IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新聞記者が激務と言われる理由と地方紙の激務事情|激務な仕事とは

初回公開日:2017年07月26日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

このページでは、「新聞記者は激務かどうか」というテーマで、新聞記者という職業が、激務と言われる理由や原因について考察しています。また、女性新聞記者や地方新聞記者をピックアップして、女性ならではの大変さや地方ならではの苦労についてもまとめています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

新聞記者は大変?新聞記者が激務と言われる理由

私達は、さまざまなメディアを使って、ニュースや最新の情報を収集しています。テレビやインターネットで手軽に情報収集をするのが主流となりつつありますが、ニュースや出来事をより詳しく知ることができる新聞もまた、メジャーな情報収集の方法の1つとなっています。 新聞の記事は、基本的に新聞記者の取材や原稿によって成り立っています。つまり、新聞記者が現地へ赴き取材をし、それを書き起こしたものが集まって、新聞となっているのです。ですから、新聞記者という職業は、新聞というメディアが成り立つ上で、欠かせない存在と言えるでしょう。 しかし、そんな新聞記者の仕事は、激務と言われています。確かに、さまざまな場所や人の元へ取材へ行っては記事を執筆している新聞記者は忙しそうな職業ですが、具体的にどのように激務なのか、気になる所です。そこで今回は、「新聞記者は激務かどうか」というテーマで、新聞記者のどのような点が激務なのか考察していきます。

新聞記者が激務と言われる理由

それでは早速、新聞記者が激務だと言われている理由や原因について、考えていきましょう。今現在、新聞記者として働いている方は勿論、これから就職や転職などで新聞記者を目指そうとしている方も、具体的にどのように激務であるのか、把握しておくことをします。

新聞記者が激務と言われる理由【1】:不規則な生活になりやすい

基本的に、取材というのは自分の都合ではなく、相手の都合に合わせて行うことになります。自分にとって都合が良い時間でも、相手の都合が悪ければ取材はできませんし、反対に自分にとっては都合が悪いスケジュールでも、取材の対象となる相手の都合が良ければ、相手に合わせた行動を取らなければなりません。 その為、自分自身の時間を確保しづらく、また自分の思い通りのスケジュールや日程では物事が進まない場合も少なくないのです。その結果、帰宅時間が遅くなったり、週末も仕事をしなければならなくなったりする可能性もあります。安定したリズムの生活を送りにくい点は、激務と言えるでしょう。

新聞記者が激務と言われる理由【2】:取材・情報収集が大変

事件や事故、その他何か重大な発表がある際、警察や芸能人、政治家などは記者会見を開くことがあります。取材と言うと、一般的に記者会見に行き、その内容をまとめているかのように思いますが、実はそれだけではありません。 記者会見とは別に、関係者などに取材をし、記者会見で発表される内容以上に核心に迫った情報などを引き出す取材も行わなければならないのです。「特ダネ」などと言われる、特定の新聞社やテレビ局が独自につかんだ重要な情報などは、新聞記者の執念深い取材によって得られているものである可能性もあるのです。 このように、記者会見以外にも、独自に情報などを調べて、さまざまな取材をしなければならない点も、新聞記者が激務とされる理由の1つと考えられます。

新聞記者が激務と言われる理由【3】:取材を拒否されることがある

上記でも触れているように、新聞記者はさまざまな人を相手に取材をしなければなりませんが、取材を拒否されたり嫌がられたりすることも、少なくありません。 特に、事件や事故、トラブルに関する取材を関係者にすることで、重大な情報を得ることができる可能性がありますが、その一方で関係者などに拒否されたり、門前払いとなったりすることも、珍しいことではないのです。 数をこなしていくうちに、他人から拒絶されることに慣れる場合もありますが、やはり人から拒否されるというのは、あまり気持ちの良いことではありません。その為、精神的なストレスや負担を負いやすい職業であるとも言えます。精神的な面で考えても、新聞記者は激務であると考えられるのです。

新聞記者が激務と言われる理由【4】:締め切りを厳守しなければならない

新聞記者の仕事は、取材をするだけではありません。取材した内容を元に、原稿を執筆し、記事にすることも、新聞記者の仕事の1つです。基本的に、新聞は毎日発行されるもの。最新のニュースは、最新の新聞に掲載してこそ、意味があるものなので、新しく発行される新聞に掲載されるスケジュールで原稿を執筆する必要があります。 その為、新聞記者は常に時間に追われています。締め切りを厳守するように行動しなければならない為、心身共にハードなスケジュールで働かざるを得ない場合もあり、そういった点は激務と言えそうです。

新聞記者が激務と言われる理由【5】:文章を書き続けなければならない

取材した内容を記事にまとめることは、取材と同様に新聞記者にとってメインとなる業務の1つです。つまり、文章を書く機会が非常に多く、場合によっては取材と原稿の執筆を繰り返す日々となる可能性もあります。その為、文章を書くことを苦痛に感じるようになってしまう新聞記者も存在すると考えられます。 また、文章も自分の思うままに書けるというわけではありません。プライバシーや法律などを意識しつつ、物事を分かりやすく、そして正確な日本語で執筆する必要があるのです。その為、新聞記者として文章を日々書く生活を送るようになってみて、「文章を書くことが、自分は思ったほど得意ではなかった」と気付く方もいらっしゃると言われています。

新聞記者が激務と言われる理由【6】:辛い事件・事故と向き合わなければならない

新聞記者が取材して記事にするのは、政治家や著名人の重大発表やスキャンダルだけではありません。事故や事件の記事も作成しなくてはならず、部署や担当によっては事故や事件の記事ばかり取材・執筆することになる可能性も考えられます。 事故・事件では、死亡者が出たり、被害者が心身共に深い傷を負ったりすることもあります。胸が痛くなるような事故・事件であっても、被害者について取材をしたり、被害者の家族に話を聞いたりしなければならず、酷い事件や事故と向き合わなくてはなりません。激務というよりは、覚悟の話になりますが、新聞記者として働くには、事故や事件、トラブルとしっかり向き合う、強い心も必要となってくるのです。

関連タグ

アクセスランキング