IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【広告代理店】志望動機の書き方と例文・チェックされるポイント

書類選考・ES

広告代理店への就職を目指す上で重要な事は、志望動機を書く前にまずは広告代理店の事を十分に知らなければなりません。広告代理店といえば、常に就職難易度高レベルの人気業界となります。今回は広告代理店の志望動機の書き方、志望動機例文、志望動機の見られ方をご紹介します。

更新日時:

広告代理店の志望動機の書き方(新卒・中途)

広告業界・広告代理店への就職を目指す上で重要な事は、志望動機を書く前にまずは広告業界・広告代理店の事を十分に知らなければなりません。広告業界・広告代理店といえば、常に就職人気上位、就職難易度高レベルの人気業界となります。広告代理店を受ける前に仕事内容はきちんと把握することが重要です。 志望動機の書き方を知って、面接対策をする上で広告代理店の仕事内容も知っておかないと、就職したあとで「こんなはずじゃなかった」と思うかもしれません。自分は何をするのが好きで、何が得意で、広告代理店で将来的にどうなりたいのか、しっかり考えておくことが重要となるのです。今回は広告代理店の志望動機の書き方、志望動機例文、志望動機の見られ方をご紹介します。

広告代理店の仕事とは

広告代理店の仕事とは、簡潔に言うとクライアントから依頼された広告を発信することですが、仕事の種類はどれくらいあるのでしょうか。広告代理店に就職するうえで、自分がどのような仕事で活躍したいのかを考えるのは大切なことです。 ●プランナー マーケティング分析に基づいて、広告のプランニングを行う人です。自分なりの仮説を立て、検証していくマーケティング能力に長けていることが必要です。 ●コピーライター・デザイナー クリエイティブは、コピー系とデザイン系の二つに分けることができます。コピーは、消費者の購買意欲を高めるキャッチーなフレーズを作る人です。コンセプトの構築から、言葉の選び方、深い洞察力が求められます。一方のデザインは、広告のビジュアルを担当する人です。商品のポイントを咀嚼して、情報として伝達する、物事を立体的に捉える能力が求められます。 ●クリエイティブディレクター・プロデューサー 各メディアの広告枠を仕入れ、広告・販促の計画を立て、制作物を作るなどの機能を取り仕切り、依頼主である企業にとって最適な広告や販促活動を提案します。各業務の進行管理や品質管理なども、かなり幅広いスキルが求められます。よりよい成果を得るために、各担当者のモチベーションをコントロールする力も仕事内容に求められます。

志望動機の考え方

広告代理店での志望動機の書き方を考えていく前に、志望動機の考え方についてご紹介します。就職活動をする際に、次のような順番で志望動機を考えていませんか? 「業界・企業研究」 ⇒ 「会社決定」 ⇒ 「志望動機」 上記のような思考フローの場合、いくつか問題点が発生します。それは、幅広い他業界の選択肢について考えていないため、「他業界ではなぜだめなのか」という質問に答えられないケースが多々あります。他業界も考えた上での業界研究・企業研究を始めていれば問題ありませんが、そうでなかった場合戸惑ってしまうかもしれません。 志望動機の正しいアプローチ方法として、「他の業界ではダメな理由」をどんどん積み重ねていくことによって、自分ならではの志望動機を導き出していく方法があります。例えば、以下のように自分自身のやりたいことを箇条書きで並べます。 ・幼少期より続けているスポーツの経験から、個人で成果を出すよりもチームで働く仕事が良い ・文系寄りの仕事がしたい ・研究職の強いメーカーよりもサービス業が良い 上記のようなやりたい項目から、消去法で業界を消していきます。個人でやる仕事といえば、「住宅営業」「保険の個人向け営業」等がありますし、文系寄りでサービス業の場合、研究開発職、メーカーの研究職は当て嵌まりません。このようにして、消去法で業界を消していくことで、つまりはそれが志望動機に繋がっていくのです。

広告代理店の志望動機のポイント

広告業界・広告代理店の仕事は、誰かに何かの情報を発信することです。つまり広告業界・広告代理店に就職するために最も必要なのは、「表現力とコミュニケーション力」でしょう。さらに企業研究をおこなえば、志望する広告代理店ではどのような人材を求めているかがわかります。 就職を志望する広告代理店のニーズに応える人材であると宣言できると、採用担当者に好感を持たせる志望動機になります。広告業界・広告代理店への志望動機は、「表現力」、「コミュニケーション能力」、志望する広告代理店が求める「ニーズの把握」がポイントとなるのです。

ありふれた志望動機とならないために

どの業界でも言える事ですが、「人と接するのが好きだから」 「人のために役立つ仕事がしたい」 などのありふれた志望動機は、広告プロである広告業界・広告代理店の採用担当者には響きません。説得力の欠けた志望動機では採用担当者は納得しません。説得力を増すためには「なぜ広告業界・広告代理店を選んだのか」を、説明できるような具体的なエピソードを盛り込むことで、志望動機の説得力が増します。 過去の経験から、コミュニケーション力や柔軟性があるといえるのかを説明してください。そしてその力を、今後の広告業界・広告代理店で働く上でどう活かし、就職した場合には会社へどれだけ貢献できるのかを具体的にアピールしていきましょう。

時代の流れを反映させる

広告業界・広告代理店の仕事で重要なことは、時代の流れを反映した人物や物をうまく取り上げることが重要です。そうすることで、人の心を鷲掴みにすることが出来ます。広告代理店は時代と密接な関係にあるからこそ、世相についてよく把握しておくようにするのです。時代の流れをよく理解した上で、なにを発信していきたいかを志望動機に絡めることが出来ます。

広告代理店の就職説明会で得た情報を取り入れる

就職説明会で得られた情報は、その業界のあり方、働き方、役割などの業界や会社独自の生の情報です。現在インターネットでは色々な情報が得られますが、それらは着色された情報でもあるため、全てが全て信じるのは得策ではありません。 しっかりと説明会を受け、ノートや配布された資料の情報を元に自分なりに取り入れられそうな情報を選別して、その得た知識を元に志望動機に組み込むのです。得た情報を自分の中でフィルターを通して、志望動機に組み込むことは、広告代理店でいざ働いた際にも役立つスキルとなります。そのため、まずはその第一歩だと考えて、しっかりと就職説明会で受けた情報を意識しながら、自分なりの志望動機を書きあげましょう。

自分なりの具体的なエピソードで志望動機を書く

広告業界・広告代理店の志望動機として、ありふれたものや憧れだけの志望動機では採用担当者には響きません。最も重要なことは、自分なりの具体的なエピソードでユニーク且つオリジナティのある志望動機が重要となります。ユニークでオリジナリティのある志望動機なんて人それぞれあるのかと思われがちですが、それを創意工夫して書き上げることこそ大事なのです。 広告業界の仕事には、ありふれた商品をインパクトがあり訴求力のある商品に見せるためのキャッチコピーのライティングセンスが問われます。つまり、自分自身のこれまでの人生から、最終的に広告代理店で働いて何を成し遂げたいかまでを志望動機としてドラマ化することでライティングセンスを磨くのです。ただし絶対にダメなのは嘘偽りを書く事です。 学生時代の勉強、サークル活動、ボランティア経験から何を学び何を感じ取ったのか、それが将来的にどう活かされるのか、将来どういった人間になりたいのか、具体的なエピソードを考えてみましょう。広告業界でどのように仕事をしたいのか、なぜその広告代理店にしたのか、その広告代理店だからこそ出来る事は何なのか、広告業界でどのような人物になりたいのか、将来像を描くことで採用担当者としては、非常に印象が残り魅力的に映り心に響く事でしょう。

広告業界が求める人物像

広告業界は、情報を発信するためのプロモーションを手掛ける能力も重要となりますが、最も重要なのは常に人との関わりがある仕事となるため、コミュニケーション能力となります。コミュニケーション能力はどの仕事でも求められますが、特に「人間的魅力がある人」が求められます。「人間的魅力」とは、「この人と一緒に仕事がしたい」「仕事がし易い」「一所懸命さが伝わる人」「信頼できる人」のような、その人と関わることで仕事が円滑に進み、プロジェクトが順調に進行する潤滑油のような存在です。 それでは志望動機や面接で人間的魅力を出すにはどうしたら良いのでしょうか。まず、志望動機については、上記に記載したような「自分なりの具体的なエピソード」となります。そして面接においては、初対面での人当たりの良さ、つまりは「気持ち良いほどの笑顔」であったり、「会話のし易さ」となります。笑顔は歯を見せることを心掛け、会話のし易さは、一言二言でゆっくりと簡潔に発言する事です。よく面接で暗記した長文を早口でしゃべる人がいますが、会話になりません。面接とはいえ、しっかり会話できる程度に短く簡潔にしゃべることを心掛けることが大事です。

広告代理店の志望動機例文

広告業界・広告代理店の志望動機の例文をご紹介します。志望動機の書き方で悩んだときは、例文を参考にすることをおすすめします。ただし、例文はあくまでも参考程度にし、あくまでも自分なりの具体的なエピソードとなるように心がけましょう。

広告代理店志望動機例文:プランナー

貴社を選んだ理由は、多種多様な求人媒体を扱っている総合広告代理店であるという点に強く惹かれたためです。お客様のニーズに応えるためにも、様々な提案ができる貴社のサービスは大変強みであると考えております。大学では、3年間カフェのアルバイトをしていました。接客のほかにメニューの考案にもたずさわり、お客様のニーズを把握する力とそれを形にすることの難しさを学びました。お客様の心に届くメニューを考案することにやりがいを感じ、ニーズに合ったサービス・商品の提供を以前より興味のあった広告業界でつきとめたいと強く感じました。この経験で身に付けた熱意と探求力を活かして、貴社でいち早く成果を出せるよう精一杯取り組んでまいる所存です。

広告代理店志望動機例文:ディレクター

私は、広告を作る際に大切なのは、遊び心や好奇心ではないかと考えています。消費者にその商品を買ってもらうようリードするためには、常に時代の流れに敏感でなければならないと思います。私は常に広くアンテナを張り、ネット・テレビ・書籍・口コミなどあらゆる方法で、情報をインプットするよう意識し、話題になりそうなスポットにはいち早く足を運ぶようにしています。 また、このように情報を仕入れる際に見る広告の存在に大きな価値と魅力を日々感じています。自身の強みを生かし、広告で時代をリードするクリエイティブディレクターとなり、喜びと充実感を感じたいと強く感じております。広告業界で大きなシェアを誇る貴社だからこそ、様々な広告に携わることができ、やりがいも大きいと考え、志望させていただきました。

広告代理店志望動機例文:ディレクター

映像・WEBを軸としたコンテンツの企画・制作から配信・複製、宣伝・流通までをワンストップで提供し、安定した成長と実績を重ねる貴社で、ディレクターとして活躍したいと志望しました。特に大手クライアントとの取引実績が多い映像コンテンツ事業に興味を持っております。前職ではeラーニングコンテンツ制作会社で4年間ディレクターとして勤務しておりましたので、演出や編集なども積極的にかかわっていけたらと思います。

広告代理店志望動機例文:デザイナー

私が貴社を志望する理由は、デザインについて最先端の技術を持っている点に魅力を感じたからです。昨年、デザインの勉強のために海外に1年間留学した際、海外広告の奇抜さを目の当たりにしました。あのような素晴らしい技術を学ぶためには、最先端のデザイン機器、技術が必要だと現地で聞き、日本でこの最先端の技術を持っている企業を調べたところ、貴社を知りました。 このような最先端技術を持って、デザインを作っている企業は他社には見当たらず、ぜひ貴社で、留学で学んできた能力・知識を活かし、デザイナーとして勤務させていただきたいと考えております。

広告代理店志望動機例文:デザイナー

以前はWEBデザイナーとして仕事をしていましたが、ルーティン的な仕事が多く、もっと色々なことにチャレンジしたくて転職を決意しました。貴社は年間で制作する案件数の多さと、印刷物から広告、グッズまで幅広いSP広告ツールづくりに携われるため、自分の作品を多くの人の目に触れさせたいと思い志望しました。

広告代理店志望動機例文:デザイナー

前職では、広告代理店様を通じて企業のカタログ・パンフレット制作を担当していました。少人数のチームだったこともあり、DTPのデザイン・版組、企画提案まで、幅広い業務に携わることができました。貴社は企業案内等を手掛ける制作会社として広告主様と直接やりとりを行う機会も多く、広告主様との打ち合わせもより綿密にできると考えております。広告主様へデザインを届けた際に喜ぶ姿が、より近い位置で感じられると思い、応募しました。

広告代理店志望動機例文:コピーライター

コピーライターはクリエイティブワークの頭脳部分であり、様々な企画骨子を築き上げる重要なポジションであるという貴社の考えに共感を覚え、また各種編集、広告、セールスプロモーション案件に、企画からトータルに関わることができる仕事内容にやりがいを感じ志望致しました。 前職では大手通販会社で商品のPR誌やパンフレットから新聞、雑誌広告、店舗ツールまで幅広くコピーライティングを経験しておりますので、幅広い視野から、常に斬新な意見や柔軟な提案を行いたいと思います。

広告代理店志望動機例文:コピーライター

前職では新聞・雑誌広告や会報誌、折込チラシなどの制作会社でライティングとレイアウト修正を行っていましたが、何を目的でどんな切り口で見せるのが良いか悩むうちに、お客様の声を直に聞いてみたくなり、企画から取材、ライティングまで任せてもらえる貴社の仕事に興味を持つようになりました。お客様とコミュニケーションを図り、自分が書いた原稿が人の心を動かし、「購買」という行動につなげられた時の感動と達成感をぜひ貴社で体験したいと思います。

広告代理店志望動機例文:営業企画

卒業記念や創立記念、企業PRのオリジナルカードや、タレントやキャラクターのクオカードや図書カードなど、身近な販促物の企画・提案を手掛ける貴社で、アイデアと提案力で勝負していくおもしろさを存分に味わいたいと思い応募しました。特に中小ロットでも短納期を可能にする貴社の生産体制は、他社に真似できない魅力があります。これまで培った営業経験を活かし、安定成長を続ける貴社で持てる力を存分に発揮したいと思います。

広告代理店志望動機例文:営業企画

学生時代からよくカフェやレストランに行くことで癒されてました。美味しいだけでなく、お洒落なだけでなく、有名なだけでなく。いつしかそんな私だけのこだわりのお店を見つけることが趣味となり、WEBで紹介するようになりました。今年でサイトをオープンして3年目ですが、ユニークユーザー数で現在30万人に達しています。今回、貴社の募集を知り、情報発信を仕事としているプロの方たちと一緒に働いてみたいと強く思うようになり応募いたしました。取材やページデザインも独学ですが、必ずお役に立てるよう努力いたします。

広告代理店の志望動機で見られるポイント

広告代理店であろうがなかろうが志望動機に正解はありません。だからこそ、志望動機のテンプレートをそのまま流用してしまった場合、採用担当者に一発で見抜かれてしまいます。というのも、採用担当者は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、同じようなものはそのままスルーしてしまう可能性が高くなります。つまり、志望動機のヒントはあくまでヒントとして留めて、最終的には自分なりの志望動機を書く必要があります。その中でも、特に重要視される志望動機で見られるポイントをご紹介します。

なぜ広告業界なのかを伝える

なぜ広告業界を選んだのか、それを志望動機に書くときに、例えば「チームワークを大事にして感動を創造する仕事がしたい」等の広告業界でなくても叶えられる志望動機では、採用担当者に響きません。広告でなければ出来ない事、広告ならではの志望動機を考えることが大事です。「広告ならでは」とはどういったものなのかをご紹介します。 ・○○という広告がきっかけで商品を取り寄せて、お祖母ちゃんの腰痛が解消されました。御社の広告から私の家族がより一層仲良くなれたきっかけが作れたのです。それから広告は企業と消費者を繋ぐ架け橋だと感じ、広告業界に魅力を感じました。広告を通じて企業一押しの商品と消費者の幸せマッチングを創りだしたいです。 例文のように、過去の経験から「なぜ広告代理店の仕事に興味を持ったのか?」を導き出すと良いでしょう。過去の体験がベースになっているので、志望動機に血が通い、説得力のある内容になります。

なぜその会社なのかを伝える

広告業界への熱意を伝えた後に、なぜその会社なのかを志望動機の核にしましょう。なぜその会社なのかを上手く伝える方法はとしては、「会社の強みに触れること」、「なぜその強みが自分にとって魅力的なのか」を書くことで伝えられます。それを書くことによって、「数ある広告代理店」の中でもその会社であることを伝えることが出来るでしょう。 ・○○という貴社の広告を拝見し、その商品の虜になった経験があります。それからというものその商品を創りだしたメーカーが好きになり、それが趣味となってプライベートのストレス解消となっています。○○を追求する貴社において、広告を通じて企業と消費者の幸せなマッチングを創り出したいです。 その会社を選んだきっかけであったり、その会社でやりたいこと、「貴社で○○を挑戦したい!」という明確なビジョンをしっかりと伝えられると採用担当者の心に響くでしょう。

評価されない志望動機の特徴

広告代理店の就職活動をする上で企業情報を集めることは重要ですが、それだけで満足してただ企業情報を羅列するだけの志望動機では、決して採用担当者を満足させることは出来ません。会社の企業情報を羅列するだけの志望動機とは以下のような事です。 ・私が御社を志望する理由は3つあります。まず、第一に業界のリーディグカンパニーであることです。御社は業界のリーディングカンパニーとして、複数のマス媒体を用いた大規模広告に強みがあり様々な媒体を駆使した広告戦略を提案できるのは営業志望の自分にとって魅力的です。第二の理由として、『人材の質』があり10人の貴社OBを訪問しました。 上記のようなただ企業情報を羅列するだけの志望動機では決して評価されることはありません。それは、会社でやりたいことや将来の自分のビジョンといった、自分のエピソードが取り入れていないからです。表面をなぞるだけでは誰でも書ける志望動機になってしまいます。「なぜ自分は広告代理店で働きたいのか」を明確にしましょう。

自分らしさが志望動機に含まれているか

広告代理店の就職を目指している皆さんの過去の経験から志望動機を探ることで、自分らしい志望動機を書くことを心掛けましょう。過去の経験といっても広告業界に直結する経験でなくても結構です。アルバイトや留学、クラブ活動など何でも結構なので、過去に一生懸命に取り組んだことの中から何を学んだのか、そしてその学んだことをいかに広告業界に貢献できるかを書くことが重要です。

広告業界に何を貢献できるのか

企業は人を求めています。企業の面接担当者は「この人が当社に何を貢献してくれるのか」を見ています。自分が何を貢献できるかは自分自身が一番分かっているはずです。自分の持っているスキルや特技、人柄など些細なことでも結構ですので、何を広告業界に貢献できるか、自分が貢献できることから志望動機を考えてみましょう。

広告業界のマイナス経験から語る

アルバイトや派遣社員などで過去に広告業界に携わっていた人はその経験から、特にマイナスの経験から志望動機を探し出します。企業の面接担当者はできるだけ長く働いてくれる人を求めています。新卒者の離職率は高いのが現状で、新卒者の3年以内の離職率は3割を超えると言われています。つまり、面接担当者は新卒者に「すぐにやめてほしくない」のです。こうした事情を把握した志望動機は面接担当者の心をつかみます。実際に広告業界で働いたことのある人は、働いてみて大変だったこと、つらかった事などマイナスの経験を具体的に述べ、それでもこの業界に入りたいという強い意欲をアピールします。

客観的な意見も必要

以上のことから、自分が一般人の目線で世の中の広告事情を話に取り入れてもいいかもしれません。それを踏まえて、自分がどんな努力をするのか述べれば採用に繋がるかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング