IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師の仕事は激務なのか|仕事内容・給料・辞めたいと思う理由

更新日:2020年08月14日

職種研究

憧れの職業としてもが高く、命にかかわる仕事として社会貢献もできる看護師ですが、その現実は厳しく、激務の末、離職する人があとをたちません。今回は、そんな激務をこなす看護師について、その離職に関する実情を探っていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

看護師について

人を助ける仕事として今も昔も多くの子供の憧れ、看護師。専門的な知識を持ちながらも、いつでも親切に接してくれる、意外と身近な存在ではないでしょうか。テレビドラマなどでも取り上げられ、より一層の職業となった看護師ですが、華やかなだけではなく、その現状は激務といわれています。 今回はそんな看護師について、病院にいくだけではわからない看護師の現実的な面・激務な仕事内容についてみていきましょう。

看護師の仕事は激務?

一言に看護師といっても様々です。内科の看護師と眼下の看護師の勤務内容は違いますし、同じ科でも大都市の総合病院に勤める看護師と、地方の小さな病院に勤める看護師でも勤務量は変わってきます。働く環境によっての差はあるとしても、一般的に看護師は不足しているといわれ、人手不足の病院では一人の看護師が何人もの患者を担当し、休む間もなく働かざるを得ないような激務ということもあります。 実際の診察や本格的な治療は医師が担当しますが、入院患者がいる病院では患者の身の回りの世話から医師のフォローまでをすべて看護師が担っています。決まった時間に休むことも難しく、急なナースコールにも対応しなくてはなりません。 また、医療技術は日々進歩していくため、ただ単に資格を取ればよいのではなく、日々学ぶ姿勢が求められます。それに加え、人の命を預かるという精神的な重みも付きまとう職業です。そう考えたとき、看護師は激務だと言わざるを得ないのではないでしょうか。

看護師激務の現状

看護師は慢性的に不足しているといわれていますが、毎年2月に行われる看護師の国家試験で毎年4万5千人ほどが合格し、看護師資格を得ています。それならばなぜ、看護師は激務と言われ続け、医療現場の人手不足は解消されないのでしょうか。

その原因としてあげられるのが、看護師の離職率の高さです。現在看護師の資格を持ちながらもその職に就いていない潜在看護師数は55万人のものぼるといわれています。またその激務により看護師の毎年の離職率は10%ほどで、看護師の就業者数を約140万人とすると毎年離職する数は約10数万人にも達します。慢性的に不足している看護師数は1万5千人と言われることから、単純計算で毎年4万5千人の看護師が誕生し、10万人が離職し、4万人が復職していることになります。激務を理由に看護師が辞めることで、さらに人手不足になり、仕事の激務化が進んでしまうのです。

看護師を”辞めたい”理由は?

看護師として働いている人の実に8割が、仕事を辞めたいと思っているといいます。その理由は激務である、の一言で表されますが、その内容について、看護師の3Kといわれるキツイ、汚い、危険、をキーワードに探ってみましょう。

看護師の3K / キツイ

看護師は肉体的な負担だけでなく、精神的な負担もとても大きく、それが看護師が激務であるといわれる理由のひとつです。 会社勤めのデスクワークとは違い座っている時間はほとんどなく、一日のほとんどが立ち仕事です。入院施設のある病院では一日中鳴りやむことのないナースコールに走り回ることも珍しくありません。お昼休憩を一時間、外のカフェでゆっくり、なんてことはもちろん、まともに休憩をとることさえ難しい日も。また、夜勤のある病院では不規則なシフトによる不規則な生活サイクル、その実害として自律神経失調症などを患う人もいます。 また、患者さんのケアも仕事のひとつです。理不尽な要求をする人、なんでもかんでもナースコールで呼びつける人などにも対応しなくてはいけません。そんな精神的な負担に加え、女性の多い職場ならではの人間関係の軋轢も看護師を悩ませる要因になっています。精神的な”キツイ”はこれだけではありません。職業上、人の命を預かる重み、人の生死に直面する重みと常に向き合わなくてはなりません。”おめでとう”の雰囲気があるのは産婦人科くらいで、あとは何かしらの病気と闘う患者さんのケアをする精神的な激務に、心身ともに疲れてしまう看護師も少なくありません。

看護師の3K / 汚い

看護師は動けない患者さんの世話など、日常的に汚物や吐物の処理や、入浴介助、トイレの介助をします。もちろん仕事なので、なんとも思わずやっている人が多いといいますが、客観的に見れば”汚い”と感じる仕事もこなす必要があります。

看護師の3K / 危険

看護師の仕事には、病気の感染の危険が伴います。体液や血液、患者さんに使用した注射針なども感染のリスクがあります。注射針は気を付けていても間違って刺してしまうこともありますし、インフルエンザなどの感染症の感染も気を付けなくてはなりません。以前インフルエンザの処置にあたっていた看護師が感染し、死亡するという事も実際に起きているのが現実です。他の職業に比べると、感染のリスクは確実に高くなります。

看護師の9K

次のページ:激務の仕事例
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング