IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【新卒・転職】経営コンサルタントの志望動機の書き方と志望動機例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

経営コンサルタントや経営コンサルタント事務職を目指した就活・転職で、最も重要視されるポイントのひとつが志望動機です。もちろん、誰でも答えるような薄い内容では勝ち抜くことは到底出来ません。ここでは、他の候補者に差をつける志望動機の書き方や例文をご紹介します。

抽象的な言葉だけではダメ?実体験が最大のインパクトをもたらす?

志望動機は読み手に自分のことを伝える手段です。いくら高尚な単語がちりばめられていても、自分自身がどのような人間か伝わらなくては何の意味もありませんし、採用に到るのは至難の業です。言葉で書いてあることの裏付けとなる実体験を、端的なエピソードとして書いてみては如何でしょうか。初めて会った人と打ち解けるのには、やはり実体験の共有が不可欠です。

経営コンサルティングファームの求める人物像は?

志望動機を考えるのも非常に大切なことですが、採用の可否を決定するコンサルティングファームの都合を理解することも重要です。いかに立派なスキルを持っていても、その企業に必要ない、もしくはフィットしないものであれば、採用に関するアドバンテージにはならないからです。 某大手外資系経営コンサルティングファームの説明会で、その企業の求める人物像について触れていました。 ①考えることが好きな人 ②人とのコミュニケーションを取るのが得意な人 ③コンサルタントの志望理由とその企業への志望動機 ③については、これまで書いてきたとおりのことがポイントとなります。①②についても、うまく自分の強みや志望理由と関連させて記載できると良いでしょう。

経営コンサルタントの事務職の志望動機の書き方のポイント

新卒や未経験から経営コンサルタントの事務職を志望する場合

事務職の場合、コンサルタントや営業職と比べて具体的な数字や経験が伝えにくく、「志望動機が書けない・・・」と悩んでいる方も多いかもしれません。新卒や未経験から経営コンサルタントの事務職を目指す方が、志望動機を作成する際に大きなポイントとなるのは、これまでの学生や職場での経験と応募する仕事との「共通項」を見出すということです。どのような仕事でも求められる、共通のスキルや経験があるものです。 例えば、ファーストフード店での接客販売の仕事をしていた場合、多くのお客様に対して笑顔で「いらっしゃいませ」と話せる基本的な挨拶や、注文を的確に把握できるコミュニケーション力は必須のアイテムとなります。また、カロリーを気にする素振りがある方には、低カロリーの商品を勧めるなど、思いやりも大切です。 経営コンサルタントはお客様先を中心に活動しているものです。そのコンサルタントを支える事務職には、企業内の他部門と意思疎通を図りながら、滞りなく普段の業務を遂行する必要があります。対面だけではなくPCを介しての「コミュニケーション力」や「相手に対して配慮をしながら一歩先を読み、行動できる力」がアピールポイントとなります。 経営コンサルタントほどではないにしろ、その企業を調べ、自分の強みとアピールポイントをしっかり結びつけることが大切です。

事務職経験者が経営コンサルタントの事務職を志望する場合

これまで事務職を経験されていた場合、志望動機で重要になるポイントは、新卒や事務職未経験者のものとはかなり変わります。事務職を志望する理由は、未経験者と同様なのですが、よりなぜ経営コンサルタントの事務職なのかが重要になってきます。 コンサルティングファームを通じて、どのような社会貢献や価値を発揮したいのか、なぜ現在の職場ではやりたいことが成し遂げられないのか、この2点を明確にすることが大切です。 特に、事務職の場合、後者の説明が重要です。現在の職種では発揮することが出来ない価値は何で、人事異動も思うようにはならないなど、前向きな理由をしっかりと記載しましょう。

自然な自分をしっかり表現しましょう

常にの職種である経営コンサルタントと事務職ですが、基本的に求められていることは特別なことではありません。なぜ経営コンサルタントやその事務職を志望するのか、なぜそのコンサルティングファームに入りたいのか、これまでのキャリアで培った強みや専門性がどのように役立つのか、起承転結にこだわらず、結論を明確にして簡潔に書いてみましょう。 自分の特徴や強みを実体験も合わせて伝える、いわばフォーマルなラブレターかもしれません。自然な自分をしっかり伝えましょう。

初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング