IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムエンジニアの仕事ってどんなもの?|職種・業種・資格の種類

ビジネスマナー

システムエンジニアと聞くと、どのような業種を思い浮かべますか?システムエンジニアの仕事の種類は実はたくさんあるのです。システムエンジニアに必要な資格や種類、フリーランスの業種、確定申告、職種の解説など気になる情報をご紹介します。

更新日時:

システムエンジニアの仕事の種類(業種/職種など)

システムエンジニアって何だかカッコイイ職種ですよね。就職などする際にシステムエンジニアについての職種や種類などを知っておくことも大切です。ひとくちにシステムエンジニアといっても、サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアなどその業種は多種多様です。それでは、職種ごとに就職や転職の際に参考にしたいシステムエンジニアの仕事をご紹介しましょう。

システムエンジニア(SE)アプリケーションエンジニア

広い定義でみればシステムエンジニアはエンジニアの全体を指すこともありますが、狭義での意味をとるのであれば、アプリケーションエンジニアが一番しっくりくる呼び方でしょう。システムエンジニア(アプリケーションエンジニア)の主な仕事は、顧客と打ち合わせをし、システムの要件や定義を決めます。そして、聞きまとめた仕様を設計書として作成します。顧客と確認を行いながら、ソフトウェアの開発、プログラムの作成、レビュー、そしてテスト計画を行います。ソフトウェアは、今流行りのUnityやアプリケーションの種類など、仕事の幅は多岐にわたります。

プログラマ

SEとして広い求人募集をかけているのが、プログラマの仕事です。プログラマは、多種多様なプログラム言語を使い、システム、アプリケーション、ソフトウェアを制作するのが主な仕事です。一般的な仕事の流れとしては、システムエンジニア(SE)が作成した設計書を元に、プログラマが設計書の仕様通りにプログラムを構築、作成していきます。

データベースエンジニア

顧客情報、商品情報などのデータを保管しているデータベースを設計し、構築して保守をする仕事をしています。できるだけパフォーマンスを良くするために、パフォーマンスチューニングを行ったり、不正アクセスがないようにセキュリティエンジニア対策も行ったします。商品や消費者の情報を数多く扱うような大規模なシステム開発をする際には需要の多いシステムエンジニアの業種の1つでもあります。

サーバーエンジニア

顧客のサーバーを設計、構築、保守を担当するシステムエンジニアです。サーバーエンジニアはただ、サーバーを管理するだけでなく、サーバー構成設計や運用設計などサーバー設定の全般を仕事として担当します。近年サーバーを多く扱う企業が増えてきているため、需要もサーバーの種類も高いのが人気職種でのポイントです。

ネットワークエンジニア

今や会社にとってネットワークは必要不可欠です。そんな需要を満たすのがネットワークエンジニアです。主にサーバー、パソコン、ファイアウォール設定、ルーター設定など会社にある個々のコンピューターのデータを要件通りに送受信したり、システムとして動かすネットワークを設計、構築、保守をします。システムエンジニアの中では、ユーザ企業への就職が有利だと考える人も多く、システムエンジニアの種類や業種では需要度が高いでしょう。

セキュリティエンジニア

主にセキュリティ面で活躍しているシステムエンジニアです。個人情報漏洩防止対策や企業の情報を守ることが主な仕事です。近年増えてきているネットワーク犯罪で、ハッカーやクラッカーなどに対抗するために、日進月歩で高い技術を求められる職種になります。システムエンジニアの業種としては、セキュリティ面ではありますが、高い倫理性も求められるため、ただ守っていればいいという業種ではなさそうです。

カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニアはシステムエンジニアの職種としてはめずらしく、ユーザーがシステムやソフトウェア、情報機器が正常に運用されているかどうかを見守るという少々変わった業種です。また、正常に運用されているかを見守るのと同時に、データ量や使用状況を把握して、ユーザーが快適に運用できるように保守を行う仕事です。業種によっては、顧客の元へ向かい、会社や家庭に出向いて各ユーザーの対応をすることがほとんどです。

システムエンジニアの業種や資格の種類

システムエンジニアに必要な資格は業種によっても違ってきますが、その種類は多種多様です。特にシステムエンジニアの資格の種類は10種類以上はあるといわれています。特に有名なのが、基本情報技術者や応用情報技術者などがシステムエンジニアとしては必須の資格の種類であるといえます。システムエンジニアにかぎらず、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどにも必要な種類の資格です。

基本情報技術者(システムエンジニア、ネットワークエンジニア等)

基本情報技術者は経済産業省主催の国家資格「情報処理技術者試験」のことを指します。 高度なIT人材になるために必要な基礎的知識と技術を身につけ、かつ実用的に利用できる人を対象としたテストすることによって、技術者であることを照明します。システムエンジニアやエンジニア職では、業種的にも必須の資格です。

応用情報技術者(システムエンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア等)

基本情報技術者に加えて、システムエンジニアに必要な資格の1つです。応用とだけあって、基本情報技術者を取得した人のさらに上位を目指すことになります。業種的にも、職種的にも高度なIT技術、知識が必要とされるので、システムエンジニアやサーバーエンジニアなど、IT業界に腰を据えるのであれば、こちらも必須の資格となるでしょう。

ネットワークスペシャリスト(ネットワークエンジニア等)

主にサーバーエンジニアになるために必要になってくる資格です。ネットワーク管理者としての情報システム基盤であるネットワークを管理したり、ネットワークに対する要求を分析、効率性、信頼性などを考慮した提案ができること、開発、保守、運用が行えることを目指している資格です。ネットワークを構築、管理、運用できる能力があれば、ITにかぎらず、様々なコンテンツの種類、業種での活躍が期待できるでしょう。

シスコ技術者認定(サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア等)

シスコシステムズと呼ばれる大手ネットワーク機器会社の企業が導入した資格試験のことです。 資格試験は難易度に応じて分かれているため、職種、業種の知識の量や種類、経験ごとにテストが用意されています。ネットワークエンジニアを目指すのであれば、シスコ技術者認定を取得しているだけでも、ネットワークの知識があるということがアピールできますので、さまざまなIT系の業種や種類に役立つはずです。

情報セキュリティスペシャリスト(サーバーエンジニア、セキュリティエンジニア等)

セキュリティエンジニアが取得しておくと就活で役立つ資格の一つです。サイバーセキュリティに関する知識や技能を活かし、情報システムやセキュリティ侵犯への対策、対応などが求められます。セキュリティエンジニアも職種、業種ともに需要度が高いシステムエンジニアなので、取得しておいて良いでしょう。合格率は、30代で約15.3%とかなり難しめの難易度のようです。セキュリティエンジニア意外にも、セキュリティ関係の業種や職種で活躍が期待できそうです。

確定申告の際に記載する職種や業種

確定申告をする際、システムエンジニアにもたくさんの職種や業種がありますので、その際は注意して記載しなければなりません。特にフリーランスのシステムエンジニアでは、自分が仕事をしている業種、職種(種類)を書かなくてはなりません。 システムエンジニアはアプリケーション開発やソフトウェア開発であることが多いので、大半は「ソフトウェアの開発」「アプリケーションの開発」「コンピューターシステムの開発、または運用」などを記載します。職種的には大まかなシステムエンジニアですが、アプリケーションの開発やソフトウェアの開発を主として行っている場合は、この書き方でかまいません。 サーバーエンジニアやネットワークエンジニアは、ソフトウェアの開発やアプリケーションの開発ではなく、「サーバーの構築、設計」など、ネットワークエンジニアの場合は「ネットワークの構築、設計」などというように書くと分かりやすいです。 セキュリティエンジニアの場合は、セキュリティの保守、設計、構築などを書きますが、セキュリティといっても幅広い種類があるので、「サーバーへのセキュリティ保守、構築、設計」などと書いておくことによって、分かりやすい、認証されることができるはずです。

システムエンジニアは種類や業種、職種によって違う

いかがでしたでしょうか。システムエンジニアを目指す上で、抑えておきたいポイントをまとめてみました。このポイントさえおさえておけば、エンジニアの種類や職種によって取得する資格や、勉強の目標が持てるようになれば、幸いです。

システムエンジニアの業種、資格の種類

システムエンジニアでの業種は「ソフトウェアの開発、アプリケーションの開発」「アプリケーションのテスト計画、運用」「ソフトウェアの構築、サポート、運用」などです。取っておきたい資格の種類は「基本情報技術者」「応用情報技術者」「プロジェクトマネージャ」などが有名です。

サーバーエンジニアの業種、資格の種類

サーバーエンジニアの業種は「サーバーの構築、設計、運用、サポート」などです。取っておきたい資格の種類は「基本情報技術者」「応用情報技術者」「シスコ技術者認定」などが就職や転職において有利になってくるでしょう。

セキュリティエンジニアの業種、資格の種類

セキュリティエンジニアでの業種は「セキュリティの設計、保守、運用、管理、ハッカー、クラッカー対策」などです。取っておきたい資格の種類は「基本情報技術者」「応用情報技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」などが有利でしょう。

データベースエンジニアの業種、資格の種類

データベースエンジニアの業種は、「データベースの設計、構築、管理、運用」などです。そして取っておきたい資格の種類では「オラクルマスター」「応用情報技術者」「データベーススペシャリスト」などを取っておくといいでしょう。業種的には狭いですが、データベースを扱う企業は多いので、求人の数は多いでしょう。

多種多様なシステムエンジニアへの道

システムエンジニアにはたくさんの種類、業種があることがわかりましたね。日々進化するIT業界のなかで、システムエンジニアの活躍はとどまるところを知らないのです。 そんな進化や変化に興味がある、新しいことに興味がある人は、ぜひ、さまざまなシステムエンジニアの勉強をして、システムエンジニアのいずれかの道へ踏み出してみてはいかがでしょうか。きっとどこかで転職や就職に有利になるはずです。 特にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアは需要が高く、そこそこの年収も期待できるので、私的にはおすすめのIT系な職種、業種だと思います。

いまの年収に不満はありませんか?

独自の求人を持つことで多くの企業の紹介が可能

エンジニア・クリエイターに特化したフォローアップ体制で転職を有利に進めることができます。 企業別の対策が詰まった面接詳細や模擬面接、客観的に強みを引き出すカウンセリング、また驚くほど企業の評価が変わる職務経歴書の添削など、あなたにあった方法で転職をスピーディーかつスムーズに行うことができます。

企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェント以外にフリーランスの参画サポートサービスを8年以上に渡り運営しており、数多くのIT・Web系企業と取引があります。そのコネクションを活かして、現場プロジェクトマネージャーとの情報交換MTGを年間累計3000回以上実施しています。 そのため企業から絶対的な信頼を得ています。この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

転職のために設計されたフォローアップ体制で転職を有利に

人事担当者やプロジェクトマネージャーとのMTG中に「そういえば、今度◯◯やるから、実はこういう人が欲しいんだよね」といった非公開の求人が出てくるのも、レバテックの強みです。また、競争が激しいWebサービスでは秘密裏に開発を進めるプロジェクトも多いため、予想外の珍しいポジションも存在します。 さらに、求人がクローズしている企業とも日頃からコミュニケーションをとっているため、企業担当者に「実は最近、こんな人が転職を検討しているのですが・・・」という紹介をきっかけに急遽ランチやMTGが設定され、採用に至るケースもあります。

関連タグ

アクセスランキング