IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通信業界の志望動機の書き方と志望動機例|履歴書/面接カード/面接時

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

通信業界の志望動機を書くならこちらの記事をチェックしてみてください。通信業界の志望動機の例文や志望動機の書き方、面接や履歴書に使える抑えておきたい大切なポイントをご紹介しています。もちろん、営業、事務別と職種別もまとめています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

通信業界の志望動機の書き方

通信業界というと、どのような物を思い浮かべますか?とあるアンケート調査で多かったのは「モバイル業界」でした。他には、インターネットプロバイダーやインターネットオンラインサービスなど、通信業界は今も大きな進化を続けています。そんな通信業界で働きたい、今後の通信業界を支えてみたいなど、夢を持つ人は多いでしょう。 しかし、どういったことを志望動機として書けばいいのか分からない。そんな人のために、通信業界の志望動機の書き方について解説していきます。

通信業界の事務編

通信業界の事務の仕事は主にサポート側となっていきます。営業のスケジュール管理や、お客さんへの対応など、事務に関する仕事は会社全体でまとめてしまうと、とても大きな仕事ともいえるでしょう。事務といっても、お客さんへの対応をする人、経理をする人、営業のスケジュール管理をする人など、仕事内容は様々です。

通信業界の志望動機の書き方としての大きなポイントは、事務という仕事と通信業界という業界への仕事がどういうものなのかを理解していることも大きなアピールポイントになっていきます。 一見、普通の一般事務のつもりで応募してみて、インターネットのプロバイダーやSIMのことやキャリアのことが分からない、なんてことにならないように事前にしっかりと勉強をしておきましょう。そして、自分は何が得意なのか、どんなスキルを持っているのかを把握して、アピールすると良いでしょう。

通信業界の営業編

続いて、通信業界の営業です。営業は、直接お客さんのところへ出向いて契約を取ってくること、店舗などに所属し、お客さんの要望を聞いてサポートをしたりと外回りの多い仕事です。特に電話営業や住宅での営業は、断られるケースが多く、苦しい時期も多いかもしれません。 営業職のほとんどは、商品知識はもちろんですが、何よりも「この人から買いたい」と思わせるような営業力が必要とされてきます。よって、仕事に対する忍耐強さやプレゼンテーション能力などをアピールが志望動機や自己PR、ESで活かせるでしょう。

志望動機例文(履歴書/面接カード/面接時)

では、実際に通信業界の志望動機をどうしたらいいのか分からない。どんなニュアンスで書けばいいのか分からない。そんな人の為に通信業界の志望動機例をご用意しました。必ずしもこれが正解の志望動機というわけではないので、あくまでも参考程度、ニュアンスを掴むためのものにお役立て下さい。例文は長めですが、主要な部分を残して履歴書や面接カードの文字数、読みやすさを調整してアレンジを加えながら自分の志望動機を書いていきましょう。

通信業界の志望動機例(事務編)

通信業界の事務は一般事務と少しニュアンスが違ってきますが、会社を支えるサポート面ということでは変わらないので、会社を支えるような自分になりたいなど、自分なりの社会貢献アピールをしてみましょう。

履歴書・面接カード/例文1

「私が通信業界に魅力を持ったのは、今後の将来性です。今後、一般の携帯電話からスマートフォンに移行する時代には、誰もが成長している(ビジネスウェア開発、アプリケーション開発、ゲーム開発など)便利なものがあるということです。 特にスマートフォンは、今や生活に満足しなければならないものです。 このように、電気通信産業は将来の発展の可能性を秘めており、すでに様々な産業が融合しており、今後も大きな発展が見込まれる産業の一つです。 私のモチベーションのモットーは、今後も続く通信産業発展の大きな発展の中で、いかに自分自身を維持し、日本の電気通信産業の未来である可能性の限界まで成長自体を目指していることです。今後は、業界の各企業の競争が将来さらに激しくなる考えております。そして、私はその業界で事務というサポート側の一員として、精一杯社会へ貢献したいと考えております。」

関連タグ

アクセスランキング