IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

監査法人の仕事は激務なのか|アドバイザリー/コンサル/マネージャー

更新日:2020年08月14日

職種研究

会計士の中でも監査法人での業務を希望する人は多くいます、激務と言われています。ここでは監査法人の仕事は激務なのか、職種別の激務な理由(アドバイザリー/コンサル/マネージャー)、会社別の評判(トーマツなど)などについてお話をさせていただきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

監査法人の仕事は激務?

監査法人・公認会計士ってなに

監査法人の公認会計士は企業会計を監査し財務諸表の監査証明を出す専門家です。会計監査 (財務諸表監査)を独占業務としており、 経理業務やコンサルティング業務、税務業務なども請け負います。企業会計を監査し、適性不適正の判定、財務諸表の監査証明を出す仕事です。

監査法人公認会計士の仕事とは

監査

監査法人公認会計士の仕事で代表的なものは監査です。監査は、監査法人で公認会計士が独占して行えます。損益計算書や貸借対照表等の財務諸表を正しいか監査をし意見を述べることが業務ですが、企業の大規模化に伴い、公認会計士が監査を行うケースは少なくなっています、公認会計士のあつまりである監査法人の一員として監査を行います。

会計

公認会計士・監査法人の会計は、税務以外経理一般が業務となります。監査法人での財務諸表の作成、財務や会計指導や助言などになります。

コンサルティング

公認会計士や監査法人のコンサルティングは、企業経営の立案・指導・助言等を行う経営コンサルタント業務、株式公開コンサルティング、システムコンサルティングなど色々あります。独立開業している公認会計士の多くが、コンサルティングを行っています。

税務

監査法人の税務は、税務書類作成や税務申告代理、税務の相談などを指します。税務は、税理士の固有の仕事です、公認会計士は、税理士となる資格なので、登録すれば、税理士としての税務も可能です。 税務は、法人、個人もクライアントになるので、独立開業した公認会計士には税務が収益の柱になっています。

監査法人の会計監査が公認会計士のメイン

監査法人の公認会計士は会計専門知識を生かし、監査法人に依頼がある企業にコンサルティングサービスを提供します。監査法人の主な業務は企業会計監査です。監査法人のコンサルティングサービスは資格と関係ありません。監査法人のコンサルティングの場合たまたま公認会計士だったというだけの話です。監査法人の会計監査は公認会計士の独占業務です。公認会計士ではない人、法人が、会計監査を行うことは認められていません。

監査法人の会計監査とは

次のページ:監査法人の仕事が激務と言われる理由
初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング