IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【新卒・転職】経営コンサルタントの志望動機の書き方と志望動機例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

経営コンサルタントや経営コンサルタント事務職を目指した就活・転職で、最も重要視されるポイントのひとつが志望動機です。もちろん、誰でも答えるような薄い内容では勝ち抜くことは到底出来ません。ここでは、他の候補者に差をつける志望動機の書き方や例文をご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

経営コンサルタントの志望動機の書き方のポイント|志望動機例文

コンサルティングファームを調べる|ステップ1

コンサルティングファームに限らず、ホームページはその企業の顔です。ホームページをよく見て、事業内容、会社の変遷、会社の強みや事例集をまずは把握しましょう。特に、経営コンサルタントを目指す場合、経営コンサルタントの志望動機以上に大切になるのが、なぜそのコンサルティングファームを志望するのかという点になります。それぞれの特徴や理念をしっかり見極めることも大切です。

どのような経営コンサルタントになりたいかを考える|ステップ2

経営コンサルタントとして、お客様や社会に対して、どのような価値を発揮し貢献できるようになりたいかを、できるだけ具体的に考えてみましょう。その際、自分自身がやりたいことではなく、あくまでも貢献出来る内容という観点で整理することが大切です。「英語力を生かし、国内外で働きたい」というまとめ方ではなく、「企業にとって、グローバル化への対応は喫緊の課題であり、その課題解決に貢献できる人材になりたい」と将来像を煮詰めるのがポイントです。

自分の強みを分析・整理する|ステップ3

自分自身の強みをふたつの側面から整理しましょう。 「人間的な強み」:探求心や向上心がある、ストレス耐性が強い、逆境に強い など 「スキル・知識の強み」:営業力には自信がある、英語や会計に強い、金融業界には詳しい、システム開発経験がある など そのうえで、それぞれの強みが経営コンサルタントにどのように生かせるのかを考えましょう。ここまで来れば、志望動機はほぼ固まってくるでしょう。

経営コンサルタントの志望動機の骨組みを作ってみましょう

これまでのステップ1からステップ3を参考にして、早速志望動機の骨組みを作ってみましょう。そのままでも、志望動機例文として使えるかもしれません。 「私は、将来~(ステップ2で考えたこと)~のような経営コンサルタントになりたい。今まで、学生時代(就活の場合)もしくは職務経歴(転職の場合)を積み上げて、~(ステップ3で整理したこと)~のような強みを身につけてきた。その点は、貴社に貢献できる部分であると認識している。 将来、目指す方向性を考えた場合、今の自分に欠けている点は~(ステップ1で調べた内容で、これをやってみたいと思える仕事・経験を挿入)~であると考える。自分自身の強み・今後鍛えていきたい分野両面を勘案し、貴社を志望します。」といった構造になります。

経営コンサルタントの志望動機のチェックポイント

志望動機をまとめる際、全体の長さとのバランスも大切です。志望動機の書き方・例文はあくまでも骨格部分になりますので、規定の文字数に余裕があれば、是非一歩進んだアクセントを加えてみて下さい。ここでは、他の候補者に差をつけるための肉付けについてまとめてみます。

業界・会社・職種のすべてに目を向けてみましょう

ステップ2で考えた志望理由をもう一度見てみて下さい。なぜ経営コンサルタントになりたいかという点に偏っていませんでしょうか。コンサルティングファームからすれば、なぜ経営コンサルタントを志望し、しかもこの企業を選択しているのかという問いに対する回答を欲しがっています。経営コンサルタントでなければできないことや、そのコンサルティングファームでなければ実現できない内容は何か、明確に記載されていればいるほど内容は濃いものと受け止められるでしょう。 経営コンサルタントのことは一度忘れて、個人として出来ること、やりたいことと、志望動機が一致しているか、今一度チェックしてみて下さい。

「なぜ?×3回」に耐えられる内容か?

志望動機の深さを表す目安となるのが、3段階の問いに応える内容になっているか否かという点も重要です。「なぜ経営コンサルタントを志望するのか?」「なぜ他の職種や業界では、自分が望むことは実現できないのか?もしくは、経営コンサルタントが最適なのか?」「なぜ数あるコンサルティングファームの中で、この企業が最適と考えたのか?」という具合に、相手の立場に立って質問を深堀りしてみて下さい。「なぜ、なぜ、なぜ」と3回の問いに耐えられれば、ぶれない志望動機として評価されるでしょう。

次のページ:経営コンサルタントの事務職の志望動機の書き方のポイント
初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング