。 本当に新しいことを考えていたら、思い切って志望動機に書きましょう。そして、採用担当者としても意欲の高い人材を求めている人もいるため採用される可能性も出てきます。

【中途】総合商社の志望動機の書き方

次のページ:総合商社の志望動機の例文とは
初回公開日:2017年08月25日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング