IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムエンジニアの仕事ってどんなもの?|職種・業種・資格の種類

更新日:2020年08月14日

資格・検定

システムエンジニアと聞くと、どのような業種を思い浮かべますか?システムエンジニアの仕事の種類は実はたくさんあるのです。システムエンジニアに必要な資格や種類、フリーランスの業種、確定申告、職種の解説など気になる情報をご紹介します。

システムエンジニアの仕事の種類(業種/職種など)

システムエンジニアって何だかカッコイイ職種ですよね。就職などする際にシステムエンジニアについての職種や種類などを知っておくことも大切です。ひとくちにシステムエンジニアといっても、サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアなどその業種は多種多様です。それでは、職種ごとに就職や転職の際に参考にしたいシステムエンジニアの仕事をご紹介しましょう。

システムエンジニア(SE)アプリケーションエンジニア

広い定義でみればシステムエンジニアはエンジニアの全体を指すこともありますが、狭義での意味をとるのであれば、アプリケーションエンジニアが一番しっくりくる呼び方でしょう。システムエンジニア(アプリケーションエンジニア)の主な仕事は、顧客と打ち合わせをし、システムの要件や定義を決めます。そして、聞きまとめた仕様を設計書として作成します。顧客と確認を行いながら、ソフトウェアの開発、プログラムの作成、レビュー、そしてテスト計画を行います。ソフトウェアは、今流行りのUnityやアプリケーションの種類など、仕事の幅は多岐にわたります。

プログラマ

SEとして広い求人募集をかけているのが、プログラマの仕事です。プログラマは、多種多様なプログラム言語を使い、システム、アプリケーション、ソフトウェアを制作するのが主な仕事です。一般的な仕事の流れとしては、システムエンジニア(SE)が作成した設計書を元に、プログラマが設計書の仕様通りにプログラムを構築、作成していきます。

データベースエンジニア

顧客情報、商品情報などのデータを保管しているデータベースを設計し、構築して保守をする仕事をしています。できるだけパフォーマンスを良くするために、パフォーマンスチューニングを行ったり、不正アクセスがないようにセキュリティエンジニア対策も行ったします。商品や消費者の情報を数多く扱うような大規模なシステム開発をする際には需要の多いシステムエンジニアの業種の1つでもあります。

サーバーエンジニア

顧客のサーバーを設計、構築、保守を担当するシステムエンジニアです。サーバーエンジニアはただ、サーバーを管理するだけでなく、サーバー構成設計や運用設計などサーバー設定の全般を仕事として担当します。近年サーバーを多く扱う企業が増えてきているため、需要もサーバーの種類も高いのが職種でのポイントです。

ネットワークエンジニア

今や会社にとってネットワークは必要不可欠です。そんな需要を満たすのがネットワークエンジニアです。主にサーバー、パソコン、ファイアウォール設定、ルーター設定など会社にある個々のコンピューターのデータを要件通りに送受信したり、システムとして動かすネットワークを設計、構築、保守をします。システムエンジニアの中では、ユーザ企業への就職が有利だと考える人も多く、システムエンジニアの種類や業種では需要度が高いでしょう。

セキュリティエンジニア

主にセキュリティ面で活躍しているシステムエンジニアです。個人情報漏洩防止対策や企業の情報を守ることが主な仕事です。近年増えてきているネットワーク犯罪で、ハッカーやクラッカーなどに対抗するために、日進月歩で高い技術を求められる職種になります。システムエンジニアの業種としては、セキュリティ面ではありますが、高い倫理性も求められるため、ただ守っていればいいという業種ではなさそうです。

カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニアはシステムエンジニアの職種としてはめずらしく、ユーザーがシステムやソフトウェア、情報機器が正常に運用されているかどうかを見守るという少々変わった業種です。また、正常に運用されているかを見守るのと同時に、データ量や使用状況を把握して、ユーザーが快適に運用できるように保守を行う仕事です。業種によっては、顧客の元へ向かい、会社や家庭に出向いて各ユーザーの対応をすることがほとんどです。

システムエンジニアの業種や資格の種類

システムエンジニアに必要な資格は業種によっても違ってきますが、その種類は多種多様です。特にシステムエンジニアの資格の種類は10種類以上はあるといわれています。特に有名なのが、基本情報技術者や応用情報技術者などがシステムエンジニアとしては必須の資格の種類であるといえます。システムエンジニアにかぎらず、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどにも必要な種類の資格です。

基本情報技術者(システムエンジニア、ネットワークエンジニア等)

初回公開日:2017年05月10日

記載されている内容は2017年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング